SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2008年06月28日

隠蔽される、北朝鮮の核と拉致問題

6月26日のエントリーでお伝えしたように、日本政策センター朝鮮半島プロジェクトチームが記者会見を行い、北朝鮮の核弾頭組み立て施設の所在と核弾頭の目撃談が明らかにされた。しかし、世の中では、昨日6月27日に寧辺の冷却炉が爆破される政治ショーが行われ、北朝鮮の核問題が大きな前進を見せたことになっている。

もちろんこれは大茶番劇である。ブッシュ大統領のテロ支援国家指定解除の米議会への通知も行われ、45日後の8月10日に、テロ支援国家指定が解除されることが決まった。したがって、8月10日までに米国政府の見解を覆す事実や反対の動きが強まらなければ、このまま北朝鮮は米国と正常化へ向かい、<めでたく> 6者協議はその役割を終えることになる。ところが、何度も私がここでも言及しているように、北朝鮮の核兵器は残されたままになるのである。

▼寧辺周辺の衛星写真
neihei_zenkei.jpg

26日の記者会見で明らかにされたのは、5月に惠谷治氏が直接取材した脱北者技術者の情報だった。惠谷氏が得た「極めて信頼性が高い情報」によれば、27日に爆破された冷却炉とわずか1.5キロ離れた場所に核弾頭の組み立て施設があったという。しかも、北朝鮮の火薬部門の技術者が2001年にその施設で核弾頭を目撃している。

▼寧辺の核施設群と北朝鮮労働党委員会施設。写真下部に見える冷却塔が27日に爆破された。
わずか1.5キロ離れた場所に黄色の破線で囲まれた寧辺の中心施設がある。
7genshiro_kukaku.jpg

▼下の写真は上の写真を拡大したもので、黄色の破線が核爆弾組み立て施設であると、その技術者は証言した。
6kakudantou_kumitate_shisetu.jpg

▼核弾頭組み立て施設の詳細
8kakubakudan_kumitate_shisetu.jpg

また6月28日に明らかになった情報によれば、北朝鮮は一昨年10月の核実験で2キロのプルトニウムを使用したと申告していた。この申告が正しければ、北朝鮮はノドンに搭載可能な小型の核弾頭開発に成功してたということである。
下の写真は今年5月に惠谷治氏が極秘取材した、元北朝鮮の火薬専門技術者が核弾頭組み立て施設内で目撃した核弾頭の図である。アッセンブリングを終えた核弾頭が円筒形の容器に中に収められていて、26日の会見時に惠谷氏は「小さ過ぎる気がする」と言っていたが、まさしくこの規模は2キロのプルトニウムを使用する小型核弾頭の大きさではないのか?
しかも、すでにワシントンポストが北朝鮮の小型核弾頭について6月15日に報道している核物質、核兵器の密輸に携わっていたスイス人ビジネスマンのコンピュータから、2006年に北朝鮮が小型核弾頭保持とイランとの関連を証拠づける記録が押収されたという。

▼元北朝鮮技術者の目撃を元に描かれた核弾頭収容容器
2kakubakudan_gaiken.jpg
▼元北朝鮮技術者の目撃を元に描かれた収容された核弾頭の想像図
4perspective.jpg

6月26日の記者会見で、惠谷治氏は27日に爆破される冷却炉とわずか1.5キロの場所に核弾頭組み立て施設があるのだから、取材するメディアはこの場所も取材して欲しいと述べていた。同プロジェクトチームの西岡力氏、島田洋一氏もそう述べた。しかし、この組み立て施設と目される場所を取材したというニュースは一向に届いていない。共同通信は平壌に支局を開設したのに何をやっているのだろうか?

