SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2009年08月28日

外国人の組織的な選挙活動を容認する公職選挙法はザル法なのか?

OZAWA_MINDAN.jpg

選挙報道に関して、これも呆れた、というか、考えさせられる報道だった。日経が一週間前の8月21日に報じている
選挙戦、ネットでの応援は要注意 書き込み、公選法違反の恐れ

 衆院選が18日公示され選挙戦が本格化する中、インターネット上のブログなどに公職選挙法違反に問われかねない書き込みが増えている。特定候補者や政党に投票を呼び掛けたり、中傷したりすると、個人のブログや会員制の交流サイト(SNS)でも違法になる。“勝手連”的な善意の応援も問題となりかねず、識者から「ネット選挙の自由化を進めるべきだ」との指摘も出ている。
 公示後、政党や候補者はホームページ(HP)やブログの更新を取りやめているが、個人のブログや掲示板サイトでは選挙に関する書き込みが次々更新されている。「経済に詳しいAさんを応援して」「B党に一度政権を任せてみよう」――など。ある県警の幹部はいずれの書き込みも「公選法違反の可能性がある」と指摘する。(07:00)
リンク切れの場合はここを
現実から全く遊離した法律が実際に起きていることに対応できず、有名無実であること象徴した記事である。下手をすると、民主党政権下ではこの法律をどんどん援用、敷衍して、人権侵害救済法(人権擁護法案)や国会図書館改正法案とリンクさせ、とてつもない言論統制、監視社会が築かれる可能性が大きい。ところが、一方で

続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 16:27 | Comment(11) | TrackBack(92)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








「金ないなら結婚するな」。選挙違反を繰り返すメディアの犯罪は誰が裁く?

▼この発言が、「金ないなら結婚するな」という問題発言に仕立てられた。


8月26日の二つ目のエントリー、「共同通信とスポニチ記者の、日本語能力。」がネット上で大くの議論を喚んでいる。麻生首相の発言や行動なら、なんでも叩くという昨年来のメディアの報道犯罪の仕組みが分かりやすく理解できるので大きな話題になっているのだろう。さして大きなイシューではないのだが、やはり選挙中であるからこそ、これだけ問題になっている。大手ニュースサイトの「J-CASTニュース」が27日になって報じた理由もそこにあるが、結局、彼らがやってることはネット言論の後追いなのである。

コメント欄への読者の方からの投稿で分かったのだが、単純に麻生首相のイメージダウンを謀ることができるので多くのメディアが報じていたようだ。フジテレビもこんな報道をしていたことが分かった。
続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 16:03 | Comment(2) | TrackBack(3)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








2009年08月26日

<いま・ここ> にある危機

img01220.jpg(2).jpg8月16日に発売された「表現者」9月号(26号)に執筆した拙文をご紹介する。選挙も近付いてきたが、関係ある内容だ。

ちょうど26日に版元のジョルダンのサイトに掲載されたので是非お読み頂きたい。もちろん、購入してもらうのが一番いいのだが・・・。
色々と忙しくなり、今月号は連載の「幻の黄金時代――オンリー・イエスタディ'80」は休載したことをお断りしておく。ジョルダンは携帯サイトがメインなので、携帯でお読みいただく場合はここ
から。

<いま・ここ> にある危機

 八月三十日の衆院総選挙で民主党政権が誕生する、と全てのメディアが喧伝している。じつは多くのメディアは報じていないが、民主党の隠れマニフェストとも言える政策、法案が幾つもあり、その危険性がネット空間を通して一部の国民に周知されている。たとえば、今回マニフェストから隠された外国人地方参政権や二重国籍を認める国籍法案を始め、思想と言論の弾圧を招く国会図書館法改正法案や人権擁護法案など、日本という国家と日本人を圧殺する法案が民主党の基本政策と共に掲げられているのだ。
 民主党の実体はそこにあるのだが、それらの情報は一部メディアが報じるだけで、地上波テレビなどは全く触れようとしない。既存マスメディアによる一種の情報統制システムが構築され、今回の選挙では民主党に投票して政権交代を、という暴力的なキャンペーンが行われている。
 しかし、私はここで、民主党の正体を報じない既存メディアの実体や民主党それ自体を問題にしたいのではない。自民党中心の自公政権から民主党政権に移行することのみが「 <いま・ここ> にある危機」と言いたいわけでもない。
続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 23:58 | Comment(5) | TrackBack(9)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








