SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2006年02月23日

『「反日」の超克』について

反日の超克.jpgお問い合わせのメールを多くいただくので、近刊の目次をご紹介します。3月2日には全国の書店でお求めになれますが、アマゾンなどでの予約販売をご利用いただければ確実だと思います。



「反日」の超克 目次

プロローグ――忍び寄る反日全体主義とどう向き合うか

第一章●歴史との対話----歴史の地下水脈・皇室の危機
〈垂直の歴史観〉の恢復を
民族の歴史を奪ったGHQ
恣意的な〈記録〉によって〈記憶〉を消されないために
六〇年体制の呪縛から生まれた「反日の構造」
皇室典範改正問題に象徴される日本の危機
男系維持を表明されていた天皇陛下
最初に結論ありきの「有識者会議」
女系天皇はアナーキズムと日本侵略の一里塚
皇室はグローバリズムへの抵抗拠点
歴史を保障する連続性とは何か?

第二章●『マンガ嫌韓流』現象とは何か----新しい言語空間からの逆襲
大ヒットを隠蔽するメディア
発売一カ月半で三〇万部
内容を精査せず誹謗中傷する韓国メディア
正しい歴史認識を持たない韓国人
既成メディアを信頼しない若者たち
『マンガ嫌韓流』現象は言論空間の革命
韓国外務省高官のコメント
歴史事実と向き合うことで新局面が拓ける

第三章●「亡国の法案」----人権法案がもたらす災厄
「人権擁護法案」は、まだ生きながらえている
言論・表現の自由を侵し、三権分立の精神すら危うくする法案
メディアが報じなかった自民党圧勝の原因
「人権法案」反対派の力を削いだ「郵政民営化選挙」
韓国の人権擁護法成立の背後に北朝鮮の影
鳥取県で「人権救済条例」が成立
自治体の中枢で日本を細部から蝕む
〈人権侵害〉の名の下に反日勢力がかける政治圧力

第四章●拉致問題解決へのロードマップ

第一節  なぜ拉致問題を解決できないのか
拉致被害者に向けたラジオ放送が始まる
「しおかぜ」プロジェクトに込められた想い
全力で取り組まない政府
拉致の可能性がある失踪者は千名以上
増元氏落選に見る日本人の危機意識の薄さ
西新井病院という疑惑の施設
実名記者会見の不発を図った男
北朝鮮と結びつく数々の事実
六カ国協議は米中ロのアジア核支配構造を話し合う場
日本の唯一の意志表示は経済制裁発動

第二節 金正日と闘う医師、ノルベルト・フォラツェン
北朝鮮の実態を見た男
韓国メディアが示す積極的な敵意
「ソウルは北に乗っ取られた」
外交の弱さは恥ずべきことだ
日本人は人権意識は高いが「お行儀が良い」

第五章●「靖国問題」という虚妄

第一節 偏向メディアがつくった「問題」
小泉首相の略式参拝を招いた〈空騒ぎ〉
言霊の力を補強してしまった歪曲報道
反日陣営の活動を支援する「違憲判決」
〈事実〉と異なる〈記号〉を振り撒くメディア
「テレビ取材」「HPへのアクセス増」が違憲の理由?
控訴棄却を「実質勝訴」と喜ぶ原告団
裁判長の政治イデオロギーによる違憲判断
〈メディアの謀略〉で掻き消された東京高裁判決
朝日新聞は、靖国ストーカーか
首相の靖国参拝報道で暴露されたテレビの愚劣さ
元・台湾志願兵、春河氏の意見陳述書
高砂義勇兵慰霊碑移転募金に集まった三千万円
私財を擲って高砂族と交流を続ける門脇氏

第二節 高橋哲哉『靖国問題』の空疎な靖国観
読者の眼を事実から逸らす用意周到な罠
「感情の量」を恣意的に、感情的に測定する
「台湾先住民族は首相の靖国参拝に反対」報道の嘘
遺族感情を理解できぬ高橋氏の感性
GHQのイデオローグとして平成の世に蘇る
〈記号〉が〈言霊〉に復讐された日
元インドネシア義勇兵のスピーチ
「アジア」は三カ国にあらず

第六章●「ニューヨークタイムズ」オオニシ東京支局長の反日プロパガンダ
日本はアジアにおける民主主義後進国?
「政権交代の歴史がないので、マスメディアは自民党寄り」
「日本は右傾化、軍国化する」を前提とする記事
中国の視点に立った、お定まりの靖国批判
東京発の〈怪情報〉を続々発信
”特殊で異常な国、日本”というイメージを醸成
”日本人は差別主義者”とするキャンペーン
インタビュー内容を使わず、取材後の雑談を引用
メディア情報のロンダリングを行う男