▼北朝鮮の核弾頭想像図(「SAPIO」2006年12月27日/ 2007年1月4日合併号・小学館発行に掲載されたもの)
3kakubakudan_credit.jpg

そして、最も重大で危惧すべき問題は、26日に配信された「酔夢ing voice WEEKLY」の新番組でお伝えしているように、拉致どころでなく核問題でも日本の政治家が完全に思考停止になっていることだ。
参議院議員の西田昌司氏が語っているように、北朝鮮が核兵器を保有した。そして、保有し続けるにもかかわらず、山崎拓議員が西田議員に答弁したように、「日本は平和国家なんだから、核の対策なんか考えなくていい」という恐るべき屁理屈を、平然と自民党の外交部会で放言する戦慄すべき状況があるということである。

また、この山崎拓や衛藤征士郎氏のように露骨な福田流の全方位土下座外交(「夕刊フジ」が作った言葉らしいが、既存メディアの言葉では久々のスマッシュヒット!ではないだろうか?)で拉致問題を終息させようとする勢力以外にも、こんな理屈を吹聴する朝鮮半島専門家もいる。

この「North Korea Today」のVladimirなる人物、いつも冷静かつ客観的な分析で北朝鮮を解析し、感心させてくれることが多々あったのだが、今回のエントリーには大いに疑問が残る。何か興奮していつもの筆致を失っているようである。拉致問題解決と日本の国益の関係について初めから何の認識も持ち合わせていないことが分かってしまうではないか。拉致と国益に関しての論理が薄っぺらになってしまったのは、Vladimir氏にとって拉致問題の解決など歯牙にもかけないものだったからである。
また、それ以上に日本の国家主権侵害という概念がデフォルトとして欠落しているのではないだろうか?

今後、このVladimir氏のような切り口の報道が、アサヒ、毎日、テレ朝、TBS、NHKから雲霞(うんか)のごとく溢れ出すのは必至だ。
というーか、6年前の9.17小泉訪朝以前は、アサヒはこう書いていた。「拉致は北朝鮮問題の障害である」と。日本の国益のために北朝鮮と国交正常化しろ、という声が去年の安倍政権を倒した情報操作に匹敵する情報量で、大量にメディアから放出されるはずである。

したがって、重要なことは米国がどうした、支那がどうしたということでなく、日本がどうするかということである。それは、日本が自らの道を自力で切り開かなければならないということであり、その一点にこそ、日本の民主主義が問われているという自明なことに帰結するのである。

※「酔夢ing voice WEEKLY」は左サイドバー上部のMedia PlayerかReal Playerのアイコンをクリックすればお聴きになれます。西田昌司参議院議員のお話は27分過ぎからです。

追記:6月29日09:15
「FRANCE24」の英語放送はブログ最下部に設置しました。デフォルトが放送状態なので、いきなり英語が聴こえます。うるさい場合はボリュームを絞って下さい。IEの場合は音声コントローラーが表示されないので、テレビ画面を右クリックして音量を調節して下さい。
※Sixty Minutes Newsを右サイドバーに設置しました。読みたいHeadlineをクリックすると、ニュースが読めます。
※遅ればせながら「東アジア黙示録」で発見したTibet Clockを右サイドバーに設置しました。デフォルトは音量ゼロです。
※ブルーリボンニュースを右サイドバーに移動しました。


posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(7) | TrackBack(49)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
西村さんの結びの言葉

>したがって、重要なことは米国がどうした、支那がどうしたということでなく、日本がどうするかということである。それは、日本が自らの道を自力で切り開かなければならないということであり、その一点にこそ、日本の民主主義が問われているという自明なことに帰結するのである。

まさにその通りですね。アメリカは批判されて当然ですが、アメリカを批判するだけではどうしようもない。
日本が自力で解決する方法を模索するべきです。だいたい拉致を日本と北朝鮮が正式に認めたのも、ブッシュの「悪の枢軸」発言があったからではないですか?かなり前に日本政府は拉致を分かっていて、国会で答弁しているのに、河野洋平はコメ支援の援助をしたり、野中ヒロムは拉致問題を潰そうとしてきました。
かなり、日本は中枢まで北朝鮮や韓国、中国に蝕まれている証拠だと思います。西村さんの見解を聞かせてください。

