SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2008年08月15日

福田首相と加藤紘一は、有本さんのこの声を聞け!

mad_katoh_kohichi.jpgいささか旧聞めいて恐縮だが、加藤紘一が7月7日に「拉致被害者は北朝鮮へ返すべきだった」と言ったことが話題になった。しかし、安倍内閣の閣僚発言が一昨年から昨年にかけてメディアに大騒ぎされたことに比べると、大した騒動にはなっていない。

最近の例では、8月10日のNHKの討論番組で太田誠一農水相が「消費者としての国民がやかましくいろいろ言う」と言ったことが問題視されたが、これもおかしい。むしろ、この番組で高村外相が言った言葉の方が問題視されるべきで、太田農水相の発言よりはるかに重大である。
再調査着手で制裁一部解除へ 拉致めぐり高村外相

 高村正彦外相は10日のNHK番組で、11、12日の両日開かれる日朝実務者協議に関連し、両政府が合意した方法に従って北朝鮮が拉致被害者の再調査に着手した段階で、経済制裁を一部解除する考えを示した。
 高村氏は「生存者発見のための調査のやり方が定まり、調査着手を確認した段階でごくわずかに制裁を緩和する。行動対行動であり『あなたたちは行動しなさい。私たちは約束した事をやらない』では外交は進まない」と述べた。
 一方、外務省の斎木昭隆アジア大洋州局長は10日午後、日朝実務者協議に出席するため、成田空港発の全日空機で中国・瀋陽に到着した。
 協議では、6月の前回協議で合意した拉致被害者に関する再調査の方法や時期など具体的内容をめぐり議論する。北朝鮮側は宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使が出席する。
 日本側は、北朝鮮による再調査の内容を日本が随時点検できる方法を求める構え。日航機「よど号」乗っ取り犯グループ関係者の引き渡し協力でも進展を促す考えだ。
2008/08/10 14:14 【共同通信】

どう考えても、まともなメディアがこの番組を取り上げるのなら、太田発言より高村発言の方を重要視するはずだ。つまり、日本にはまともなメディアがない、ということなのである。

▼7月5日渋谷、表参道で行われたデモ行進 連合国(国連)大学前
RIMG3045.JPGしかも太田発言をことさら問題視し、メディアを焚きつけたのは民主党の輿石東代表代行だった。今でこそ輿石は民主党所属だが、世が世なら社会党の議員、本質は日本社会党そのものだ。簡単に形容すれば、日教組から国会に送り込まれた典型的な旧時代の反日サヨク。山梨県教組のボスで大分県で問題になったような談合やり放題、公務員法や公職選挙法に組織的に違反した疑いがもたれている日本の病巣のような所から国会にやって来た人物だ。

しかも日教組は、我が国における、北朝鮮の最大の支援団体の一つなのだから、高村発言で世論に火がつくことを恐れ、民主党の輿石議員はまるで福田首相と連係プレーを取ったかのように見えてしまう。こんなシニカルな見方などあり得ないと思っていたのなら、この人も相当おめでたい。
福田、高村ラインの媚支那・朝貢外交路線は、毒餃子テロ問題だけでなく、もちろん拉致問題でも日本人の生命、人権と国家主権を危うくするばかりだ。

▼7月5日渋谷、表参道で行われたデモ行進
RIMG3053.JPG奉天での日朝実務者協議が終わったが、予想通りの全く無意味な茶番に終わった。すでに米国のテロ支援国家指定解除をにらんで、外務省が秘かに画策している北朝鮮への制裁解除という既定路線に沿って、何とか拉致被害者家族会と救う会、調査会などの支援団体、さらに世論を騙しながら、北朝鮮との国交正常化に邁進しようとする福田政権の意図がとっくに透けて見えている。そんな極めて不健全で醜悪な状況の中に私たちは置かれている。

加藤紘一の7月7日の発言の意図は不明だが、一応、加藤は日比谷、東大というコースだったので考える能力はあるとすれば、日本人への挑発か、金正日への忠誠度を申告するためだったとしか思えない。そんな加藤に地村保さんが抗議のFAXを送っている
地村さんは「貴殿はそれでも日本人かと言いたい」とFAXで書き送ったのだが、地村さんの認識は前提が間違っている。加藤のこれまでの所業を見れば、日本人だと考える方が間違っているのである。

