SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2006年01月26日

映画「拉致〜ABDUCTION 横田めぐみ物語」  日本で、なぜ、作れない?

※関連記事
横田めぐみさんの映画と北の核実験
※関連記事
元北朝鮮工作員、安明進氏の歴史的証言
※関連記事
横田早紀江さん・ブッシュ大統領面会の真実

Postcard-Front-small.jpgクリス・シェリダン氏とパティ・キム氏が2年の歳月を掛けて制作した映画、「ABDUCTION The STORY OF MEGUMI YOKOTA」がスラムダンス映画祭で上映され、大きな反響を巻き起こした。1月22日、24日の2回の上映で映画祭に訪れた観客に大きな衝撃を与えたのだが、映画祭に駆けつけた増元照明家族会事務局長が帰国した足で記者会見に臨んだ。
スラムダンス映画祭は、アメリカ・ユタ州、パークシティーで開かれていて、28日の最終日にグランプリが発表される。500作品を超える応募作為の中から、「拉致〜ABDUCTION 横田めぐみ物語」は見事9本のノミネート作品に選ばれたのだ。
「大賞を獲れればそれに越したことはないですが、9本のノミネート作品に残っただけでも凄いと思うので、これをきっかけにしてアメリカで拉致問題に関心を寄せる人が増えればいいと思っています」と増元氏は言った。



「映画はいい出来だと思いました。時系列に拉致事件を説明しているし、何も知らない人にもよく理解できると思います。ちょっと付け加えれば、被害者が生きているんだというイメージを、もう少し強調した方がいいと思ったんですが、アメリカ人に訊いてみると、生きているって分かるって言うんですよ。それと、恥ずかしかったですね」と増元氏は付け加えた。増元氏のプライベート映像や、横田滋さんが早紀江さんに怒られているシーンなどもあるという。

MEGUMI記メ会見.jpg監督のクリス・シェリダン氏とパティ・キム氏は昨年5月3日に帰国したが、帰国前日、私は彼らに長時間のインタビューをしている。彼等が拉致問題に関心を持った理由やどのような映画にするのか、けっこう立ち入った質問をした。以前も書いたことがあるが、二人が揃って主張したのは、人間のドラマにしたいということだった。
「なんで興味を持ったかと言えば、こんなに悲しい、残酷な話はないからです。怒りもあります」。綺麗な英語でパティは答えてくれた。
クリスはこう付け加えた。
「アメリカでは政治的主張が正面に出ると、どうしてもプロパガンダと受け止められてしまう、だから、このドキュメンタリー映画は徹底的に人間を描くことにしたんです。とにかく、アメリカ人に拉致事件のことを知ってもらいたい。それが、この映画の目的です」

夏ごろ、毎日徹夜で編集をしているというメールが彼から来たことがある。早く観たいのだが、もう少し我慢しなければならない。パルムドールとアカデミー脚本賞を獲ったジェーン・カンピオンがアドバイザーになるとシェリダン氏が言ってたが、エグゼクティブ・プロデューサーになっていた。
映画の概要は彼等が所属するサファリメディアのサイトで分かるし、予告編もこのページで見られるが、IEだと具合が悪い。NetScapeがない人は、電脳補完録別館のこのページでご覧下さい。

Abduction_web.jpg「拉致〜ABDUCTION 横田めぐみ物語」の日本での上映を、ぜひ、何とか実現してもらいたいのだが、なぜ、このような映画が日本で制作されないのだろうか? 日本映画界の歪な反日旧思考体質は周知のことだが、去年は、「終戦のローレライ」「戦国自衛隊」「亡国のイージス」「男たちの大和」が次々と制作され、興行的にも成功した。だが、それらの映画は脚本がどうしても逃げているところがあり、体質が変わったとは言えない。

しかも、拉致問題の映画を作るどころか「拉致問題は日本に作り上げられた物語」などと平気で朝鮮総連の機関紙のインタビューで答える監督がいるレベルなのだ。この井筒という監督は何かを受賞したらしいが、こんな感性と知性が作る映画など金を貰っても観たくない。この件は、去年の5月22日にポストしている。

※関連記事
横田めぐみさんの映画と北の核実験
※関連記事
元北朝鮮工作員、安明進氏の歴史的証言
※関連記事
横田早紀江さん・ブッシュ大統領面会の真実



posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(43) | TrackBack(35)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
西村さんへ。日本で1日も早く「拉致〜ABDUCTION横田めぐみ物語」を観たいですね。
Posted by 横田 めぐみさんを救え! at 2006年01月27日 07:59
竹島の日イベント募集とりかごさんでやっておられますがめぐみさんの映画も含め殆ど伝えてはくれないでしょう。
テレビは何とかして民放で特集で取り上げて欲しいですね(たかじんの委員会なんかで)。
親御様達の思いが世界の心ある人達に伝わればいいですね。
Posted by 五月雨祭 at 2006年01月27日 16:05
 


 ただただ、「すばらしいなあ」の一言しか出ません。

 日本で作れないのが恥ずかしいです。

 アメリカ人の方が気概がある、というか、サムライ精神を持ち合わせているようです。

 戦争に負けた後のダメな教育やプロパガンダにより日本人は骨抜きにされかかっていたのが、
 ここ十年のネットの普及などにより本当のことを知る人が増えたことで潮目が変わりつつあるものの、まだまだといったところですね。