もう言論ではだめで、革命、いや維新か(笑)しかないのでは、ひそかに考えています。
Posted by hide at 2008年06月29日 16:48
アメリカが北朝鮮をテロ支援国家から解除した件ですが、日米同盟という観点からすれば、アメリカが日本を裏切ったというのは明白なのですが、しかし、アメリカという覇権主義・帝国主義国家にとって、自国の利益(国内の一部勢力の為かも知れませんが)になると思ったことを実行したまでで、今まで北朝鮮をテロ支援国家から解除しようとする流れが存在したにも関わらず、そういう一連の流れを日本の官邸や国会議員らが把握せず、アメリカに対して注文をつけたり、日本独自の外交を考え出そうとせず、最悪の場合、「日本と北朝鮮が国交を回復し、友好関係になることで、拉致問題や核問題を解決出来る」という名目で、日朝国交正常化議員連盟に名を連ねて、北朝鮮のインフラ利権や砂利利権に集ろうとしていた日本の国会議員にこそ、非常に問題があると思います。
また、北朝鮮のテロ支援国家解除に向けた流れを全くと言っていいほど、きちんと報じなかった日本のマスコミや、政治に無関心な日本国民も非常に問題です。

アメリカが行った北朝鮮のテロ支援国家解除でこれだけ騒ぎになるのは、それだけこの国の国民の思考回路や精神がアメリカに依存していたということの表れではないでしょうか。

因みに、昨日、チャンネル桜で放送された「報道ワイドweekend」という番組で、岩波書店が発行する「世界」という左翼系の雑誌が取り上げられたのですが、「今こそ北朝鮮と対話を進めよ」「北朝鮮との対話に最も障害になるのは、拉致問題で怒りの声を上げる日本国民である」という内容の論文が掲載されているそうです。
利権を批判する筈の左翼系雑誌が、特定アジアが絡む利権となるとダンマリを決め込みます。
逆に「謝罪と賠償」という名目で、利権を推進しているフシさえあります。

思考回路も精神もアメリカ頼みになっている「従米派(親米保守)」や、北朝鮮に日本国民を拉致され、日本国憲法に記されている国民主権が侵害ているにも関わらず、拉致問題を無視し、日本国憲法をまるで聖書と勘違いしている「護憲派」、そして拉致問題に関心を持たない日本国民、利権に群がり国益を無視する国会議員や日本の財界には呆れ果てます…。

話は逸れますが…、在日特権を許さない市民の会の事務局長をされているハーグ竹島さんのブログ(一、護国者として〜「普通の国」成就のために〜 http://blog.goo.ne.jp/odin_1974)に、西村さんにもアクセスしていただきたいです。
Posted by かず at 2008年06月29日 21:59
どこの国もまず自分の利益のために動くということを日本国だけわかっていなかったということですね ロシアなんかを仲間に入れて、自分の思った方向に行くと夢想して当然のごとく夢砕かれたわけです 現実を直視できずに、都合の悪いことは忘れて「環境問題でリーダシップ」なんて惚けている姿がまた哀れ.. これが我々の国です。
Posted by ころ at 2008年06月30日 17:52
いつも西村さんのブログ更新を楽しみにしております
リンク先のVladimir氏の論説を拝読致しました

以下、簡単な感想だけ書かせて戴きます

あえて思想論的側面だけ感じたところを、つらつらと書いてみます。

何をもって国家の根本原理、または思想、
根源的ルールに持ってくるかという点で
Vladimir氏は、ある意味米国、または欧米流に
政商一致した形での実利主義的あるいは政商的国家論を採れと。
(自嘲的に語られた日本商人国家論ではない意味での商人国家。)

国家とは何を根源的な行動原理に持ってくるべきかという思想、そこに差異を感じました。
思想というほど大げさな話ではないかも知れませんが…。


主に米国を動かす書生国家論(理想主義的な外交・内政政策)
これには言及していないのですが、
これは現在の日本のハードライナーが採っている?外交論と、ほぼ同様かと思います。