7月7日の加藤発言の直後、7月9日に国会内で拉致議連と家族会、救う会の記者会見が行われた。米国の裏切りに抗議し牽制する記者会見で、家族会は政府とも距離を置くことを初めて公にした記者会見だった。このとき、出席していた有本明弘さんは、平沼赳夫拉致議連会長が記者の質問に答えた後、間髪入れずに加藤紘一発言についてこう言った。だが、メディアは全く報道しなかった。
いつか何かの機会に書こうと思っていたが、ここでお伝えすることにする。
▼7月9日、国会内での記者会見。平沼赳夫議員と有本明弘氏の言葉

▼8月10日、特定失踪者の家族懇談会が初めて行われ、北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」の収録も
145.JPG8月14日、外務省は家族会、救う会に日朝協議を受けて説明を行った。その結果、家族会が今の動きを期待をしているかのように共同通信は報じているが、本当なのか? ややバランスを欠いた報道ではないのか? 斉木局長を家族会が信頼するのは過去の経緯からも十分あり得ることだが、私が取材している限りでは、福田首相への不信感は拭いがたいものがある。
そして、何よりも、北朝鮮への不信感は増え続けることがあっても減ることは絶対ない。これは家族会だけでなく、普通の国民なら誰でも同じはずだ。

ただ、今回大きな変化があったのは、再調査(外務省アジア大洋州局長の斉木氏は、再調査ではなく、あくまでもやり直しと言っているが)の中に、政府認定拉致被害者だけでなく「特定失踪者問題調査会」がリスト化している拉致の疑いが強い特定失踪者も含まれていることだ。北朝鮮が本当にそこまで受け入れているのなら、つい最近まで北朝鮮が「調査会」を罵倒していたことを考えれば、大きな変化かも知れない。
調査会の荒木和博代表は15日未明、以下の声明を出した。
[調査会NEWS 672](20.8.15)
■やはり「再調査」など認められない
       荒木和博

 昨日(14日)午後4時から1時間、内閣府で日朝実務者協議の説明が行われました。政府側は中山大臣と斎木外務省アジア大洋州局長ら、家族会は飯塚代表他10名、救う会全国協議会が藤野会長他2名、調査会が私と真鍋副代表の2名でした。

 時間が限られていたため調査会からの質問は真鍋が一回行っただけでしたが、全体を通して感じたことは、率直に言って「こりゃだめだ」というものでした。斎木さんは「協議の中で『再調査』という言葉は使わず、『調査のやり直し』と言った」と言っていましたが、いずれにしても「調査」自体が馬鹿げた話で、拉致をしていった側が「誰を拉致したか調べる」などという話はどう考えても理屈に合わないでしょう。

 唯一認められるとすれば北朝鮮のメンツを保つということで、まあそれでも何人か帰ってくるなら一定の成果はあったと言うべきでしょうが、それなら「調査委員会の設置」も「調査の進捗過程」の通報も全く無用です。例えば30日の期限を切って、「余計な説明は無用。それまでに全員出すこと。そうすれば制裁の一部解除を行う。しなければさらに制裁を強める」というのならともかく、途中の過程など、どうやったところで全くの作り話に過ぎないのですから、相手の話を聞く方が無駄です。

 逆に問題なのは、今回の合意からすると、北朝鮮側が例えば「調査委員会を作った。委員長は誰で委員は誰だ」とか伝えてくれば、それだけで日本は制裁の一部解除に入れるということです(もちろん世論の動向を見てでしょうが)。最初に制裁解除があって、それに理屈を付けているだけと思われても仕方がないでしょう。ちなみに4年前のとき出てきた調査委員会の責任者(?)は陣日宝という名前で、肩書きは「人民保安省捜査担当局長」でした。この名前の読み方「チニルボ」は「進一歩」と同じで、これは韓国語で「一歩前進」という意味です。これは実務者協議の日本側代表にわけのわからないオッサンを連れてきて「誠済矢目留」という名前にして出すのと同じことです。