 義を見てせざるは勇無きなり、かな。


Posted by 瑞鶴 at 2006年01月27日 19:33
森達也や井筒がいる限り無理でしょ。

いまや崔洋一が邦画界の重鎮らしいですし。
Posted by 日本では at 2006年01月28日 21:00
ドキュメンタリー部門観客賞を受賞しましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060128-00000048-mai-soci
 【パークシティー(米ユタ州)鈴木隆】北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんのドキュメンタリー映画「アブダクション(拉致) 横田めぐみ物語」が27日(日本時間28日)、当地で開催されていたスラムダンス映画祭のドキュメンタリー部門で観客賞を受賞した。監督のクリス・シェリダン、パティ・キムさん夫妻は「期待していなかったので驚いている。大変光栄です」と喜びを語った。
 同映画祭ではワールドプレミアとして2回上映され、数日前にチケットが完売になるなど、米国人の関心も高かった。同映画は今後、米クリーブランド映画祭などへの出品も決まっており、映画祭での受賞を機に米国及び日本での公開を目指す。
(毎日新聞) - 1月28日20時59分更新
Posted by milesta at 2006年01月28日 23:25
受賞したニュースすらベタ記事扱いのマスコミ、日本にまともな報道機関はあるのでしょうか?
Posted by いなかもの at 2006年01月29日 09:45
 「日本で映画化されなかったのを残念」と思いつつも「日本で映画化されなくて良かった」とも思っております。 もし、現在の日本映画界で作れば北朝鮮の名前すら作品中に出てこない中身のない作品になってしまうことでしょう。 
 
 ところで日本公開はいつになるのでしょう? この作品を見ることができるかどうか少々心配しております。 西村さんがお書きになったとおり、この国の映画業界ではパッチギなんていう日本を悪者にする作品が高い評価を受け、客の入りそうもない韓国映画がいまだにどんどん配給されている状況です。 おそらく日本での公開にはかなりの有形・無形の妨害がなされるのではないかと危惧しております。 

 「世間の拉致問題への関心は基本的に高いが、その高さに見合うだけの情報が発信されていないのでそのように感じられない」 と私は思っています。 この作品が公開されて人々に情報が行き渡りマスコミが問題を矮小化できなくなってくれればかなりの前進ができるのではないかと思います。 そのためにも一日も早い公開を(できれば今国会会期中に)望んでいます。
Posted by あ ぺぃとりおっ at 2006年01月29日 19:51
http://kenpo-9.net/

映画人9条の会が「映演労連」内にあることを思えば、当然…ダメダメだと思ったわけでして。そして日本のドキュメンタリー映画作家の方ってVAWW-NETとのつながりが出てくる方がかなりおられるのです。今更…それを言っても始まらない、それを言っちゃあお終いよ、みたいな心境があります。次世代に期待するしかない、というかよろしくよ!という感じです。
Posted by 枇杷 at 2006年01月29日 21:54
私も是非この映画を見たいです。
恐らく、普通の映画館では興業上利益が出ないことと、朝鮮人の横槍で無理と思います。
救う会が会場を借りて経費を入場料として徴収する上映が現実的では?と思います。
Posted by 笹団子 at 2006年01月29日 22:04
本当に、NHKもいつまで韓国ドラマやるんだ!と思いますね。今朝(29日)も延々と日本の高校生がワッソとかいう韓国のお祭りで太鼓をたたくための練習をやってるのを流していました。
そのくせ、昨秋の北朝鮮関連施設強制捜査のニュースは流さず、そこから出てきた機密漏洩ももちろん無視、韓半島にはもう特別の配慮ですね。
Posted by おばさん at 2006年01月30日 00:29
そう言えば、劇場公開と言われていた「チーム☆アメリカ」も何時の間にやらDVDがひっそりと発売されて、スクリーンで見る事は出来ないようですね。
Posted by ゆすき at 2006年01月30日 10:29
今月12日付けの朝刊の記事で見たのですが、井筒の映画「パッチギ」が何と日本アカデミー賞にノミネートされたそうです。
3月3日に最優秀賞が発表になるそうですが、作品賞と監督賞、それと出演した俳優二人が新人俳優賞にノミネートされていました。
老婆心ながらお知らせいたしておきます。
Posted by イチ日本人 at 2006年01月30日 15:50
「脚本が逃げている」とおっしゃっておられますが、あなたは脚本を読んだ上でそう発言されているのですか?
 出来上がった作品から「脚本のデキが〜」というのはナンセンスです。
 脚本家が書いたまま、製作されるドラマや映画なんて絶対存在しません。印刷された脚本を見て仰天する脚本家諸氏も多いと聞いています。
 「男たちの大和」については脚本家降板騒動が起こっており、「月刊シナリオ」で脚本家が怒りの告発をしております。
 余談ですが、脚本家の協会の事務局長は日本人ではありません。監督の協会も事務局に日本人ではない人が入ってます。人口の構成比から考えて、かなり高確率で日本人以外が入り込み、仕切ってるのです。これがどういう影響をもらたらしているかは、ご想像にお任せします。
Posted by 脚本家の身内を持つもの at 2006年01月30日 19:24
井筒監督のあのコメントは、拉致問題がうそだというのではなくて、歴史的に日本が朝鮮に対して何もしたことがなかったようにされている現状を違うと言ったのだと思うのですが。
金正日本人が拉致を認めているのですから、いまさら拉致事件の存在を否定することはないと思いますけど。
Posted by at 2006年01月31日 18:57
井筒監督のあのコメントは、拉致問題がうそだといったのではなく、歴史的に日本は朝鮮に対して恨みを買われるようなことを何もしたことがなかったようにされている現状について違うといったのではないでしょうか。
金正日本人が認めているのですから、いまさら拉致事件自体を否定することはないと思いますが。
Posted by at 2006年01月31日 19:07
ソースがリンク切れしているのですが。

