SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2010年01月31日

2010年01月30日のつぶやき

kohyu1952 / 西村幸祐
「東アジア黙示録」・・・相変わらず素晴らしい。皆さんも時間があったら是非読んで下さい。「在日参政権の世論トリック…付与推進派の論拠が揺ぐ」というエントリー。
http://dogma.at.webry.info/201001/article_7.html
 at 01/30 23:58


kohyu1952 / 西村幸祐
@reihyo アカウントを取りました。よろしく!! at 01/30 22:43


kohyu1952 / 西村幸祐
@hommas2001 それが今のハリウッドのレベルです。スペクタクルこそ全て。
「いのちと愛が全て」の、どこかの確信犯的幼稚園児総理よりまともかも知れません。 ただ、あの脱税マザコン男も、自分をスペクタクルだと思っている。「カッコいいこと言ってる」と信じて疑わない無意識過剰。
 at 01/30 22:40


kohyu1952 / 西村幸祐
@mpjapan
僕も50代前半までは、1日で40枚は可能でした。ガンガレ―!と無責任に(笑)。
 at 01/30 20:22


kohyu1952 / 西村幸祐
やっぱり支那の反応は早かった(笑)。これからどうなる?このロイター電は米国債で支那が圧力をかけるかもと。ま、狐と狸の騙し合い。今の日本に悪の二大帝国を操れるタマはいない。
http://www.reuters.com/article/idUSTRE60T07W20100130
 at 01/30 20:20


kohyu1952 / 西村幸祐
@ogawahiro
ご無沙汰です。アカウントを取りました。.
 at 01/30 19:28


kohyu1952 / 西村幸祐
@GemkiFujii
いい句ですね。僕も俳句を勉強したい。
 at 01/30 15:10


kohyu1952 / 西村幸祐
US angers China with Taiwan arms package : http://www.france24.com/en/node/4981706
米国の台湾へのPAC3販売。欧州からの視点が分かって興味深いよ。
前からFRANCE24は時々見ている。
 at 01/30 15:03


kohyu1952 / 西村幸祐
@cnnbrk
さてさて、共産党はどう出るか?日本同様、既存メディアの多くが中南海の管制下に入っている台湾は、これからが正念場。
 at 01/30 14:44


kohyu1952 / 西村幸祐
@ecoyuri
これは酷い。でもよく分かる。日本の地上波テレビは、北朝鮮よりちょっと上、China、支那並みの自由度ではないかな?
 at 01/30 13:01



kohyu1952 / 西村幸祐
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/01/29/AR2010012901303.html
支那利権にズブズブのヒラリーでも日本の贋リベラルと違う。今年のダライ・ラマ法王訪米ではオバマも会見するよ。
 at 01/30 09:48


kohyu1952 / 西村幸祐
@ysbee
おお!!こちらにもいらっしゃった。お元気ですか?今後ともよろしく!!
 at 01/30 09:34


kohyu1952 / 西村幸祐
@JPN_LISA
こちらこそよろしくお願いします。いつか井上さんとアート談義をしたいです。
じつは大学時代、僕は美学を専攻したのですよ。
高橋巌さんが辞めてしまったので、僕も学校辞めましたが・・・
 at 01/30 09:24

posted by Kohyu Nishimura at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(6)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








2010年01月30日

日本人が共有すべき「めぐみへの誓い」

1月25日初日前日の「場当たり稽古」。拉致直前に13歳のめぐみさんが滋さんの誕生日に櫛をプレゼントする。もちろん、これも実話。▼
CIMG1439.JPG1月26日から31日まで、新宿の紀伊国屋サザンシアターで劇団夜想会による「めぐみへの誓い」が上演されている。作・演出は夜想会主宰の野伏翔氏で、一昨年夏には靖国神社で石原慎太郎氏が脚本を書いた映画、「俺は、君のためにこそ死ににいく」の演劇版を上演した。その時の様子は平成19年8月7日付けエントリーを読んで頂きたい。

さて、「めぐみへの誓い」。
一人でも多くの人に観てほしい戯曲だ。そんなことを書きながら、ここまでお知らせするのが遅れたことをお詫びする。本日の上演は2回あり、チケットもまだあるようなので、是非、興味のある方は足を運んでほしい。
演劇、映画を問わず、北朝鮮の強制収容所の過酷な状況をわが国で描いたのは「めぐみへの誓い」が初めてだ。第2幕冒頭の強制収容所を描いたシーンは、幻想的な中にあの国の宿痾と業が見事に表現されている。
続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 10:24 | Comment(1) | TrackBack(3)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








2010年01月25日

「メディアパトロールジャパン」のご報告( その2)

3top.JPGすでに先週のチャンネル桜の番組で発表し、三橋貴明氏もブログで発表しているが、メディアパトロールジャパンの常設コラムの執筆者が決定した。ここは毎日一人が更新する日替わりのコラムコーナーだ。
櫻井よしこ、青山繁晴、小野盛司、藤井厳喜、石平、廣宮孝信、渡邉哲也、各氏にご執筆頂き、すぎやまこういち、三橋貴明、私の3人も加わる、合計10名で日替わりコラムを連載して行く。
メディアパトロールジャパンは、2月中に公開予定だ。

mpj_sample.jpg

▼「報道ワイド日本 Weekend」CS放送チャンネル桜で1月22日OA



posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(17) | TrackBack(15)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








2010年01月15日

中川昭一氏の死を無駄にしない年に!「メディアパトロールジャパン」のご報告

新年明けましておめでとうございます。と、かなり遅れたご挨拶ご寛恕のほどよろしくお願い申し上げます。
3カ月以上もこのブログを更新できず、久々のエントリーになります。この間、非常に多くの方からご要望、ご意見、情報提供のメールを頂き、本当に感謝しています。まずはお礼とお詫びです。今年はいよいよ瀬戸際の年になりました。私たちの祖国が崖っぷちに立たされているのです。

-------------------------------------

わが国がここまで末期的になった一番の原因はメディアにある。もちろん、政治家も国民も悪かったが、何と言っても最大の元凶はメディア。マスゴミと揶揄されて久しいが、このままでは益々メディアは日本人を苦しめることになる。

▼1月10日、新宿ロフト+1で行われたトークライブ第2部の様子

続きを読む
posted by Kohyu Nishimura at 16:45 | Comment(22) | TrackBack(28)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |












×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。