 相手が中山大臣と斎木さんのため、家族会の人たちもかなり言葉を自制していましたが、福田総理が拉致問題解決のために強い意志を持っているとか、政府が一体となってやっているという二人の言葉を信じた人はいないでしょう。私たちはなおのことですが、その言葉が逆に二人に対する不信感を強めたことは間違いありません。そして、秋に満足のいく結果(すべての拉致被害者の救出)が出る可能性はほぼゼロです。たとえ数人が帰ってきても、逆に大部分は棚上げ(再調査の継続などの言葉でごまかすのでしょう)になるはずです。

 「再調査」の細部などどうでも良いことです。政府は「救出」と言わず「帰国」と言っていますが、些末なことを大げさに言い、言葉をごまかして拉致問題の全体像を少しでも矮小化しようとしているとしか思えません。国民の側の本質を見据えた姿勢、建設的緊張感が欠かせません。だめなものはだめと、はっきり意思表示をしていくことが必要不可欠だと思います。

 ちなみに調査会では緊急に下記の通りインターネットを通じて公開生中継を実施することにしました。ぜひ、今大事なことは何なのか、耳を傾けて下さい。
-----------------------------------------------------
公開大発言会のお知らせ

8月11日、12日に行われた日朝実務者協議では結局「再調査」の進行に合わせて制裁の一部解除を行うことが合意されました。誘拐犯が「私が誰を誘拐したか調べてみる」というなどまるで話しになりませんが、さまざまな形で最後のあがきを続ける北朝鮮当局をここで取り逃がすことはできません。私たちは様々な立場の人々の声をより多くの人に知っていただくため、次のような情報発信の場を設けます。全国・全世界の方々に対するアピールを、ぜひお聞きください。また、東京近辺の方は公開収録にぜひご参加ください。

1、 日時 平成20年8月22日(金)18:30〜20:30

2、 視聴方法
(1)インターネットによる全世界同時生中継
(株)ネットライブのホームページ(http://www.netlive.co.jp)からご覧になれます。
(2)生中継の公開収録
会場:UIゼンセン同盟会議室UIゼンセン会館2階会議室
(東京都千代田区九段南4-8-16 tel03-3288-3549)
※JR総武線、地下鉄有楽町線・南北線・都営新宿線市ケ谷駅下車3分 日本棋院斜向い
http://www.uizensen.or.jp/doc/uizensen/access.html
※参加費500円・どなたでも参加できます。

3、 内容
(1)今回の日朝実務者協議などに対する意見の発表
(2) 米国のテロ支援国家指定解除に対する意見の発表
(3) 北朝鮮人権問題に関する意見の発表
(4) 北朝鮮核問題に関する意見の発表

4、 発言者
(1)調査会及びしおかぜネットワーク関係者
(2)関係家族
(3)関連NGO代表・専門家等
1人5〜10分程度の発言を行う(海外からのメッセージも含め)
最後にアピールを採択する。

5、主催 特定失踪者問題調査会

さて、話を戻そう。7月17日、加藤紘一は安倍前首相に「北朝鮮そのもの」と批判された。以前から情報は入っていたが、その安倍氏は8月15日の終戦記念日、靖国神社に参拝する。じつは昨年も、安倍氏は病気による退陣がなかったら、首相として秋の例大祭には参拝するはずだったのだ。

column_NIKKAN_SPORTS.jpg※日刊スポーツWEBに連載中の「北京五輪の透視図」の第4回〜第6回が掲載されています。(4)誰にでも、忘れられない五輪の記憶がある (5)青空の見えない開会式 (6)柔道の金メダルに感じた昭和の薫(かお)り

※ブログ下部に設置していた「FRANCE24」英語放送の画面は5月23日のエントリーページに設置しています。日本のテレビだけではダメだと思っている方は、クリックすると別ウインドウが開きます。下部にある画面をご覧下さい。IEの場合、音量は右クリックで調整して下さい。ファイヤーフォックスだとコントローラーがあります。

posted by Kohyu Nishimura at 04:00 | Comment(5) | TrackBack(44)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
西村様、激論ムックをいつも読ませていただいております。