朝鮮新報主催のウリ民族フォーラム2005より
■「夢はかなえられる」

 第2部ではまた、各分野で活躍する在日同胞たちの「MILEメッセージ」が紹介された。

 シネカノン代表取締役の李鳳宇氏と映画監督の井筒和幸氏、サッカー朝鮮ナショナルチーム代表の安英学選手(名古屋グランパスエイト)、京大博士で同大学大学院工学研究科助手の張浩徹氏、札ノ辻診療所副所長で、NPO法人エルファの副理事長である朴錫勇氏等が出演し、在日という立場は決して不利なものではなく、目標を定めその実現のために努力すれば、必ず夢はかなえられるということを強調した。
-----------------------------------

井筒って、北朝鮮系の在日だそうです。
Posted by のん at 2006年01月31日 20:08
>歴史的に日本は朝鮮に対して恨みを買われるようなことを何もしたことがなかったようにされている現状について違うといったのではないでしょうか>

どういうことを言われてるのでしょうか?
もううんざりするほど日本だけが悪かったと聞かされ、謝らされてきましたよね、いや、今現在も。
それに(西欧列強の植民地政策ではありえない)、経済協力という名目で当時の日本にとっては破格の金額の援助も韓国との国交正常化時にしましたよね。
Posted by at 2006年01月31日 20:26
川原乞食や幻燈屋が何考えても大事無い。
隣国のキチガイ大統領や、謀略政治家どもの発言なら、気にもなるが・・・
まあ、マスコミ−芸能−ギョーカイは、まだまだ左巻き、売国奴の影響から脱していないのですね。瓦版屋や株屋や金貸しなど、人をだまくらかすのが本業なんだから、最初から、そー思って見るのがよろしい。
Posted by ニート at 2006年02月01日 00:01
なんとか進展しますかねぇ、今年こそは
Posted by 名無し at 2006年02月02日 01:49
>この井筒という監督は何かを受賞したらしいが、こんな感性と知性が作る映画など金を貰っても観たくない。この件は、去年の5月22日にポストしている。

全くだ。NHKの寒流押し付けと共に、頭にくる。続編も作られるそうだが、一体誰が見に行くのだろう?私の知る限りは、パッチギなる映画は限定公開だったと聞く(全国公開ではまず無理)ので、そうなるとやはり...(以下略。ここに来られる方なら、後に続く言葉はお分かりでしょう)
Posted by at 2006年02月02日 05:57
「パッチギ!」は興行的にはコケたと言ってもいい作品です。
つまり大衆的は全然ヒットしなかった。
にも関わらず、一部の業界からは絶賛の嵐。
もちろんヒットしたからいい映画とは限りませんが、興行的にこれだけ注目されなかった作品が各種の映画際で絶賛されてるのを見ると、評論家筋には受けているのでしょうが、不自然な印象も拭えません。

観た感想でいくと、私自身はつまらなかった。
ヒットしないのは当然だなと。団塊の世代当たりには共感されるかなとも思いました。
その世代に共感されそうな要素が散りばめられていたので。歴史の事実でねじ曲げられてる点も多々あったのでシラケましたね。
映画界が左翼に牛耳られていることが長年の日本映画界の停滞につながってますね。
Posted by 石村 at 2006年02月02日 16:39
「歴史的に日本は朝鮮に対して恨みを買われるようなことを何もしたことがなかったようにされている現状について違うといったのではないでしょうか」
日本が負けてから朝鮮人が言い出したことであって併合時の朝鮮人は日本人であることに苦痛を感じてたとは思えないのですが。
それこそ陸軍中将や内地ではあるが国会議員になった朝鮮人もいたそうですから、ずいぶん「過酷」な植民地経営だったんですな
Posted by at 2006年02月02日 16:52
今朝の朝日の社説
> 寛仁さま 発言はもう控えては
> http://www.asahi.com/paper/editorial.html#syasetu1
もともと皇室に敬意を示さない朝日新聞ですが、
自分らの女系天皇容認を推し進め、つまるところ皇室を崩壊させたいとの思惑が見え隠れしていますね。
三笠宮殿下に、発言するな、とは....。
Posted by おばさん at 2006年02月03日 00:29
女系などと、まやかしの造語は使うべきではないですね。なにか、新しい系統が出来るかのように錯覚しますが、今、小泉政権が出そうとしている法案は、皇室廃絶案ですよ。
Posted by nanashi at 2006年02月03日 00:46
拉致事件についてもそうですが、皇室典範改正の問題についても、マスゴミや政財界と、我々市井の人間とでは、日本人としての感性に大分差がありそうな気がします。

 その日本人の感性を体現してくれる希な政治家だと感じてた小泉さんには、上記の2件の対応を見ていて、心の底から失望しました。

 日本には真性の保守政治家なんていないんじゃ無いだろうか、と心配になってきました、頼むぜ、麻生さん、安倍ちゃん。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2006年02月03日 02:58
日本のことを 考えない人たちが 役人をしていたら 日本は 滅びるよ
http://www.geocities.jp/ariradne/cb.html
Posted by 義 at 2006年02月04日 19:41
正直、情けない話ですがこの数年拉致問題がクローズアップされるまで、「へー」くらいにしか思わなかった自分が、このAbductionの映画が作られた、と言うことを聞いて恥ずかしくなりました。

日本のいいところは(悪いところ?)宗教観があまりなく、ひいては「宗教戦争」は起こりにくい、ただ対外的にはいいカモとおもわれていない?と感じています。

政治には疎いです。
でも、Livedoorだー、Huserだー、と騒ぐ真枝にキッチリ解決して欲しいと思います。

なんか趣旨外れてすいません。
Posted by chandler at 2006年02月05日 10:30
>石村さん おっしゃる通りだと思います。
わたしは団塊と団塊ジュニアの狭間世代なんで、当時の雰囲気が懐かしく「パッチギ!」は面白かったですよ。題名は「チョーパン!」にした方がわかりやすくて良かったと思うけど。(笑)