共同通信とスポニチ記者の、日本語能力。

まず最初に。非常に多くの方から激励や提案のメールを頂き、大変謝している。多くの方の共通点はあまりにひどい現在のマスメディアへの怒りだ。選挙前だから特にそういうメールを多く頂いている。この場を借りてお礼申し上げたい。

さて、先日ちょっと話題になったこのニュース。どうせメディアが伝えることだから印象操作されているだろうと気にも留めなかったが、よくよくソースの麻生首相の話を聞いてみると本当に驚く。記事を書いた共同通信の記者スポニチの記者は、きっと著しく日本語の能力が欠けているか、ふてぶてしいプロパガンダ要員であるか、どちらかだ。
首相「金ないのに結婚するな」 学生イベントで
【共同通信】2009/08/23 23:17
 麻生太郎首相は23日夜、都内で行われた学生主催のイベントで、若年層の結婚について「金がないのに結婚はしない方がいい。稼ぎが全然なくて(結婚相手として)尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい感じがする」と述べた。
「結婚資金が確保できない若者が多く、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」との学生の指摘に対する回答。一定の生活力が必要との趣旨とみられるが、不況の影響で就職先がなかったりワーキングプア状態にある若者たちに対する配慮を欠いた発言との批判も呼びそうだ。
 首相は「自分は金がないわけではなかったが、結婚は遅かった。あるからする、ないからしないというものでもない。人それぞれだと思うから、うかつには言えないところだと思う」とも述べた。
リンク切れの場合はここをクリック

麻生首相「金がないなら結婚するな」発言

衆院選(30日投開票)の「ラストサンデー」となった23日、各党党首は候補者の応援で全国を奔走した。東京2区(中央区、文京区、台東区)に入った麻生太郎首相(68)は、学生主催のイベントに出席。少子化問題の質問に「金がないなら結婚しない方がいい」などと発言した。
 東京・花川戸の台東区民会館で開かれた、学生主催の「ちょっと聞いていい会」。約60人の学生を前に、麻生首相が質問に答える形で進められていたが、ビックリ発言はいきなり飛び出した。
 男子学生からの「結婚資金が確保できない若者が多く、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」との指摘に対し、首相は「金がないのに結婚はしない方がいい。オレは金がない方ではなかったが、43(歳)で結婚した。稼ぎが全然なくて(結婚相手として)尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい感じがする」と答えた。
 さらに「(結婚は)金があるからする、ないからしないというものでもない。人それぞれだと思うから、うかつには言えないところだと思う」と続けた。
 首相の発言は一定の生活力が必要との趣旨ともとれるが、学生からは賛同の拍手などは一切起こらず、それどころか、会場全体が一瞬、凍りついたような雰囲気。不況の影響で就職先がなかったり、ワーキングプア状態にある若者たちに対する配慮を欠いた発言との批判を呼びそうだ。
 選挙戦中も相変わらず失言を繰り返す麻生首相。解散後の先月25日には、横浜市内での会合で「高齢者は働くことしか才能がない」などと話したため、河村建夫官房長官からは「首相にはオウンゴールだけは避けてもらいたい」とイエローカードを突き付けられたばかり。さらに、前日の22日には、豪雨災害に見舞われた兵庫県佐用町の現場を視察した際、2人の行方不明者について「遺体が見つかるように」などと心ない発言をしていた。
[ 2009年08月24日 ] リンク切れの場合はここをクリック
しかし、実際、この日のイベントで麻生首相が何と言っていたのか、ソースの音源を聞いてみよう。
続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 21:00 | Comment(8) | TrackBack(4)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








英霊来世の新曲と「酔夢ing voice WEEKLY」配信再開!

このブログから発信していたラジオ番組「酔夢ing voice WEEKLY」のテーマを歌っている英霊来世が新曲を発表した。確か先週の木曜日だが、ネット上でアクセスが集まって話題になっている。
早速、リーダーの斉藤七生報国君にインタビューをしたので、ラジオ番組「酔夢ing voice WEEKLY」の発信をたった今、再開した

▼英霊来世が発表した「8.30」


▼ニコニコ動画でも話題沸騰!