本来であれば、国民に知らせるべきところを意図的に、しかも巧みに避けるのは、マスコミが日常的に行っていることですね。

また、北島選手に国民栄誉賞という話が出ていますが、そうやって、国民の目を誘導し、どうでもいい情報で、紙面や電波を埋めて、大切な情報に蓋をしてしまいます。嫌らしいマスコミとスポーツの政治利用です。

それで、ノーベル賞に対するイグノーベル賞のような、国民恥辱賞とでもいうべきものを、西村様が主催していただけませんか。著名な審査員が集まって、恒例になれば、マスコミも毎年取り上げてくれるかもしれません。

今年はダントツで福田首相でしょう。
Posted by ゼンジー東京 at 2008年08月15日 17:59
制裁解除または一部解除などと言うと異常な状態から正常化へと勘違いしますが、北朝鮮とは正式な国交がなく原則的に貿易・交通がないのがアタリマエです。
外務省はアリバイ作りみたいに拉致被害者返還を絡めて国交回復を図っていますが北朝鮮との通商で日本にどのようなメリットがあるかさっぱり判りません。
またレアメタルの埋蔵が言われたりしますがレアメタル産出が期待される国なら一切の経済援助といったもの不要です。
対北朝鮮との外交交渉ニュースを見るたびに最後に残された最大利権に一部の政治家と官僚が暗躍しているとしか思えません。
Posted by tatu99 at 2008年08月16日 08:20
西村さんお疲れ様でございます。
五輪もいよいよ終了ですが、私は北京虐殺五輪に反対して、TVを見ずに8月は過ごしています。単身赴任中の夫がお盆に帰省し、其処までやるかと半ば呆れていました。(お付き合いに感謝してます)私は、TV観戦やせ我慢中に岩田さんの「チベット虐殺と朝日新聞」などを読み過ごしていました。この一冊の本を作るのに1945年からの朝日新聞のチベット関係の記事を、どれほど膨大な資料を調べたのだろうと驚嘆し、頭が下がる思いで拝読させて頂きました。朝日新聞編集委員の加藤千洋氏はTVで見せるソフトな物腰に隠された陰で確信犯的にチベットを弾圧、日本を侵略している中共に手を貸しているのかと思うと背筋が凍る思いです。
五輪中にも関わらずチベット人140人殺害という報道もあります。虐殺五輪を容認したIOCは責任を取って解体し、五輪は一旦見直すべきです。私の耳には、タシィさんのフリーチベットの叫びがまだ耳について離れません。あの声を決して埋もれさせてはいけないと思います。
Posted by ヤマメ at 2008年08月22日 07:48
あの、先生、
「劉翔の棄権で見えた日本と中国の文化の差異」という文を見ると、ちょっと話したいことがある。
中国では確かに劉翔に悪いことを言った人がいる、でも、劉翔は中国人です、多い人が劉翔を応援しています〜人数は悪いことを言った人より多い〜
先生は本当にいろいろな意見を見たか
真実は先生の思いじゃない
Posted by 嵐 at 2008年08月23日 21:30
 先生こんにちは、残念ながら虐殺五輪は表向き成功という形で閉幕してしまいました。
 ところで金は確実と公言していた星野軍団が悲惨な成績で敗れましたが、これに対するメディアの批判があまりに緩いことに大きな疑問があります。私は一応野球通を自負してまして、彼の戦い方に同意できない部分が、準決勝だけでも5点はありました、つまり勝てる試合を彼の迷采配で落としたわけです。
 記者クラブの彼への追求は無に等しい、責任の取り方を聞かなければ、仲良し軍団に対する批判もない、何をしても突付かれた朝青龍とは180度違う報道姿勢です。今は空気が社会を支配する時代ですが、メディアの持つ空気を動かす力あるいは空気を止める力の強大さを今回改めて感じました。
 先生がいつもおっしゃるように、第四の権力が支配する世の中は社会基盤が不安定となり政治において地滑りが起きやすくなる、とてつもない全体主義に陥る可能性が高くなる、この風潮を止めねばなりません。しかし私の知恵では名案が生まれないのが実状です、先生の力で打開してください、私も名案が浮かんだらここで提案させていただきます。
Posted by 西倫敦者 at 2008年08月25日 14:17
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