当時、修学旅行で地方に行くと、地元の朝鮮高校の奴らが待ち構えていました。遠巻きに囲んでいるので、気の弱い奴はバスから降りられない。日本の高校生が朝鮮高校の女子生徒に絡む、なんて前フリは無かったけど、他はまさに映画の通りです。怖かったですよ。(笑)
平和教育の影響は強いが、近代史には無知で、在日に漠然とした罪悪感を持っている。それが当時の平均的な日本の若者だったと思います。
在日の老人から“日本でいかに酷い扱いを受けてきたか”なんて話を聞くと、あの映画のように、殆ど無批判に信じ込んでしまう。それが誇張・歪曲された嘘八百とは考えもしないでね。

井筒監督は、時代の真実にもっとらしい嘘を混ぜて、確信犯的な印象操作をやってますね。
当時を体験していると懐かしさだけで見てしまい、嘘の部分は話を盛り上げるための脚色としか感じないのです。
当時を知らない世代とは、見る視点が明らかに違いますね。
Posted by かおる at 2006年02月06日 13:34
小泉首相の父親、在日朝鮮人の北朝鮮送還事業を主導」
 日本の小泉純一郎首相の父親で自民党所属の国会議員だった小泉純也氏(1969年死去)が1950年代末、在日朝鮮人の北朝鮮送還事業に中心的な役割を果たしていたことがわかった。
 在日朝鮮人の北朝鮮送還事業は、1959年末から1984年まで、計9万3340人の在日朝鮮人が「地上の楽園」というふれこみで、北朝鮮に送還された事件だ。当時、日本では韓国政府の激しい反発にもかかわらず、政界と文化界など各分野の要人が名を連ねる「在日朝鮮人帰国協力会」が1958年11月17日に結成され、在日朝鮮人の北朝鮮送還支援活動に乗り出した。
 その後、北朝鮮に送還された在日朝鮮人たちは、「不穏分子」「親日」「日帝のスパイ」などと濡れ衣を着せられ、弾圧された。そのうちの多くが強制労動収容所に収容させられ、消息を絶った。
 小泉首相の父である純也氏は当時、自民党の国会議員でありながら「在日朝鮮人の帰国協力会」の代表委員に就任し、在日朝鮮人の北朝鮮送還のため積極的に活動したことが確認された。
 小泉首相の父親のこのような過去は、2002年の小泉首相の訪朝以後、日本の会員制雑誌である『インサイドライン』の発行人、歳川隆雄さん(58)の追跡取材によって明らかになった。
 歳川さんは20日、本社の記者に会い「小泉首相の父親が、在日朝鮮人の北朝鮮送還の中心人物だったことは、小泉首相にとって最大のタブー」とし、「靖国神社参拜にこだわる小泉首相の姿勢と一見、矛盾するかのように見えるが、日朝国交正常化にこだわっている理由も父親の政治的背景と決して無縁ではない」と主張した。
 歳川さんによると、在日朝鮮人帰国協力会は、共産党と社会党の影響力が強かった「日朝協会」の主導によって結成され、日朝協会の山口熊一会長、自民党の小泉純也議員、岩本信行議員の3人が代表委員を務めた。
 歳川さんは、小泉首相の父親が在日朝鮮人の北朝鮮送還に積極的だった理由について「当時、純也氏の選挙区である神奈川3区に多数の在日朝鮮人が居住している川崎市が含まれていたためと推定している」とし、「冷戦の真最中だった当時、自民党議員の身分で社会党や共産党と超党派の会合を開くこと自体が異例だった」と述べた。
 当時の毎日新聞は、自民党議員が在日朝鮮人の北朝鮮送還を推進する団体に加わったことについて、韓日国交樹立を進める岸(岸信介)内閣とは関係のない個人レベルの活動だと報じた。
 歳川さんは2002年に小泉首相が訪朝した直後、自分が発行する雑誌でこの事実を報じたが、注目を集めることができず、また放送に出演した際にこの事実に触れたことで司会者から制止されたこともあると明らかにした。
 また歳川さんは、小泉首相の父親である純也氏が、1930年代に朝鮮総督府で事務官として働いたこともあったと述べた。純也氏は、総督府に勤務していた当時、小泉又次郎郵政長官と知り合いになり、その後小泉逓信(郵政)大臣の娘婿になって選挙区まで受け継いだ。
東京=鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)特派員khjung@chosun.com

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/10/20/20051020000042.html
まさかこのことで制裁をしないのではないでしょうね「。
Posted by dすけ at 2006年02月07日 07:19
dすけ氏へ。まさかこのことで制裁をしないのではないでしょうね。>そうだと思いますが、何か?経済制裁をしないと言うより、何らかの理由で出来ないのでは?
Posted by 北〇ョン撲滅同盟 at 2006年02月07日 10:47
>歴史的に日本は朝鮮に対して恨みを買われるようなことを何もしたことがなかったようにされている現状について違うといったのではないでしょうか>

朝鮮新報〈トーク朝・日のいま〉
「パッチギ!」で「在日」描いた井筒和幸さん(映画監督)
http://210.145.168.243/sinboj/j-2005/06/0506j0518-00001.htm