米国は書生国家論で外交政策が採られる時期や
政商国家論・実利国家論で外交政策が採られる時期が交代していますが
日本もそれに倣えということを言っているように感じました

しかし、
なぜにあれほどまで拉致被害者を叩くのか?
理由が分かりませんし回答もしていないように思いました。

個人的には、Vladimir氏には
拉致問題の解決スキームに付き
もう少し詳細に書いてほしい。

それだけを思いました。



今更な疑問ですが
Vladimir氏の主張を勝手に纏めると

1.北朝鮮資源獲得競争に参加せよ
2.拉致問題を終局せよ−死んだ者は帰ってこない
 *被害者帰国要求は無意味
3.北朝鮮という国家、あるいは指導者は日本に
 有害ではない、加害しない
4.米朝デタント、緊張緩和。(米朝同盟ではない点)

というVladimir氏の視点に対して
青山繁晴さんの説では
1.北朝鮮の資源に依拠せずとも日本国内・未開発資源で
 対応し得る
2.拉致被害者は生きている−終局とは全員帰還である
 (論の順序が逆となる)
 *被害者帰国交渉をせよ
3.については記憶上、不明確です。僕が覚えてないだけです…。
 米中関係からの帰結で解説するのは青木直人氏



国家論の根本に何を持って行くべきかという点と
国家の根本or理想実現の手段論も実は語っていて
(Vladimir氏の新しエントリー、返信記事で)

単純に言えば
A.手段を問う必要はない
B.手段を問う
 -1.非暴力
-2.暴力は正規の軍事力に限る
 -3.暴力は非正規の軍事力も含む

というような分け方があると思います。

AとB-3の際は微妙ですが。

個人的には、日本の保守、右翼論客も
逆に左翼、またはプチサヨクな一般市民も

日本国民は民族的特性として、戦前も含めて
B-1。
圧倒的にB-1。
個人的には、この辺が残念かなとは思います…。

逆に言えば、それが日本人の特性であり美点でもあります…。
(米国は合法の皮を被せてB-3を行います)


ちなみに。。。
日本の政治家、実業家、言論人等で
いわゆる中国シンパの発言を繰り返す人
繰り返した人は、前期の国家論において
実利主義的でいながら国家の名誉、威信、尊厳を無視した形での
商人国家論、実利主義的国家論(土下座外交型で商売をさせてもらおうとも構わ
ない)を採った方々。
これも、ある意味、現代日本の特徴になっていますね...
他国の政商型国家論では国家の威信や名誉を捨てる形というのは
珍しいので、これも日本の特徴かなと…。

以上、雑に思ったところを書かせて頂きました。
長すぎてスミマセン。。。
Posted by kita at 2008年07月03日 21:33
北朝鮮の問題で言いたいこと等。

1.拉致問題が完全に解決するには北朝鮮を崩壊させることしかない。崩壊したらその過程で死人が出るかもしれませんが、拉致は単なる国家犯罪であるだけでなく日本の国家主権の侵害でもあり、犠牲は覚悟せざるを得ない。

2.北朝鮮の崩壊は拉致被害者だけでなく北朝鮮の最底辺の人々、日本人妻など全ての人の解放になる。

3.核の問題、偽札の問題、覚せい剤の問題、持っているかも知れない細菌兵器の問題、全て北朝鮮の現政権の崩壊以外に解決策は無い。

4.日本は現在単独で他国に武力行使できるほどの軍事力、政治力、政治家の胆力、法的環境、国民の覚悟がないのも現実だが、最低限北朝鮮が崩壊するまで全く何も関与しないことぐらいできる。

5.何も関与しない=>@あらゆる人、交通、物品の往来をしない(第3国の迂回ルートなどがあっても気にしない)、A一切の支援の禁止(人道支援も含む)