敗戦(終戦)記念日
Excerpt: 私は昔から終戦祈念という言葉に対して違和感を持ち、敗戦と言う言葉を合えて使っています。 先日大阪に戻って祖父(明治45年生まれ)に太...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-15 07:21

サイパンの慰霊に生涯を捧げてきた体験者たちの願い―南洋群島帰還者会追悼式に参列して
Excerpt: ◆ 慰霊に生涯をかけられて 第一次世界大戦後、日本の委任統治領となった「南洋群島」と呼ばれる島々には、かつて多くの日本人が開拓民...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-15 07:31

8.15と靖国の真実
Excerpt: <font size=5 color=blue>靖国神社は日本人の精神的支柱 <font size=4> 今日8月15日は日本の来し方行く末を考える良い機会である。 毎年..
Weblog: 反日勢力を斬る(2)
Tracked: 2008-08-16 00:47

「再調査」結果に対する福田首相コメント (a parody)
Excerpt:   2008 年 11 月 12 日(米大統領選の約 1 週間後)、北朝鮮が、日本人拉致被害者に関する「再調査」結果を日本政府に伝えてきた。  以下は、それを受けた首相と官邸記者団とのやりとり。 記者..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-08-16 01:33

櫻井よしこ氏の高村外相叱責―「加藤紘一と同質」
Excerpt: 下記コラムについて  無責任で、たがの緩んだ手合いに対する、櫻井さんの、いつもながらの適切かつ厳しい叱正だ。   高村外相 の過剰な対中配慮と 加藤紘一 の「拉致被害者を北に送り返すべきだった」発言を..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-08-16 01:34

父祖が愛した土地との絆を守る
Excerpt: ◆ 父祖が愛した土地との絆を守る 追悼式当日の午後六時、ホテルで「親善交流の夕べ」が行われた。サイパンと沖縄の親善を深める行事で...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-16 06:55

現地を訪ねられた報告にこそ、戦後の歴史観脱却のヒントがある
Excerpt:  〜戦没者追悼祈念講演会に350名参加、ジャーナリストの笹 幸恵氏が講演〜  本日は63回目の終戦記念日。本日もあの日と同様に地熱を感じ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-16 21:51

地方の台頭こそ日本を救う!!
Excerpt: 私(新三)はしっかりとした地方自治こそ日本浮上のきっかけになると思います。経済的には、外需に頼りきっている状態であることは明白で、外資...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-16 23:56

韓国に支配される対馬の実態
Excerpt: 対馬の調査 先日日本一時帰国しました折、7月15-18日に対馬調査に行きその後福岡市、下関市と周り最後に島根県、松江市に寄り10日間の実態調...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-17 07:21

韓国の野望と対馬の現状
Excerpt: 韓国の野望と対馬の現状 [目的]    昨今の日本と韓国の二国間情勢は日本国民として耳を疑いたくなる事が多く、特にこの10年程の日本外交...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-17 19:27

古賀誠が必ず分祀やるとサンプロで言明 
Excerpt: 一昨日、昨日と出かけておりましたが、現在、後身の同志を育成することに力を注いでいます。 mixiをご覧の方は内容はご存知かと思いますが、...
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2008-08-18 04:26


Excerpt: 新三ログ至上最も短いタイトルである。ある意味でこの言葉に様々な修飾は必要ない。 偽装だらけのオリンピックに真実があるとしたら『愛』...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-18 23:57

全日本教職員組合が文科省の靖国参拝OK答弁書配布を批判
Excerpt: 共産党は、後期高齢者・派遣労働・同和など、一見もっともらしいことをいうのですが、警戒を緩めていけないのは、明らかにわが国の歴史・伝...
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2008-08-19 09:55

財団法人日本相撲協会
Excerpt: 財団法人とは社団法人と並んで、公益法人である。すなわち公的機関であり営利目的の団体ではないと言うことになる。今まで新三が、相撲協会...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-20 01:23