「英国人はアイルランド問題について関心が高く、いつも熱く語り合っている。ところが、日本人は政府も含めて、朝鮮問題について長い間全然意識もせずにいた。当然、朝鮮を植民地にして、分断の根本原因を作ったことにも目を背けてきた。なのに拉致問題をきっかけに『ある日、平和な日本から人が北に連れ去られた』という物語を作り上げ、日々それを塗り替え、あげくに国交交渉どころか、経済制裁論にまでエスカレートさせてしまった」
Posted by ラリホー at 2006年02月09日 13:12
↑ こんなこと言ってたんですか、井筒和幸ってとんでもない人ですね。
Posted by at 2006年02月09日 22:18
クリスさんとパティさんがHPで、この映画を取り上げるテレビやラジオ番組等の紹介をしてくださっています。
http://abductionfilm.blogspot.com/

今アップされている情報では

2月12日(日)午前8時 U.S. Eastern Time
カナダCBCラジオでお二人へのインタビューがあるそうです。以下のサイトにアクセスして聴くことも出来るようです。
http://www.cbc.ca/allinaweekend/anna.html

CNNでは日朝に関する番組(日朝会談のニュースか?)の中で、この映画が流れたようです。
Posted by milesta at 2006年02月10日 12:32
男たちの大和ロングラン決定して海外でも上映されるみたいですね。
売れるから良いとは申しませんがいい加減人が足を運ぶ現実を踏まえる事を現在の連中が引退される頃までには映画界の人は考えて欲しいと思います。
Posted by 五月雨祭 at 2006年02月10日 15:56
英国BBCの報道
ttp://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/f1b57ba56a351e7f3930d83bb4800c51

日本の偏屈な皇室の中の保守派は奇跡の妊娠に大喜びに違いない。

1965年以来皇室には男子後継者が一人も生まれず、
改正指示者達はこの議論の勝利をほぼ確実にしていた。

しかし紀子妃の妊娠は少なくともこのプロセスを一時中止し、
それどころか、もし彼女が男の子を生めば、しばらく止められてしまうのだ。

紀子妃の(未だ最も初期の段階の)妊娠のニュースは、恐らく、
皇室のメンバーからリークされたのだ。

情報源が余りにも早く発表するというリスクを喜んでとったという事実は、
後継者法の議論を崩すのに皇室当局の一部がどれほど必死かを
示しているかもしれない。

日本のような男性優位社会では、改正反対が女性に力を与える事への
恐れに根ざしている、と容易に推測できる。

しかし、これは日本が永久にこの議論を避けられるという事を意味していない。

「この男の子が何かの事故で死んだ場合、彼らは未だその次の手を考えていない」
Posted by 反日BBCが対皇室テロ教唆? at 2006年02月10日 22:58
>五月雨祭 様

>売れるから良いとは申しませんがいい加減人が足を運ぶ現実を踏まえる事を現在の連中が引退される頃までには映画界の人は考えて欲しいと思います。

そうですよね。ただまあ、マスゴミだけでなく、映画会社もあまりにも韓国ものを全国公開するなど、やたらと優遇しすぎですよ。

少なくとも、韓国でも、日本同様外国映画の参入規制を台湾・日本並みにしてから、全国公開が筋ですよ。

最低限、以下の交渉が決着してからにして欲しいですな。

&&&&&&&&&&&&&&&&

カンヌ受賞俳優が勲章返還 韓国映画保護変更に抗議
 【ソウル7日共同】2004年のカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した「オールド・ボーイ」に主演し、韓国政府から文化勲章を授与された俳優チェ・ミンシクさんが7日、韓国の映画産業を保護する「スクリーンクオータ制」の緩和方針に抗議、文化観光省に勲章を返還した。
 チェさんは同省を訪れた後、ソウル市中心部で6日の俳優チャン・ドンゴンさんに続き、「スクリーンクオータがなかったら、『オールド・ボーイ』もなかった」と書いた看板を前に“1人デモ”を決行。「文化主権を踏みにじる国の文化勲章は価値がない」と批判、同制度の維持を訴えた。
[ 2月7日17時23分 更新 ]

http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20060207-00000199-kyodo-ent
&&&&&&&&&&&&&&&&

外国には散々自国の映画売りつけて、韓国には外国の映画は入れないなんて、虫が良すぎる。私はもう韓国映画など見たくない、せめて全国公開で押し付けるのはもうやめてくれ、と映画会社にメールしている。本当に、なんで韓国モノばかり優遇するのだろう?

HMVのランキング見ても、DVDが売れているわけでもないのに...

&&&&&&&&&&&&&&&&&&

TV&映画総合 新作

トップ200 日付別


1 DVD チャーリーとチョコレート工場
Movie

新譜 限定盤 DVD (2 DVD) 発売日: 2006年02月03日

¥3,980
¥3,184

2 DVD チャーリーとチョコレート工場
Movie

新譜 限定盤 DVD 発売日: 2006年02月03日

¥2,980
¥2,384

3 DVD ブリジットジョーンズの日記: きれ そうなわたしの12か月
Movie

リイシュー 限定盤 DVD 発売日: 2005年12月23日

¥980
¥783

4 DVD ブリジットジョーンズの日記
Movie

リイシュー 限定盤 DVD 発売日: 2005年12月23日

¥980
¥783

5 DVD レイ
Movie

リイシュー 限定盤 DVD 発売日: 2005年11月25日

¥980
¥783

6 DVD 華流旋風: 言承旭ジェリー イェン In封面人物
Tv

新譜 DVD 発売日: 2006年02月03日

¥5,040
¥4,032

7 DVD ショーシャンクの空に
Movie

リイシュー 限定盤 DVD 発売日: 2006年01月27日

¥1,500
¥1,200

8 DVD F4 Film Collection: マジック キッチン - バレンタイン Box
F4

新譜 限定盤 DVD (2 DVD) 発売日: 2006年02月03日

¥6,980

9 DVD 内村プロデュース: 創世紀: あの頃キミは若かった!!
Tv

新譜 DVD 発売日: 2006年01月18日

¥3,990

10 DVD パイレーツ オブ カリビアン: 呪われた海賊たち
Movie

リイシュー DVD 発売日: 2005年12月21日

¥1,500

http://www.hmv.co.jp/justout/list.asp?list=&category=2&genre=0&style=0

&&&&&&&&&&&&&&&&&&

上記10位にも来ないような韓国映画がなぜブームなのだ??