6.更に: @北朝鮮に立ち寄った船舶・航空機・外国人の何ケ月間かの日本立ち寄り禁止、一切の支援の禁止(人道支援も含む)、A朝鮮人の日本への再入国禁止

7.「5」「6」をやって何年でも気長に待てばよい。拉致被害者のご家族で高齢で亡くなる人があってもあせらず気長に行こう。成果が無いとか進展がないとかあせる必要はなし。

8.成果が無いとか進展がないとか言うやつ等が、その代案として出てくるのが何故対話や支援になるのか意味不明。そちらも何も成果はなかっただろうに。
それに10の36乗歩ほど譲って、仮にそれで成果があったとしても沢山の日本人妻や北朝鮮国民は苦しんだままだろうが。

9.もちろん日本も核武装もし、北朝鮮ぐらい攻撃してでも拉致被害者を取り返せるような国になるよう努力が必要。


以上、とりとめ無く長々書いてすいませんが、いつも思うことです。
Posted by Naga at 2008年07月07日 13:28
加藤紘一の「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった」発言が
youtubeに投稿されてます。
耳を疑う人権無視発言をしていますので、ご確認ください。

20080707 北朝鮮拉致に対する加藤紘一の発言
http://jp.youtube.com/watch?v=Xds6B9bufQ4

発言があったのは、日本BS放送(BS11デジタル)での
「大人の自由時間」というの対談番組。

上記の動画は、この対談の中で、拉致について発言している部分です
「拉致被害者を返すべきだった」発言は4:10頃からになります。
Posted by 町人 at 2008年07月09日 22:11
西村さん、町人さんの書き込みで教えて頂いた映像を見ました。加藤紘一は明らかに北の工作員です。あの様な輩が日本の政界に存在するのは、信じられません。拉致被害者・家族会を傷付けた事は勿論許せませんが、加藤紘一、山拓のような政治家がいる限り日本は内部崩壊するのではと不安になります。是非ともムックで工作員議員の過去の言動や周辺を洗い出し、世の人々に知らしめて下さい。
Posted by ヤマメ at 2008年07月11日 19:26
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


福田政権は、竹島の領有権を放棄するつもりなのか
Excerpt:  6月26日のNHKニュースによれば、来月中旬までに完成予定の『学習指導要領(中学校社会科)』の『解説書』に、竹島問題を記載する意...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-06-29 06:54

ブッシュ政権の「職務怠慢」に憤る共和党有力議員
Excerpt: 下記ニュースについて   6 月 21 日付のエントリで、 脱北者救援活動中に北に拉致された牧師(キム・ドンシク師。米国永住権を保持)夫人によるクリス・ヒル宛書簡について、「ブラウンバック議員は、自分..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-06-29 10:02

毎日変態新聞の余波
Excerpt: 下記のメール情報を、私が事務局長をしております家族の絆を守る会の、会員のMCさんから頂きました。ご存知ではない方もいらっしゃるかも...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-06-29 17:38

ブッシュ政権の「北朝鮮拉致問題」裏切りが日米政界へ与える波紋
Excerpt:  ライス米国務長官の「拉致問題」裏切り行為は現実化し、自民党内で波紋を呼んでいる。ライス氏や彼女の操り人形である小ブッシュ大統領が、「拉致問題を決して忘れない」とお題目のように繰り返し唱えても、心ある..
Weblog: 陸奥月旦抄
Tracked: 2008-06-29 21:02

殉国七士廟・比島観音を訪れて
Excerpt: 『伝えられない真実!!』の流れで、本日は、映画監督と函南町会議員と国を憂う方々の御一行に一般市民の新三が末席を汚させて頂いた。この...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-06-29 23:58

女王は卑弥呼正答率99%−幕末、明治の志士は最下位の50%以下
Excerpt: 日本の歴史上の人物はどんな業績を残したか。小学校6年生では卑弥呼や外国人の正答率が9割を超えた一方、幕末〜明治に活躍した政治家は軒...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-06-30 06:22

