SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2008年08月05日

靖国神社は、日本の独立と平和を守る、ワンダーランド。

「8・15と靖国の真実」が発売

yasukuni表紙.jpg8月4日に撃論ムックの最新刊、「8・15と靖国の真実」が発売された。お近くの書店で是非、手に取っていただきたい。今年はアサヒも靖国を社説で取り上げる回数が激減したので、寂しい想いをしていたが、あんな映画が支那人の手で撮られ、しかも文化庁の助成金付という、何とも香ばしい話題が飛び出した。

面白いのは、あの映画へ文化庁の助成金が不正に出されたのではないか、という国会議員の追求が、反日マスコミに歪曲報道されて国会議員が表現の自由へ圧力をかけたという嘘報道が一斉に行われたことだ。一種の報道テロといっていいだろう。平成17年(2005)1月のアサヒによる「安倍・中川NHK政治介入嘘報道」と構造は似ている。
このムックではもちろん、あの映画のことも取り上げている。




▼クリックで拡大
yasukuniはじめに.jpg首相の靖国参拝? 政教分離? A級戦犯合祀?……
いつも騒然とした雰囲気で報じられ、語られる「靖国」。
しかし、そこには、本当の「靖国」はない。
静謐と、優しさと、国よ安らかなれ、と祈る、人々の鎮魂の心。
そして、今を生きる私たちのために命を捧げた、英霊たちに
おかげ様で、みんなこんなに元気だよ、とにぎやかな宴の様子を
そっと伝える、至福と感謝にあふれる空間。
それが、「靖国」。
「靖国」は、日本の平和と独立を守る、ワンダーランドの祝祭空間だ。

知識人も、学者も、ジャーナリストも、作曲家も、アーティストも、外国人も、
それぞれが語りつくす、それぞれの「靖国の真実」。

目次

◎巻頭特別座談会 8・15「以後」の言論空間と靖国神社
高森明勅/富岡幸一郎/杉原志啓/西村幸祐

◎総特集1 私たち戦無派にとって靖国とは何か
高森明勅/佐藤健志/大高未貴/青山繁晴/但馬オサム/TAMAGAWA BOAT/秋茜(AKIAKANE)/英霊来世(Arei Raise)

◎ドラクエの作曲家 すぎやまこういち氏インタビュー
私が経験した8・15と戦後の記憶

◎総特集2 映画「靖国 YASUKUNI」とは何だったのか
稲田朋美衆院議員インタビュー
「映画 YASUKUNI」問題を言論弾圧にすりかえた、朝日の卑劣
映画「YASUKUNI」に隠されたもの 前田有一
映画「YASUKUNI」と毎日新聞変態記事問題 西村幸祐

◎特集1 外から見た「ヤスクニ」神社 
石平/ロマノ・ヴルビッタ/林建良/劉美香/但馬オサム
◎特集2 もう一つの靖国論議 岩田温

◎新連載対談! サブカルチャーから見た戦後精神史 杉原志啓+西村幸祐
◎好評連載 西尾幹二/西部邁/西村幸祐/大月隆寛/岩田温/桜林美佐/宮島理/但馬オサム

▼クリックで拡大
yasukuni目次1.jpg
▼クリックで拡大
yasukuni目次2.jpg

「日刊スポーツ」WEBの連載コラム「北京五輪の透視図」第4回が掲載されました。「誰にでも、忘れられない五輪の記憶がある」はここで読めます
posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(10)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
トラックバック有難うございます。
8/15に 63年前にニューギニアで亡くなった
叔父さんに初めて靖国に会いに行きます。
たぶん泣いてしまうかもしれません。

私はクリスチャンなので
カトリック教会の左傾化を阻止する「教会の政治的言動を憂慮する会」の方々とも共に参ります。

「8・15と靖国の真実」必ず読みます。
トラックバックをお送りしようとするのですが、
いつもエラーが出てしまい、うまくいきません。

Posted by おつる at 2008年08月06日 22:54
8.15と靖国の真実を早速、拝読いたしました。読み終えて清々しい気持ちになりました。今まで靖国が世論の矢面に立たされ、タブー視してきた為、靖国の本質をまともに見ようとも語ろうともしてきませんでしたが、(特に私の世代は)本号は靖国の期限から戦無派といわれる若い方々のとても素直な靖国に対する思いまで掲載されていて、特に石平氏の寄稿はストンと私の心に落ちてきました。戦中は不幸な時代だったのか、戦後こそ嘘に誤魔化されてきたのではないか…本当は社会主義的なのに、それを豊かさに隠され、日本人としての精神基軸を失ってきたのでしょうね。靖国には日本が失ってきたものが残されていると思えます。西村さんの世界中への「ラブレター」(笑)確かに受け取りました。8.15、おつるさんも参拝するそうですが、私も娘と靖国に行きます。おつるさんのブログも何時も楽しみにしていますよ。
Posted by ヤマメ at 2008年08月07日 08:09
 西村先生、私のコメントに答えていただき有り難うございます。