対馬は政治の世界からも隅に追いやられている
Excerpt: 14) 国道脇街路樹 (むくげ) 厳原町から国道197号線を北上しますと所々に2m位の樹木が白い花を付けているのが見られます。これは韓国の国花の...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-20 07:54

対馬を取り巻く日本の各都市
Excerpt: [ 対馬を取り巻く日本の各都市]  対馬の現状をより明確に理解する為に内地近隣各都市の現状を知る事も大切です。対馬から海路内地に入るに...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-20 19:46

拉致問題を食いものにする政治屋
Excerpt: ここ長らく、前副総裁という永世称号?を冠にしている山崎拓氏がまた、拉致問題に水を差している。会談を行っただけなのだが、あえて水を差...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-20 20:57

日本の誇りのために闘う選手達
Excerpt:  北京五輪開催をめぐって中国の抱えている問題は勿論承知をしているが、やはり競技する選手、とりわけて日本の選手がこれまでの4年間の挫...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-21 08:30

次期台湾駐日大使が内定
Excerpt: 宮崎正弘氏の「国際ニュース・早読み」を転送します。  台湾の次期駐日代表(駐日大使)に、馬英九の側近の一人で、選挙中は外交ブレーン...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-21 19:51

破綻しつつある厚生労働行政!!
Excerpt: 国民の関心事と言えば、年金と医療であろう。どれだけ大きな声で憲法改正と叫んだとしても、憲法より健保だと言う人が多いだろう。  厚生年...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-22 01:13

領土を奪われて怒ることを知らぬ国民
Excerpt: 教科書改革に向けて新しい運動を 狭山ヶ丘高等学校校長 小川義男 戦後イデオロギーを克服し、真の国際意識を確立するために、教科用図書...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-22 07:32

小沢代表の3選が確定!
Excerpt: 「CHANGE」最終回-小沢代表を無投票再選すべし-から見ても分かる通り、本当に政治が分かっている方々は、小沢代表が無投票で3選されることを望...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-23 00:52

拉致問題解決に向けて!!
Excerpt: 何かを否定するブログを書くと、なぜかアクセス数が増える。同調される方が多いと言うことかも知れない。非難するだけなら、誰でも出来ると...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-24 22:33

公益法人制度改革
Excerpt: 公益法人制度改革について勉強した。元々は、官から民への流れで小泉構造改革の流れの元、法案化された法律である。平成20年の12月から施行さ...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-26 01:30

男と女-違いがあることは素晴らしいこと
Excerpt: 一度に一つのことしか出来ない男、同時にいろんなことのできる女  女は同時に関連のない仕事をやることができる。電話で話しながらレシピ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-26 15:39

二大政党制と政権交代
Excerpt: 日本における二大政党制の意義を考えてみたいと思う。どのような結論に達するかは、大よそ想像がつくのかもしれないが、そこは考えずにお読...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-26 21:41

竹島問題でアメリカに頼る韓国
Excerpt: 独島:ネットユーザーら、米紙に「独島広告」掲載に疑問を感じた。韓国と日本の問題であるにも関わらず、何故アメリカの新聞に掲載するので...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-26 23:46

日本タンカー、また乗っ取られる
Excerpt:  また、日本タンカーがソマリア沖で海賊に襲撃された。21日、アフリカ東部ソマリののケミア沖のアデン沖で、イラン貨物船、日本の興洋海運(...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-27 07:01

メドベージェフの新冷戦宣言 ポストグルジア戦争のコーカサス
Excerpt:    ||| メドベージェフの新冷戦宣言 ||| グルジアとの"5日間戦争"後、コーカサスは世界大戦の導火線に メドベージェフの新冷戦発言に現れた、ロシアのNATO対抗姿勢 新冷戦は、今日始..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-08-27 14:31

北京五輪閉会、中国は「メダル大国」か「スポーツ大国」か
Excerpt: 先日、3週間に渡って繰り広げられた北京五輪が閉幕する。確かにいろいろな意味で問題があった一方、また選手たちの死闘にも大いに感動した...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-27 19:02

