SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2006年02月20日

拉致問題と正常性バイアス

1月23日のNHKニュース 2.jpg拉致問題を考えるとき、無意識の内に私たちが袋小路に追い込まれていることを自覚しなければならない。「正常性バイアス」という言葉がある。異常な刺激に対して、慌てないように抑制して対応することを指すのだが、異常なことなのに異常だと思わないことで、精神の安定を保とうという働きをしてしまうことになる。9,17の衝撃はもう3年半前の出来事で、怒りも衝撃も薄れてきたと考えがちだが、そうではなく、北朝鮮からのメッセージがどれだけ異常なものでも、それが繰り返されると、正常なものであって欲しいと思う気持ちが働くから、衝撃も怒りも薄れたように感じられるのかも知れない。

正常であって欲しいという「正常性バイアス」が、物事の判断を狂わすことがあるのだ。環境問題に置き換えれば、分かりやすい。珊瑚礁の一部が白色化してきても、ヒトデが増えてきても、ごみが流れ着いても、この海は大丈夫だろうと思ってしまうことと同じなのだ。すなわち、私たちは、1月後半の日朝協議でも、贋遺骨を返せとか同じことを繰り返す北朝鮮に対し、「正常性バイアス」を排除しなければならない。
だから、北朝鮮が「日朝包括協議、日本は『不誠実』と初論評」と言ったという滑稽なニュースが報じられても、滑稽だと思わず、異常な事態だと思い続けなければならない。
北朝鮮:日朝包括協議、日本は「不誠実」と初論評

【北京・西岡省二】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は20日、今月上旬の日朝包括並行協議に関する初めての論評を発表し、「3年ぶりに再開した今回の政府間会談が、再び突破口を開けない状態で幕を下ろしたのは、全面的に日本の不誠実な立場のためである」と批判した。
 また、安倍晋三官房長官らが北朝鮮への圧力や制裁に言及していることに触れ、「過去の清算を回避し、政治的人気を高めようとする極右保守勢力の卑劣な本心だ」と非難した。
毎日新聞 2006年2月20日 19時45分 (最終更新時間 2月20日 20時40分)
これは、明らかに安倍官房長官や麻生外務大臣が、何度か制裁を匂わす発言を続けているから出てきた反応なのだ。

2月19日、家族会、救う会は幹事会を開き、幾つかの新しい姿勢を見せてくれた。
「国交正常化交渉が開かれたが、結局、拉致問題にまったく進展がなかった。制裁ということも持ち上がってきているので、今年は何か動く可能性も出てきた」と横田滋さんが述べたのだが、昨年末に緊急入院をし、生死の境を彷徨った横田滋さんだからこそ、正常性バイアスを避けて発言できた内容なのかも知れない。
よど号犯の妻を
よど号妻の告訴は24日に 国際社会への働き掛け強化

 北朝鮮による拉致被害者家族会と支援団体「救う会」は19日、東京都内で会合を開き、被害者の早期救出を訴えるため、国連など国際社会への働き掛けを強化するほか、6月までに東京都内で大規模な集会を開催することを決めた。
 拉致被害者、松木薫さんの親族によるよど号ハイジャック事件メンバーの妻2人の告訴は、24日に警視庁に対し行う予定で、容疑の罪名などを最終調整していることを明らかにした。
 救う会によると、4月に家族会や救う会のメンバーが訪米し、国連や米国議会関係者に解決に向けた協力を要請する。また5月にノルウェーで開催予定の北朝鮮の人権問題に関する国際会議にも参加の予定という。(共同)(02/19 18:43)
http://www.sankei.co.jp/news/060219/sha050.htm
手付かずだった「よど号ルート」の拉致について、家族会・救う会が能動的に動くのは賛成だし手助けしたいが、そもそも、これまで帰国した「よど号妻」に対し、わが国は旅券法違反という微罪でしか取調べできない欠陥を抱えていることが問題なのだ。スパイ防止法もないから、まともな取調べもできない現状は、先日の自衛隊の地対空ミサイルの機密漏洩に関わった三菱電機や三菱総研や、支那へのヘリコプター輸出で取調べを受けているヤマハ発動機が、やすやすと敵の工作機関にやられることに繋がっている。

9条マガジン.bmpこの件の正常性バイアスを排するには、憲法9条という呪縛を取っ払って考えれば、新しい視界が開けてくる。そういう意味で、今週の金曜日、2月24日に戦略情報研究所が開催する、「自衛隊による拉致被害者救出のシミュレーション」という佐藤守氏の講演会は、素晴らしい企画なのである。この61年間、日本人が忘れていた、いや、忘れさせられていた(奪われていた)軍事オプションの存在を、初めて私たちは視野に入れることが可能になるからだ。

これまで荒木和博氏は何度も言及しているし、私自身も何度も書いて来たことで、憲法9条の呪縛があっても個別的自衛権を行使すればいいので、軍事力による拉致被害者奪還作戦を真剣に検討する時期はとっくに来ているはずだったのだ。つまり、これも、拉致問題の正常性バイアスを破壊できる方法論だ。軍事オプションを検討するだけで、新しいツールになる。