もういい加減にして欲しい!!












Posted by at 2006年02月11日 11:18
>(名前分からないので)↑さん
レス有難うございます。
嫌韓流の時もそうですがランキング操作酷すぎますね。
子供の方がインターネットに詳しいから直ぐばれる工作しても嘲笑受けるだけなのに懲りないですね。
竹島の日の時もこの調子で下らないマッチポンプするのでしょう。
自分は都合で行けませんが行かれる方は頑張って下さい。
応援しています。
Posted by 五月雨祭 at 2006年02月12日 18:51
素朴な疑問ですが、かつて米ソ冷戦時代に日本の国会議員、特に当時自民党の浜田 幸一らがw声高に『ソ連の脅威』なるものを叫びましたがwところが『北朝鮮の脅威』を主張する☆国会議員がいなかったのは★何故でしょうか?
Posted by NANA氏 at 2006年02月15日 14:09
読売:谷口充恵容疑者(34)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060217it04.htm?from=top

朝日:谷口充恵容疑者(34)
http://www.asahi.com/national/update/0217/TKY200602170159.html

産経:報道待ち

日経:鄭永善容疑者(34)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060217NT000Y76517022006.html

毎日:谷口充恵容疑者(34)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060217k0000e040033000c.html

TBS:谷口充恵こと、鄭永善容疑者(34)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3228272.html

共同:鄭永善容疑者(34)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH
Posted by 長浜幼児二名殺害 at 2006年02月17日 12:43
Posted by 北朝鮮の独裁者を許さない at 2006年02月17日 20:38
高校生である自分も友人とパッチギをみました。当時はまったくの無知で友人とともに「感動した」などと言い合っていました。
しかし、去年、父親のとある話を聞き、テレビ等の報道に疑問を持ち、ネットで殿下のブログに出会い、そこから西村さんや多くの方々のブログに出会っていろいろなことを知りました。今考えると当時の自分がすこし恥ずかしく感じます。
昔から新聞は読むべきだと言われ、テレビの報道を信じていいものだと思ってきたのに、この有様では何を信じていいものやら・・・。知ろうとしない限り本当のことを知れなくなってしまっているこの国で生きてくには確かな情報を見極めていかなければいけないみたいですね。少なからずいるであろう何も知らない若い人たちも自分から日本の現状に興味を持ち、知ろうとすべきだと思いました。知識の浅い若輩者ですがコメントさせていただきました。
Posted by ジョン at 2006年02月20日 15:29
意外な事に、街中で様々な人に拉致問題について尋ねてみても、
まだまだ関心の薄い人が多いようで、残念に思います。
ブルーリボンも、やはり知らない人は知らないみたいで……
私一人では世論を大きく動かすことはできませんが、
せめて碁盤の碁石の如く、まわりにいる人物には影響を及ぼせるように、できる限り声を上げていきます。

ところで、いわゆる左派系の人々も、拉致問題解決を目指して集会を開くようです。
とりあえず通報いたします。

2月24日・午後6時より、竹橋の日本教育会館において、
「拉致問題と過去の清算」というイベントを開催するようです。
主催は「日朝国交促進国民協会」という団体です。
賠償金の獲得、という下心はありそうですが、
問題解決に向けた動きが左派においても起こっている事に、少々驚きました・・・
Posted by いち閲覧者 at 2006年02月21日 00:30
西村幸祐 様

はじめまして。 須藤 久 と申します。

映画「狭山の黒い雨」「斬殺せよ!〜切なきもの、それは愛(2.26事件)」等を監督し、「祖国を護るとはどういうことか」その他の評論があります。

北朝鮮拉致事件の解決が遅々として進まない状況下で、被害者やその家族の方々のことを思うと、私もいてもたってもいられず、「特定失踪者問題調査会」の荒木代表とスクラムを組んで、拉致映画を製作することを決意しました。
横田滋さんの了承も得、現在、私の故郷下関と東京を往復しながら、準備を進めています。

映画製作には莫大な資金が必要です。
正直申し上げて、製作資金の一部として、賛同者の方々からカンパがいただけると大変助かります。
そこで、会計報告ができ、全国の方々にカンパをお願いできる、ダイヤルQ2を設置しました。

NTTのダイヤルQ2の許可がなかなか下りず、決意からここまで1年以上が経過してしまいました。
詳細は、HP(http://members2.jcom.home.ne.jp/kouzanji/ 独自ドメイン取得手続中)に記載しています。
是非、御覧いただき、貴サイトにリンクを張っていただけると大変有難いです。(できれば、ダイヤルQ2にもご協力ください。)

 ご検討、よろしくお願いします。

  須藤 久
Posted by 須藤 久 at 2006年07月27日 14:36
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


西村幸祐さん2
Excerpt: 前回は2005.10.27のエントリーを、 見ていただけると助かります。 本日、久しぶりに西村さんとお会いしました。 5〜6年前、一緒にある謎の組織と 戦っていた頃の話や、 これから..
Weblog: 或る編集者のオケラ日記
Tracked: 2006-01-27 07:07