対立構造プログラムの姿(上)
Excerpt:  例えば、我々日本人、アジアなど他人種の国の者が、「白人」と一括りにして捉えがちで良く分からないこの中にも色々な確執やヒエラルキーがあるのを御存知だろうか。そもそも科学的にコーカソイドと分類はされるア..
Weblog: 徒然の陣(仮題)
Tracked: 2008-08-27 22:16

日本会議地方議員連盟が対馬を視察
Excerpt:  日本タンカーが再び、ソマリア沖で海賊に襲撃され、乗っ取られました。中東海域での海賊の横行に対して治安維持についての国際協力を実施...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-28 06:33

全国を先駆ける運動を
Excerpt: 愛媛県から 日本会議地方議員連盟副会長 森? 康行  愛媛県議に聞く もりたか やすゆき 昭和32年愛媛県土居町生まれ。61年土居町議...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-28 19:36

平沼先生からのメール
Excerpt: 平沼先生のエピソードを語りたいと思います。2008年3月14日と15日は、平沼先生が来浜し浜北と湖西にて講演会を行われました。 その際に、サイン...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-28 22:06

対馬視察レポート-「防人の島」対馬の危機と韓国の野望
Excerpt: ●対馬視察レポート 「防人の島」対馬の危機と韓国の野望  −「国境離党振興特別立法」の制定を ─はじめに 視察概要  我が国が、中...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-29 06:34

ロシア覇権のグルジア侵攻と上海「非」協力機構
Excerpt:   ||| ロシアのグルジア侵攻とアジア諸国の反応 ||| 上海協力機構でアジアの協力体制を固めたい ロシア覇権の兆候 タジキスタンで開催のSCOサミットは、グルジア戦争の試金石 200..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-08-30 16:47

民主党内紛と静岡7区選挙について!!
Excerpt: 民主党が内部分裂をしているが、反小沢体制を貫いてきた方々の離脱であるからそれほど影響は無いのかもしれない。しかも、姫井参議院議員は...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-08-30 17:05

プーチン「グルジア紛争でマケイン対策」とブッシュ批判
Excerpt:     ||| ロシアと上海「非協力」機構体制 ||| グルジア紛争2自治州独立承認問題で、ロシアのSCO覇権ならず プーチン「マケイン選挙対策でグルジア工作」とブッシュを非難 昨日のエ..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-08-30 20:15

マケインの無謀な賭け、インスタント候補セーラ・ペイリン
Excerpt:    ||| ペイリン指名はマケインの無謀な賭け ||| 安全パイの経験者よりも女性票確保を狙ったマケインの賭け 共和党系のメディア・評論家・ブログ……無謀な選択に唖然 マケインの副大統..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-08-30 20:59

見えざる対馬の危機-押さえつけられた島民の本音
Excerpt: 2、見えざる対馬の危機 (1)押さえつけられた島民の本音 今回の視察で我々は、商工会の職員から島の実態を伺うべく会合をセッティング...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-08-31 07:37

未来を背負って立つ若者へ
Excerpt: 本日で、夏休みを利用して、城内事務所にボランティアに来ていた学生さんたちが、大学に戻っていった。 手が足りない城内事務所で、ポスターを掲載したり、事務作業をしたり、様々...
Weblog: がんばれ城内実(きうちみのる)
Tracked: 2008-08-31 22:19

北京五輪の「闇」を忘れるな
Excerpt: 北京五輪の「闇」を忘れるな〈今月の主張/『明日への選択』平成20年9月号〉 http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=5..
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-09-01 06:53

福田首相辞任!
Excerpt: 今夜、福田康夫首相が辞任の意を表明しました。 いま辞意表明後の質疑応答をTVニュースで見ながら、このエントリを書いています。 これでいよいよ決戦のとき!解散総選挙となるの...
Weblog: がんばれ城内実(きうちみのる)
Tracked: 2008-09-01 21:48

サラ・ペイリンはマケインのパーフェクトストーム
Excerpt:     ||| マケインのパーフェクト・ストーム ||| マケインの安直な副大統領候補ペイリンの選択に、批判と醜聞の嵐 トルーパーゲイト、ベビーゲート、アラスカ分離独立主義者の疑惑 やは..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-09-03 14:15




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。