 日本人は、ゴマカシの上に戦後を築いてきたのではないかと思います。最近、あの戦争は、大日本帝国や、帝国陸海軍と戦争をしたと思っているのであろうかという言説があるように感じます。直接、そのように言っているわけではないのですが、アメリカが敵だったという認識がないようです。そのような言説にふれると、戦後日本人が素直に、「大日本帝国は滅びました。新日本は、連合国が建国しましたし、また、連合国最高司令官マッカーサー様を建国の父として敬います。」とでも言ってくれていたほうが、スッキリするのではないかと皮肉を言いたくなることがあります。連合国最高司令官としてマッカーサーが、来日した日を記念日にすることに、戦後の日本人は賛成してくれるのでしょうか。独立記念日とでもしましょうか。悪い冗談ですが。

 日本国憲法を正しくするならば、日本人が憲法を制定したと言う神話に基づくのではなく、「主権の存する連合国最高司令官がこの憲法を制定した。」に改めるべきではないか。憲法学者だって、内容が良ければ、誰が制定したかなんて問題ではないと言っているのだから、反対はしないでしょう。

 日本に、『わが国が主権を喪失しているとき、あるいは、天皇陛下や皇族の方々や国民を人質にしたり、国土や、国有、私有を問わず、財産を盾にして、憲法の変更がなされたときは、その憲法の変更は無効である』という、たったひとつの規範があれば、まだましだったのに、なぜその規範が存在しなかったのか。日本を占領した国々の意思を、自国の意思と思い込む欺瞞が、なぜこんなに長期にわたり存在しているのか、謎です。

 占領中の憲法の変更は無効という規範を確立することは今後の日本に可能なのでしょうか。このような趣旨をもつ条文を日本国憲法に入れることは、日本国憲法の精神に反するのではないでしょうか。占領憲法は無効であるとすれば、外国に憲法を制定されても、独立を回復した暁には、前の憲法に戻せます。つまり、このような条文は憲法典を護る規範になります。しかし、日本国憲法の場合には、破壊的な意味になってしまいます。条文上は無効と言い、憲法典自身の成り立ちからすれば有効です。このような憲法をもつ不幸を、日本人は認識しているのでしょうか。私とって、日本国憲法は贋物です。

 日本人はゴマカシの上に存在しているのではないのかもしれません。敗戦と占領という時期を経験したために、混沌としているのではないでしょうか。どんな世界観や歴史観を、日本国民として持っていたのか、そして占領期を、どう解釈するのかがわからなくなっているのかもしれません。

 私にもわからないので、今後の連載を楽しみにしております。
Posted by 残照 at 2008年08月12日 00:49
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


続報・中共に日本人を売り渡したか外務省と政府
Excerpt: ● 「チベット自由人権日本100人委員会」発足記念シンポジウムに於いて、「中国政府の要請により、日本国内において中国の民主化運動に関わっ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-06 07:16

民主党、外国人参政権論議を臨時国会開会以降に先送り 
Excerpt: 国家の基本政策、根幹にかかわる問題をそう易々と決めようとしていた民主党に政権を任せられるのか疑問を感じています。 外国人参政権につ...
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2008-08-06 08:50

治安不安の北京五輪
Excerpt:  北京五輪開会まであと4日となったが、あいかわらず中国のお家の治安は心もとなく、昆明市のバス爆破事故もウイグル人のイスラム党による...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-06 19:26

英霊に失礼な物言いをする宰相
Excerpt:  本日は広島に原爆が落とされた日。いついかなる時でもこの日と9日の長崎原爆の日はやってくる。当時、既に被爆された方もご遺族の方も平...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-07 07:22

8月15日は、靖国神社・護国神社へ
Excerpt:  今年も暑い夏がやってきました。東京では、雷鳴鳴り響く日が続いていました。  この「素晴らしい歴史と伝統の国」を守るために尊い命を...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-07 19:08

今こそ城内実さんを応援しよう!!!
Excerpt: 麻生太郎さんが元気だ。持論の積極財政論を自民党で根付かせようと自民党のNo.2である幹事長になって息巻いている。非常に結構なことだと思う...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-08 02:05

北京五輪は準戦争状態で開幕
Excerpt: 宮崎正弘氏の「国際ニュース・早読み」を転送します。 民を防衛体制の先兵に配置して、北京政府の思惑は奈辺に有りや 北京オリンピック、...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-08 07:09

千鳥ケ淵・靖国・九段
Excerpt: 先の日曜日(08-03)、千鳥ケ淵戦没者墓苑と東京招魂社(靖国神社)にお参りにいってきました。 この日は「夏一番の猛暑」だったようですが、ふいに思い立って、JR新宿駅から歩いて...
Weblog: がんばれ城内実(きうちみのる)
Tracked: 2008-08-08 09:36

アリに負けた巨象、活動家4人に負けた10万の人民軍
Excerpt:   ||| フリーチベット4人に負けた中国政府 ||| フリーチベット学生4人のスカイデモに負けた10万の人民軍兵士 オピニオンゲリラSFTの勇気ある決行に 世界の支援者から喝采! 米国20..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-08-08 17:04

特集「北京五輪とは何だったのか」 (転載)
Excerpt: 中央公論8月号に中国外交史の川島さんと、地域研究者の高原さんが論評をのせていました。興味ある方はどうぞ。 本来なら要旨を載せるべきですが、立ち読み程度であまり内容覚えてません 特集「北京五..
Weblog: 日本愛国者
Tracked: 2008-09-21 05:17




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。