皇室典範改正、自民党内で異論続出 女系天皇に懸念
Excerpt: 皇室典範改正、自民党内で異論続出 女系天皇に懸念(産経新聞 1/26) 女性、女系天皇を容認する皇室典範改正案への対応をめぐり自民党内で反対、慎重論が続出している。小泉純??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-01-27 10:55

皇室典範改悪阻止への潮流−小泉首相を翻意させよう
Excerpt: なるべくなら、党内での議論のうちにつぶしたいものです。 僕も自分の選挙区の議員であるこの人に凸予定。 幸いな事に靖国参拝賛成派なので期待できる、かな?
Weblog: 涼風庵(女系天皇制の国会通過を阻止せよ!)
Tracked: 2006-01-27 11:42

1/19 東京集会14 増元照明さん
Excerpt: あおいのママとパパは昨夜、芝公園の友愛会館で行われた「よど号犯人と拉致・東京連続集会14」に参加してまいりました。レポートは後ほど書きたいと思っています。増元さんは「スラムダンス映画祭」に参加の..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2006-01-27 13:37

北朝鮮拉致問題も外圧頼みにしないとダメなのか
Excerpt: 喜ばしいことのようにも思うし、情けないことのようにも思う。北朝鮮による横田めぐみさん拉致に関しての映画のニュース。
Weblog: 脳無しの呟き
Tracked: 2006-01-28 03:12

あきれた首相発言−やっぱり女系天皇と女性天皇を峻別できていないかった
Excerpt: 皇室典範改正案、首相が党内調整を指示(読売新聞 1/28) 小泉首相は27日、首相官邸で自民党の武部幹事長と会い、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案の今国会提出に向け、党??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-01-28 06:09

名護市での左翼の謀略とはー沖縄米軍基地問題
Excerpt: 日本会議メールマガを転送しますのでご参照いただければ幸いです。 世界的な米軍再編問題の中で、我が国の米軍基地の整理・移転問題が日米間でも議論になっています。具体的には、??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-01-29 18:34

ジェンダー思想に蝕まれる子どもたち--福岡教育連盟シンポに参加して
Excerpt: 今日、福岡市の福岡サンパレスで福岡教育連盟主催で「ジェンダー思想に蝕まれる子どもたち」と題したシンポジウムが開かれました。 登壇されたのは山谷えり子内閣府政務官(参議院??
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-01-30 00:37

数学者が語る日本の国柄ー藤原正彦氏
Excerpt: 万世一系の美しい形に手を加えるなど、数学者としての美感が耐えられない。 お茶の水女子大学教授 藤原正彦 ■プロフィール ふじわら まさひこ 昭和十八年満州生まれ。数学者、エ??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-01-30 18:48

★ トンデモ朱子学講座 小倉紀蔵 『歴史認識を乗り越える』 ...
Excerpt: どのように、韓国や中国の歴史認識と向きあうべきなのか。「新書読み」なる趣味をもっていると、どんなに注意深く本屋でセレクトしたつもりでも、しばしば地雷を踏んでしまう。「しまった!!ゴミ本にあたった!」「..
Weblog: 書評日記  パペッティア通信
Tracked: 2006-01-30 22:06

「革新」の時代から「改革」の時代へ1〜日本の左翼の異質性〜
Excerpt: 日本の左翼勢力の異質性。 「左翼」って言うのも難なので「リベラル派」という言葉に変えさせてもらいます。 何で日本の「リベラル派」は未だに反米・親中といったイデオロギーにとらわれているのでしょう。 ..
Weblog: ChoO−ChoO BLOG
Tracked: 2006-01-31 02:38

映画『拉致〜横田めぐみ物語』の日本上映を望みたい
Excerpt: 先日ニュースを見たらアメリカで北朝鮮による日本人拉致問題を特集で取り上げたところ大変な反響だったらしい(番組名は忘れましたが結構有名な番組でした)。 何よりも「誘拐事件は多いがこの事件が特殊なのが犯..
Weblog: とろとろですとろん
Tracked: 2006-02-02 12:42

映画『拉致〜横田めぐみ物語』が米国映画祭観客賞受賞!!
Excerpt: 以前お伝えしましたドキュメント映画『拉致〜横田めぐみ物語』が夕方のフジ系ニュース番組によりますと上映されたユタ州スラムダンス映画祭にて観客賞を受賞したそうです。 この映画で多くの観客が始めて北朝..
Weblog: とろとろですとろん
Tracked: 2006-02-02 12:47

民主党内に皇室典範改定を慎重に考える会が設立
Excerpt: 本日、午前11時、民主党内で皇室典範改正を慎重に考える会(仮称)の第1回設立総会が櫻井よしこ氏をお招きして開催されました。 発起人30名の下、現在50名が賛同していると??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-03 14:04

拉致は金正日の直接の指示――。元工作員が供述していた!!
Excerpt: 昨日までの数日間に、北朝鮮による日本人拉致問題について、 いくつかの、極めて重要な情報が、NHK、その他で報道された。 その最大のものは、原敕晁さん、横田めぐみさんらの拉致の実行犯とされ、 ..
Weblog: 週刊!Tomorrow's Way
Tracked: 2006-02-03 17:10

6割が女性・女系天皇違い分からない−日本テレビ世論調査
Excerpt: 日本テレビが皇室典範改定問題での世論調査を1月に発表しました。 それによると、 ●女性・女系天皇の違いについての調査に対して、 知っている 36.7% 知らない  53.2??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-04 12:42

朝鮮総連の施設に対する免税取りやめー救う会熊本
Excerpt: 日本会議メールマガを転送しますのでご参照いただければ幸いです 北朝鮮の拉致問題に関連して、家族会は、「経済制裁の発動」を政府に要望しています。圧力なくして、北朝鮮は交渉??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-05 08:46