米加州同性婚合法化の波紋
Excerpt: 世界日報は、米カリフォルニア州での同性結婚が合法化された波紋を報道しています。 いずれ日本に上陸してきます。 しかも、人権侵害救...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-06-30 18:25

中山恭子氏への一票に「福田を支えること」など託した人間は一人もいない
Excerpt: 下記ニュースについて 昨年秋の福田政権発足から最近に至るまで、中山恭子氏は、とにかく首相の地位にある福田氏と家族会がとげとげしい関係になるのは生産的でないという判断から、うまく間を取りもつことに腐心し..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-07-01 01:58

今年最大級の暴動は貴州省へ飛び火した
Excerpt: 宮崎正弘氏の「国際ニュース・早読み」を転送します。   党幹部の横暴に民衆は公安ビル焼き討ちで応酬、市街戦の様相  中国語圏の新聞...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-01 06:14

【証拠写真】ヒル氏に牧師(拉致被害者)夫人の書簡を渡す米有力議員
Excerpt:  6 月 29 日付エントリ、「 ブッシュ政権の『職務怠慢』に憤る共和党有力議員 」に関し、クリストファー・ヒル氏にとってはまずい「証拠写真」が公開された。  ヒル氏が受け取った記憶がないと言っている..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-07-02 01:01

脱北者を射殺、北の国境警備隊−英タイムズ紙
Excerpt: 朝鮮日報(7/1)  英紙タイムズは先月29日、北朝鮮の国境警備隊が、最近支給されたロシア製の狙撃銃で、豆満江を越えて中国へ脱出しようとした...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-02 06:16

今度はモンゴルで暴動!不正選挙抗議に4日間の戒厳令
Excerpt:   ||| モンゴルで暴動発生、戒厳令発令 ||| モンゴルの首都ウランバートルで暴動発生、人民革命党本部を焼討ち 不正選挙に激怒した群衆が政府に抗議、鎮圧のため4日間の戒厳令へ つい一..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-07-02 19:05

下関市教育委員会に在日朝鮮人が「不当な介入」
Excerpt: 下関市で、在日朝鮮人グループが教育委員会に対して「机をたたくなど激しく抗議」(朝日新聞6月27日朝刊)するなど、威圧を行い、我々の税金...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-02 21:05

貴州大規模暴動 当局「少女は自殺」と暴行否定 
Excerpt: (産経新聞 7/2)  【北京=野口東秀】中国・貴州省甕安県で発生した大規模暴動のきっかけとなった女子中学生暴行殺害疑惑で、地元政府は1...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-03 06:15

東国原知事、愛のムチ教育構想? 市民団体が真意問う
Excerpt: 朝日新聞(7月3日)http://www.asahi.com/politics/update/0703/SEB200807030002.html  教育問題をめぐる東国原英夫・宮崎県知事の「愛の..
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-03 19:22

中国が崩壊する日
Excerpt: &lt;font size=5 color=blue&gt;中国の破局と崩壊に備えよ &lt;font size=4&gt;&lt;b&gt; &lt;font color=red&gt;西村幸祐..
Weblog: 反日勢力を斬る(2)
Tracked: 2008-07-03 21:06

タクシーの運転手さんと雑談
Excerpt: 最近あった出来事をタクシーの運転手さんと会話。意気投合しました。 新三:タクシーって禁煙なのですか? 運転手さん:努力義務ですが、禁...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-07-04 01:23

皇太子殿下の北京五輪ご臨席政治利用を許すな
Excerpt: この土壇場で出てきた皇太子殿下の北京五輪御御幸(おみゆき)   石原都知事が福田首相へ要請、東京五輪のためには“変節”も辞さず? ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-04 07:26

国会改革は地方議員から
Excerpt: 私は常日頃から、思っている事があります。国会議員改革と言われていますが、一番改革しないといけないのは地方議員です。地方議員に問題が...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-07-04 20:38