本来、ラップとは反体制的な社会メッセージを伝えるものなので、日本で初めて本物のラップをやっているのが英霊来世ということになる。
パンクもそういう性格があるので、ガールズパンクの秋茜が特攻隊や靖国をテーマをするのも当然のことだ。
死んでしまった忌野清志郎は小学校、中学校の同級生だったが、彼は結局本当の敵を見つけられないまま逝ってしまった。最後に会ったのが、中野サンプラザのバックステージ。TOTOのメンバーとのコンサートだったことを思い出す。

logo_w_mp11.gifMEDIA PLAYERで聴く方はロゴマークをクリック
logo_real.gifREAL PLAYERで聴く方はロゴマークをクリック

※今回の番組では、新曲を発表した英霊来世のリーダー、斉藤君から新曲にまつわる話を聞いています。
また、番組内で話をしてますが、9月28日に阿佐ヶ谷ロフトAでトークライブ、「西村幸祐のああ言えばこうゆう」を行います。
posted by Kohyu Nishimura at 17:00 | Comment(6) | TrackBack(3)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








2009年08月17日

民主党の正体。鳩山由紀夫の頭の構造と隠蔽体質。

先ほどのエントリーに追記する。
この件、すでに記事になっているが、鳩山氏の答えを読むと明らかに倒錯している。麻生首相が何を非難したのか、全く鳩山氏は理解できていないようだ。民主党の党旗が国旗より大切だと思っているのだろうか?
爆笑するような政策を掲げ、なおかつ危険な法案、政策を有権者にマニフェストから隠蔽しつつ総理大臣になろうとする民主党代表の頭の構造が透視される。

▼証拠隠滅する前の民主党のサイト
証拠隠滅する前の民主党サイト.bmp

現在の民主党のサイトからは、党首討論で麻生首相に非難された事実を隠蔽するために、素早く問題の国旗が掲げられた写真を削除している。しかし、ここを見れば証拠隠滅する前の民主党のサイトを誰でも見ることができるのだ。
私の予想では、恐らく民主党はweb魚拓サイトに圧力をかけて、魚拓のデータの削除まで行うとするだろう。どなたか今の内にこのサイトに連絡して民主党からどのような圧力がかかるか取材の準備をしたほうがいい。週刊誌の諸氏よ、仕事がいっぱいあるぞ(笑)。
ま、NHKを初め地上波テレビには何も期待しない方がいい。

しかし、それ以前にこれだけの問題が露呈した。

続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 19:13 | Comment(26) | TrackBack(36)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








民主党の正体。これもその一つ。

メディアが8月30日の総選挙で民主党勝利を宣伝しすぎるので、つい調子に乗って本性を表してしまったのだろう。
これは8月8日の某所での決起集会の模様。今日の党首討論で麻生首相が鳩山代表に言っていたのはこのことだった。


しかし、麻生氏がもっと、この件で鳩山氏を攻撃できないのが、現在の自民党の状態を象徴しているのかもしれない。
つまり、日本人は、民主党はもちろん、自民党にも政権を預けることはできないということだ。

※終戦記念日などの報告は、また後で。

小沢+鳩山.jpg
posted by Kohyu Nishimura at 17:12 | Comment(5) | TrackBack(2)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








2009年08月12日

侵略される日本、現在進行形。蛮行の背後関係は?

8月11日、観光の参拝客を装って靖国神社を台湾人の一向が訪れた。有名な反日活動家、高金素梅に率いられた50名ほどが拝殿前まで進み、大声を挙げてスローガンを叫び出し、大慌ての神職、警備員に暴行を働き、一時期拝殿前を占拠した。中には拝殿によじ登ろうとする者まで現れ、必死に制止する神職を突き飛ばし、怪我を負わせた。神職の方が負傷した様子は、動画サイトにUPされた偶然居合わせた方の撮った携帯動画で見ることができる。

▼この動画に神職が負傷する瞬間も撮影された


もちろん、元タレントの立法院議員、高金素梅は台湾人のマジョリティではない。北京の工作員とも言える人物だ。今回の来日には民主党と連立を組む予定の社民党が大きく関与している疑いもある。

続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 17:36 | Comment(22) | TrackBack(20)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








2009年08月05日

ご存知でしたか?

8月5日(水)に発売される週刊新潮合併号に掲載される意見広告です。
発売日に、その広告をこのエントリーに掲載し、関連情報を記事にしたいと思っています。


言論の自由を守る事実委員会
西村幸祐 山際澄夫 花岡信昭 すぎやまこういち


8月5日発売号掲載予定の広告にも関係ある、夏なのに寒々しい、当世サヨク事情



▼いま、大人気のこの動画も意見広告に関係あります。
posted by Kohyu Nishimura at 00:58 | Comment(16) | TrackBack(34)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |












×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。