拉致問題はとげ?--西日本新聞社説に疑問
Excerpt: 先週木曜に福岡高裁で朝鮮総連の関連施設への課税の減免措置を違法とする判決を出しました。 ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2005.02.03 これまで長い間、朝鮮総連はタブーでした
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-06 22:38

皆戦闘体勢に入れ!(韓国ビザ免除恒久化)
Excerpt: ついにこの日がやってきた! −−−−−−−−−−−−−−引用−−−−−−−−−−−−−− 今後、韓国人が観光または業務上の出張で日本へ行く場合、90日間はビザが免除される。
Weblog: あきログ
Tracked: 2006-02-07 01:37

秋篠宮紀子さま御懐妊を慶ぶ
Excerpt: 今日、午後2時過ぎ喜ばしいニュースが飛び込んできました。 秋篠宮妃紀子さまがご懐妊されたという思わぬ一報でした。 同時刻、参議院予算委員会が開かれていました。小泉首相も予
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-08 19:39

沈静化に「女系天皇」浸透狙う小泉首相−今国会期間中での継続審議の模索も
Excerpt: 読売新聞や産経新聞では、皇室典範改定国会提出断念の記事が踊っていますが、真相はそうではありません。朝日新聞は断念の文言はなく、毎日新聞では、「首相、長期戦に転換」の大見出
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-10 11:44

不遜な動きをする官邸と宮内庁幹部(修正)
Excerpt: 今朝の新聞各紙で皇室典範改正見送りという見出しが踊っていますが、メタモさんのブログでも取り上げられているように微妙にニュアンスの違いが見られ、反対派を油断させる作戦の可能
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-10 12:11

明日は紀元節--アクロス福岡での奉祝行事に御参加を
Excerpt: 明日は建国記念の日、紀元節です。 全国各地で奉祝行事が開かれますが、今年は皇室典範の改正問題や秋篠宮紀子さまのご懐妊などもあり、皇室への関心が高まっていると思います。 こ
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-10 23:50

「今国会提出断念」報道に対する見解−皇室典範改正案
Excerpt: 日本会議国民運動通信144号を転送します。 ―「皇室の伝統」の危機は何ら克服されていない 1.「今国会提出」の動きを政府は止めていない 2月7日の秋篠宮妃紀子さまのご懐
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-11 05:38

北朝鮮人権法案を成立させよ
Excerpt: 南木 隆治様の情報を転送いたします。ご参照いただければ幸いです。 先日の会談が決裂したことで、北朝鮮に対する経済制裁は必至になりました。 すでに遅きに失しているが、私は??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-14 07:45

利益のために国を売るのか
Excerpt: ホリエモンよりこっちの方が重大だと思いますがいかがですか?
Weblog: Tommy Be Splendorous! Standard Edition
Tracked: 2006-02-14 18:10

竹田の宮さまのブログ
Excerpt: やっとバナーをリンクの下に張ることができました。作業に何日もかかってしまうとはorz ともあれ満足、満足♪笑 ついでの愚痴になりますが、最近憂鬱なことが多いです。 まっなめ
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-15 00:20

読者の皆様へお願い
Excerpt: 熊本市が上告を決めたようです。 また改めてこの件は書きたいと思います。 ところで、このブログも1年と2ヶ月が過ぎました。 読者の方も増え続けていますが、それに伴い直接、??
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-16 11:39

橋本元首相 皇族の意見聴かず非礼
Excerpt: 本日の産経新聞がスクープ記事を掲載していますので、転載します。   平成9年から、内閣官房で皇室典範改正問題が討議されていたことはこれまでも指摘されていましたが、実は、平成1
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-17 15:08

安倍官房長官が教育基本法改正実現に意欲
Excerpt: 長年の懸案であった教育基本法の改正が動き出しました。   昨日、安倍官房長官が、教育基本法を今国会に提出し、成立させるとの見通しを明言したのです。しかも、「国を愛する心」??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-19 12:54

外国人参政権再浮上--異例の公明党幹事長の自民部会出席
Excerpt: 先週自民党の選挙制度調査会に公明党の冬柴幹事長が出席して永住外国人参政権の意義を展開したというニュースが報じられました。 http://www.komei.or.jp/news/daily/20..
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-20 01:04

さあ あなたも武道館へ
Excerpt: 今、皇室典範の改定で二千年の皇室の伝統が断絶しようとしています。 先人たちが守り伝えた万世一系の皇室は世界の宝です。この誇り高い伝統を私たちの英知と努力で守りぬきましょう??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-20 11:42

いわゆる、無党派層と自認しつつ・・・
Excerpt: 私は、自分のことをいわゆる、無党派層と自認しているのですが、この本は、実に考えさ
Weblog: RSD友の会
Tracked: 2006-04-09 15:42

博士の分析・横田めぐみさんの写真
Excerpt:  メディア訪朝団(NHK,TBS、テレビ東京,読売新聞,朝日新聞,共同通信)が工作員から見せられた(6日)という横田めぐみさんの写真を公開した。移動中であったが、写真にうるさい筆者も分析。2枚とも出来..
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2006-08-05 09:16

米ドキュメンタリー映画「拉致 横田めぐみストーリー」が上映
Excerpt: 北朝鮮による日本人拉致事件をテーマにした米ドキュメンタリー映画「拉致 横田めぐみストーリー」が18日から、ハリウッドの映画館で封切られます。 同作品を制作、監督したのはクリス・シェリダン、パティ・キム..
Weblog: クリエイティブ
Tracked: 2006-09-19 13:23




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。