第七章●日本を襲う言論テロ----「新しい歴史教科書」を攻撃する反日ファシズム
図書館で密かに行われている言論テロ
偏向報道で「つくる会」を攻撃するメディア
反日スローガンの道具として使われている教科書
日本政府の怠惰と不見識
「客観的な歴史はあるのか?」「客観的な事実はある」
反日キャンペーンと共闘する「教科書ネット21」
扶桑社「申請本」回収は仕組まれたのか
教科書問題が外交問題になる構図
中国、韓国、日本で無限循環する反日スパイラル
レッテル貼りで言論抑圧するシステム
「書物を焼く者は、いずれその炎で自身をも焼くであろう」

第八章●朝日の「安倍・中川NHK政治介入疑惑」捏造報道

第一節 朝日新聞の大スクープ
〈従軍慰安婦〉の責任は昭和天皇にありとする番組
一方的に事態収拾を図る朝日
安倍・中川氏が「番組改変」を求めた事実はない
朝鮮総聯関連施設へ家宅捜索 報道の差
NHKとバウネットの関係

第二節 〈大スクープ〉をものにした記者の軌跡
「朝日の三ホンダ」
松井やより氏に憧れて朝日を志望
松井氏のライフワーク「女性国際戦犯法廷」をフォロー
女性国際戦犯法廷を評価する朝日
一貫して社会畑を歩む
北朝鮮へは三度訪問
朝日の王道を歩む男
〈政治の季節〉終焉とともに朝日入社
歴史認識・差別・ジェンダーフリー・新たなる政治的争点の発見
ジャーナリストの範を超えかねない直情的発言
取材者と取材対象者の距離

第三節 朝日新聞本田雅和記者への公開質問状
事実とは何か
NHKは取材対象の政治団体側と一緒に番組制作をしたのか?
「約束通りの番組を放送する義務を怠った」とは何か?
NHKエンタープライズ21からNHKに圧力はなかったのか?
あの〈スクープ〉は工作だったのか?
情報を国民の手に取り返そう

 あとがき
 参考文献


posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(20) | TrackBack(24)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
一読者です。今度のご著書、本当に期待しています。去年から待っていました。
目次を見ると、すごく重厚でハードそうですが、大切な問題ばかり網羅していると思います。
楽しみに待ってます。
Posted by ファン at 2006年02月24日 02:57
この本を絶対に買います!
これからも頑張って下さい!
(この本が売れて、マンガ嫌韓流2と一緒に
アマゾンでベストセラーの1位と2位を独占するといいですね)
Posted by この本絶対に買います! at 2006年02月24日 19:36
さっそくアマゾンで予約しました。
昨年11月埼玉会館で先生のお話をお聞きしてから、刊行を長い間待ってました。
目次だけを読んでも、日本をとりまく諸問題の困難さが感じられます。
今後とも、ご活躍を祈念申し上げます。
Posted by 赤成吉 at 2006年02月25日 07:31
おめでとうございます。
Posted by 李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった at 2006年02月25日 17:04
嫌韓流2の125頁にメッコールが出て来る件。
統一教会と関わりがあるのか?
Posted by Norml at 2006年02月26日 22:24
韓流なんていらない!で知ったのですが
NHKはウィニングランの詳細な部分を
意図的に放送しなかった疑いが濃厚に
なった模様ですな。それについて西村幸祐氏
はスポーツジャーナリストの一人としても
当然の事ながら触れなければなりませんね。

これに触れなければ嘘ですよ。
Posted by abusan at 2006年02月27日 11:06
荒川選手がリンクを回っていた時のNHKの映像がアップされていました。

http://www.ime.st/www.vipper.org/vip205295.jpg

 「あっちのテレビの画像をそのまま使っている
ので、そんなことはできない。」とNHKが弁明
しているそうです。


Posted by 普通の国民 at 2006年02月27日 19:06
世界日報と言えば統一教会。
統一教会と言えばメッコール。
メッコールが嫌韓流に出てくるのは何故?
嫌韓流3では文鮮明と統一教会を滅多切りにしてもらいたい。
金日成と文鮮明が仲良く並んだ写真もある。
ブッシュとも仲良しのようだ。
従軍慰安婦を捏造したのも統一教会。
バカなサヨクと赤ピーはまんまと引っかかった。
その辺の事も描いてもらわないとね。
Posted by Norml at 2006年02月28日 01:15
いやぁ、濃厚ですなぁ〜。予約しました。

一般メディアは反応してくれるのかしらん。
Posted by おむら at 2006年02月28日 10:24
>Normlさん
公式ガイドブックの中で嫌韓流は2で終わりの様に車輪さん自身が言及されてますよ。
2の反響次第かもしれません。
・・伏字にしておく方が良いですよ。
何処かの煎餅布団からの叩き売り気をつけて下さい。
Posted by 五月雨祭 at 2006年02月28日 15:35
>五月雨祭
レスどうも。
お気遣いありがとうございます。
韓国の話題で避けてはならないのが、統一教会です。
現在の北よりの韓国世論の原因は文鮮明です。
ブッシュ政権にも食い込んでおり、シオニストユダヤとも
ズルズルの関係です。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html
ここも参考になるでしょう。
真の保守勢力を構築するには、勝狂連合は絶対に排除しなければなりません。特定アジアの反日勢力にもシオニストユダヤ勢力にも屈しない日本を目指さねばなりません。