※右サイドバーのテレビ画面の3番目に、昨年11月18日に行われた皇室典範改悪阻止の集会の模様を加えました。

拙著、「『反日』の超克」(PHP研究所)が3月1日に発売されます。昨年11月に発売される予定でしたが、色々な理由で発売が延期になったことをお詫びします。まだ、アマゾンなどではタイトルが修正されていませんが、予約販売をしていますのでよろしくお願いします。内容は追って。


posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(6)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
財布が持たない(涙)。
明日は竹島の日ですね。
皆さん頑張って来て下さい。
何処のマスコミが伝えもしくはスルーするか注視して置くべき事ですね。
拉致への怒り静めてはいけませんね。
Posted by 五月雨祭 at 2006年02月21日 16:37
お、例のマガジン9条のアンケートの投票結果が晒されてますね。
予想されたこととはいえ、改憲派の圧勝という結果に、
サヨクの巣窟たるマガ9がどう論評するのか楽しみなんですが、もう投票終了から3週間もたつのに何の反応もありませんなぁ。たくさん人がアンケートに答えたのですから、あまり待たせるのは失礼になるのではないでしょうか?(笑
ちなみにこのアンケートをウォッチしていた人は、明らかに途中で護憲回答が急速に伸びたことから、不正を疑っている向きもあるようです。
非常に詳しい分析をこちらのブログで行っています。
http://blog.goo.ne.jp/misirin/e/34ab1abdbde24e0980e78193059e1686
Posted by 石村 at 2006年02月21日 21:10
はじめまして,
政府が早く”正常性バイアス”から抜け出すことを希望して止みません.
TBさせていただきました.
Posted by kousotsudr at 2006年02月21日 21:21
ひとつ疑問に思ったのですが、拉致事件の被害者というのは結局何人なのでしょうか?
 それこそ『家族会・救う会』、『マスコミ』、『日本政府』それぞれの認識には大きな差があるのではないでしょうか?
まずこれらと我々国民が日本としての共通の認識を確立して北朝鮮に対峙しなければテキトーな段階で幕引きにされる可能性が高いと思います。


PS・・・今日は『竹島の日』ですね。
マスゴミは相変わらずのネガティブな報道の仕方しかしないんでしょうけど。
Posted by イチ日本人 at 2006年02月22日 00:17
>憲法9条の呪縛があっても個別的自衛権を
>行使すればいいので、軍事力による
>拉致被害者奪還作戦を真剣に検討する時期は
>とっくに来ているはずだったのだ。

西村氏の↑の発言に同感です。
話し合い、経済制裁、軍事力での制裁、
普通の国であれば、当然の事としてこの三つを
順を追って発動しているわけですから。
Posted by at 2006年02月23日 16:22
マスコミ報道によれば、イタリア人の拉致被害者も存在するそうですな(涙)。もしアメリカ人の拉致被害者がいたら、ブッシュ大統領も北朝鮮に武力行使をするでしょうなwwww
Posted by 北〇ョン撲滅同盟 at 2006年02月25日 07:27
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


中国知識人 「党宣伝部必要ない」 報道規制に危機感
Excerpt: 産経新聞(2/20)http://www.sankei.co.jp/news/morning/20iti001.htm 昨日、衆議院予算委員会において、戦後60年の総括すべしとの民主党の笹木竜三..
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-21 08:36

「北朝鮮との戦う事」について考えてみる
Excerpt: 今月初めに行われた日朝協議は、俺の拙い予想に反して、大きな進展も無く終了となっ...
Weblog: 著::善ポコのタコ部屋
Tracked: 2006-02-21 14:59

[雑記][半島情勢] 拉致被害者の救出シミュレーション
Excerpt: 航空自衛隊元将官(空将)の佐藤守氏が「自衛隊による拉致被害者救出のシミュレーション」という演題で以下のように[http://www.senryaku-jouhou.jp/satho.html:tit..
Weblog: もののふのこころ
Tracked: 2006-02-21 21:08

軍事力による拉致被害者奪還作戦を真剣に検討する時期はとっくに来ている
Excerpt:  昨日のエントリーに対して、kousotsudrさんが、「もののふのこころ」拉致被害者の救出シミュレーションで、秀逸な発言をされています。↓ <==========引用開始========== (前略..
Weblog: Dogma_and_prejudice
Tracked: 2006-02-22 11:27

機密情報流出は、起こるべくして起こる
Excerpt: <海自機密データ>「極秘」暗号書類などネット上に流出  海上自衛隊の「極秘」と書かれた暗号関係の書類や、戦闘訓練の計画表とその評価書など、多数の機密データがネット上に流??
Weblog: 徒然なるままに@甲斐田新町
Tracked: 2006-02-23 18:31

「拉致基本法(私案)」ver. 2 
Excerpt: 蒼き星々掲示板参加者の閑居 さんが、一昨年私案としてご提示くださった『拉致基本法』をご紹介します。ご意見がありましたら掲示板のほうに書き込んでください。 ―――――――――――――――――――― 「..
Weblog: Blue jewel
Tracked: 2006-02-23 21:25




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。