教育振興基本計画が閣議決定
Excerpt:  産経紙夕刊7/1付けによれば、政府は1日に今後10年間の教育のあり方や5年間に重点的に取り組む事項を示す初めての「教育振興基本計画」...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-05 00:08

北方領土問題を封印して、何のホスト国なのか
Excerpt:  来週7日より北海道洞爺湖サミットが開催されるが、議題では原油、食糧、地球温暖化などの意見調整がテーマであるが、一見すると経済問題...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-05 10:37

「民主主義」は手段なのかそれとも目的なのか
Excerpt: イラク戦争とは何であったのか  9.11テロに襲われたアメリカは、イラクにおけるテロ行為を撲滅し、イラクを民主的な国にすることを目的...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-06 14:29

毎日新聞の暴挙 -マスコミは信頼に足るのか-
Excerpt: 皆様は、政治、経済を勉強するときに、何を利用なさいますでしょうか。 今までの知識については学校の教科書や書店に並んでいる政治や経済関...
Weblog: 1歩ずつお勉強、政治経済
Tracked: 2008-07-06 18:26

明日から主要国首脳会議
Excerpt: 明日から北海道洞爺湖サミットである。ご存知でない方は、外務省: パンフレット「名探偵コナン−サミットガイド−」をご覧頂くと良いかもしれ...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-07-06 22:06

サルコジもメルケルも北京五輪開会式には行かない
Excerpt: 宮崎正弘氏の{国際ニュース・早読み」を転送します。 バチカンと北京の愛憎関係が拍車。福田首相は訪中して恥をかくゾ  洞爺湖サミット...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-07 09:13

拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因−自民・加藤氏
Excerpt: http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008070700894 自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002年に北朝鮮から一時帰国..
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-08 10:36

拉致と核開発で問われる日本の決断 
Excerpt:  アメリカ政府が北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除の手続きに入ったことを受けて、日本会議に何本かの電話がありました。その中には、「...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-09 06:14

教員採用汚職事件−4割に達する不正合格は日教組の体質そのものだ
Excerpt: 公教育を食い物とした教育者に教育を語る資格はない  既に報道されているように大分県の教員採用を巡る汚職事件は、「県教委上層部の指示...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-09 21:08

南モンゴル民族支援デモと日本の宿題
Excerpt: 日華(台)親善友好慰霊訪問団 東京支部長    藤田達男 ● 去る7月5日(土)、東京・六本木にて南モンゴル(中共領・内モンゴル自治区...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-10 09:14

加藤氏「金総書記は陛下みたいな人」
Excerpt: 昨日、加藤紘一氏の信じられない暴言を取り上げましたが、それだけではなかったようです。 ■加藤氏「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった...
Weblog: 新・へっぽこ時事放談
Tracked: 2008-07-10 18:53

日朝間外交の性格
Excerpt: 【日朝間外交の性格】 外交は、外交と交渉の権限を与えられている政治家と外交官が行うものだ。外交と交渉の二元化は、北朝鮮のような国を...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-10 19:27

サミットで日本は不平等条約をのまされた
Excerpt: 国家エゴを乗せた泥舟は沈むのか  洞爺湖サミットが終了したが、報道通り、暗雲立ち込め、果たして先進国と新興国とが一致して温暖化対策...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-11 06:19

加藤氏、拉致被害者「北に返すべきだった」発言で釈明
Excerpt: 加藤氏、拉致被害者「北に返すべきだった」発言で釈明(産経新聞 7/11) 加藤紘一氏 自民党の加藤紘一元幹事長は10日、「拉致被害...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-11 18:19

加藤元幹事長の発言その2
Excerpt: 加藤氏の発言が、凄い反響である。私のサイトにも通常の2倍〜3倍のアクセスを頂いた。一国民として、かつ国を愛するものとしてこの発言だけは...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-07-12 02:07

竹島の領有権を放棄するな-問われる福田首相の政治判断
Excerpt: 福田首相は竹島の学習指導要領の解説書に日本の領土として竹島を入れるかどうかを総合的に判断するとの由。もし解説書に盛り込まないとなれ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-12 07:24

