発売以来しばらくたつが、「沖縄とアイヌの真実」が好評を得ている。アマゾンで長い間品切れになっていたが、今は問題なくご購入できるようになった。多くの方から励ましのメールをいただいたことをここでお礼申し上げる。
そこで、ご本人のお許しを得て、沖縄の方からの一通のメールをご紹介しよう。説明は不要なので、この方のメールを虚心になって読んでいただきたい。

さて、その前に、これも読者からの情報提供なのだが、以下の新聞記事を比べてみよう。
2月12日に行われた自衛隊と米空軍の共同救助訓練の記事だ。初めは共同が配信した記事で産経新聞、北海道新聞、中日新聞に掲載された。ごく普通の客観的な記事だ。
津波被害で共同救助訓練 米空軍と空自、沖縄で
(02/12 21:01、02/12 21:30更新)
 米空軍と航空自衛隊は12日、津波により多数の島民が沖に流される被害が生じたなどとの想定で、沖縄県うるま市の浮原島訓練場で共同救助訓練を行った。訓練は1979年以降25回目で、日米の隊員約300人が参加した。
 被害発生の連絡を受け、米空軍と空自のヘリコプター、航空機が沖縄本島東方約7キロにある浮原島の沖合にゴムボートを投下。海面に降下した救難隊員が、被災者役の隊員25人をゴムボートに引き上げるなどして救出し、同島まで運んだ後にヘリで米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)に搬送した。
 視察した空自航空救難団司令の滝脇博之空将補は「通信方法や専門用語、装備品の違いを学び、能力と連携の向上を図ることができる」と意義を強調。米空軍第31救難中隊司令官のジェイソン・パイファー少佐は「今後も空自と連携を深めたい」と述べた。
ところが、この共同訓練が沖縄のメディアにかかると、こんな風に報じられる。