8月11日、観光の参拝客を装って靖国神社を台湾人の一向が訪れた。有名な反日活動家、高金素梅に率いられた50名ほどが拝殿前まで進み、大声を挙げてスローガンを叫び出し、大慌ての神職、警備員に暴行を働き、一時期拝殿前を占拠した。中には拝殿によじ登ろうとする者まで現れ、必死に制止する神職を突き飛ばし、怪我を負わせた。神職の方が負傷した様子は、動画サイトにUPされた偶然居合わせた方の撮った携帯動画で見ることができる。

▼この動画に神職が負傷する瞬間も撮影された


もちろん、元タレントの立法院議員、高金素梅は台湾人のマジョリティではない。北京の工作員とも言える人物だ。今回の来日には民主党と連立を組む予定の社民党が大きく関与している疑いもある。