「竹島」明記は「挑発行為」 韓国国会が決議-福田首相へ意見を
Excerpt: 昨日(7/11)、韓国の国会で「日本国の独島領有権主張中断を要求する決議案」が採択さ れた。決議内容は下記をご参照下さい。これを受け...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-12 19:11

皇室を私的に利用する石原知事
Excerpt: 石原慎太郎都知事の暴走が止まらない。  野村東宮大夫を「木っ端役人」と呼んだかと思えば、今度は「東京五輪に反対する国民なんているの...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-13 07:25

日本政府は今こそ本気で拉致被害者を救出せよ!」
Excerpt: 先月来の北朝鮮拉致問題に関する動きのなか、多くの日本国民は政府の一部経済制裁解除表明に強い反発と不信を、また、アメリカのテロ支援国...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-13 19:26

加藤紘一邸放火事件の謎
Excerpt: 藤田氏の「賭人の独り言」をご参照ください。 ● 一昨年、加藤紘一衆院議員の実家・事務所放火事件で逮捕されたH氏が所属していた右翼団体...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-14 07:48

学力テスト、鳥取県では学校別データ開示を情報公開審議会が答申
Excerpt: 〜全国に影響を与えること大〜                     産経紙7月10日付けによれば、昨年の小中学校での全国学力テストで...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-14 19:33

日本政友党朝倉啓太様
Excerpt: 『CHANGE』が最終回を迎えた。朝倉総理は、辞任とともに未来の子ども達のために解散を選択し、更なる一手に出た。主席秘書官との恋愛も成就し...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-07-14 23:24

解説書での「竹島」明記は国家の主権を守る最大の問題である
Excerpt:  産経紙13日付によれば、新学習指導要領の中学社会科の解説書に島根県の竹島を「我が国固有の領土」と明記するかどうかを巡り、福田首相が9...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-15 05:35

北朝鮮への制裁解除に反対する
Excerpt: 日本会議機関誌「日本の息吹」8月号の「今月の言葉」から転載しました。 西岡力氏(東京基督教大学教授・「救う会」会長代行)  日朝協...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-15 17:52

竹島(韓国名・独島)問題
Excerpt: それぞれの国は主権を持っており、国益に反する行為に対して国が反発することは至ってふつうのことである。従って、韓国が独島は韓国の領土...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-07-16 02:14

6者協議の合意履行の遅延は金正日の時間稼ぎ
Excerpt: 日本政策研究センターから転載いたしました。ご参照いただければ幸いです。 さる6月26日、北朝鮮による核計画...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-16 05:23

行政トップの勇気が県教委の毅然たる姿勢を守る
Excerpt:  〜鳥取県教委、学力テスト開示へ〜  先日も伝えたが、産経紙夕刊15日付けによると、全国学力テストの学校別、市町村別の結果を開示する...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-16 17:59

「対馬も韓国領」ハンナラ党で強硬発言が続出
Excerpt: 「対馬も韓国領」ハンナラ党で強硬発言が続出(朝鮮日報 7/16) 【ソウル16日聯合】ハンナラ党が、日本の中学校新学習指導要領解説書への独...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-17 07:18

平成20/7/14憲法無効論全国連絡協議会(仮称)発会式の模様です。
Excerpt: 平成20/7/14憲法無効論全国連絡協議会(仮称)発会式及び南出喜久治先生講演の模様です。 &lt;font color=red size=3&gt;&lt;b&gt;南出喜久治先生講演録(音声ファ..
Weblog: ザ・新無効論 <無効憲法の正当化の時代はそろそろ終わりに!>
Tracked: 2008-07-17 09:37

誇りある歴史の継承者として
Excerpt: 地方議会から「誇りある国づくり」を 連載?29 日本会議地方議員連盟幹事長 吉田利幸 大阪府議に聞く よしだ としたか 昭和22年高槻市生...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-07-17 18:55




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。