Posted by Norml at 2006年02月28日 18:17
コピペですいません

NHKが荒川選手の日の丸をまとってのウイニングラン
をカットした疑いがあることが、今大きな問題になりつつあります。
是非エントリーを立てていただければと思います。

まとめサイトがあるのでそのアドレスを
書いておきます


荒川静香選手のウイニングスケートを放送しなかったNHKまとめ

http://arakawasizuka.seesaa.net/

お手数ですが、ご検討くださいますよう、よろしくお願いいたします。
Posted by at 2006年02月28日 22:44
さっそくNHKに抗議しました。
電話に出た女性は、「はぁ〜そうですか〜」と、知らぬふりしていましたが、私が「記憶ではNHKでは一度もこのウイニングランのシーンを放送していませんよね。」と言ったら、そこで初めて、「いえ、お昼のニュースでちょっとだけ放送したそうです」と言ったので、「それはアリバイ作りでしかない卑怯なやりかたですね、なぜ時間はあったのに、感動のシーンを堂々と、放送しなかったのですか?」とやり返すと「アッ、そうですね、伝えておきます」と、言いました。
最初はそ知らぬ振りをしていたけど、強く抗議すると、「ちょっとだけ〜」と用意していた答えがかえってきたので、ずいぶん抗議電話がきているようですね。
NHKはこの前のオリンピックでも800m自由形で金メダルとった選手の言葉を「日の丸(君が代)がうれしい〜」の部分だけカットしていましたね。
日の丸、君が代に関しては、「クローズアップ現代」という番組でも、反対する東京都教職員組合側にたった番組を作っていましたから、NHKが否定的なのは明白です。みなさん、抗議よろしく。
TEL 0570-066-066(NHK)
Posted by おばさん at 2006年03月01日 01:55
昭和のはるか昔から、左翼はずーっと腐りっぱなし。
Posted by 卒業アルバムに拉致予告 at 2006年03月01日 08:29
「卒業アルバムに拉致予告」あらため、
「拉致の予告が卒業アルバムに!!」を名乗ります。

あの連中は本当に何でもやる。
日本人の子供たちの幸せな思い出なんて、
彼らにとっては、ただただ汚し甲斐があるだけ。
人として腐り切っているインテリ左翼の拉致は、
「堂々と、首都圏から、掻っ攫って行くのだ」宣言。
な、XXXさんたちよ!!
Posted by 拉致の予告が卒業アルバムに!! at 2006年03月01日 08:37
アマゾンで予約しようとしたら、
在庫切れでしたorz
Posted by 銀ぎちゅね at 2006年03月01日 11:26
私もAmazonで予約しました。
ちゃんと西村さんのブログ経由で注文したので、アフィリエイトの直リンクで売上になっているはずですよ〜。
届くのが楽しみです。では。
Posted by 朝日歌壇鑑賞会事務局長 at 2006年03月01日 22:30
早速、購入、読みました。
頭に鋭く、心に熱く、響いております。
反日インテリ(でしょうね)日本人の欺瞞を暴く
筆致が快感です。
Posted by 昔ベッピン at 2006年03月06日 16:35
初めまして、昨年、西村さんの「反日の構造」を読んで目からウロコが落ちて新しい視界が開けた者です。新著「反日の超克」も発売日に購入して読みました。
前作で指摘された反日の構造が、2005年のいくつかの具体的問題において、どのように働いたのか、また、対するインターネットを中心とする新勢力の動勢がどうであったのかがわかりやすくまとめられており、私自身の認識の整理にたいへん役立ちました。さらなるご活躍に期待しています。
ところで、論旨に関係のない些細なことで申し訳ありませんが、気になりましたので指摘させて頂きます。P164、13行に「彼岸の時期」とありますが、「お盆の時期」ではないでしょうか?
Posted by ひおりん at 2006年03月07日 16:47
日本人(ふう)の名を使って日本を非難する

と言えば、有道出人(アメリカ白人)

Japan Times 変態記事も擁護の准教授、講演に抗議殺到
http://www.tanteifile.com/newswatch/2008/08/23_01/index.html

毎日新聞擁護の准教授、 HP に日本人差別の作品掲載
http://www.tanteifile.com/newswatch/2008/08/19_01/index.html

「Little Yellow Jap」 を連呼
Posted by Arudou at 2008年09月02日 08:31
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


自民党内閣部会にて、皇室典範勉強会が開催−女系天皇容認の合意形成をはかる目的か
Excerpt: 昨日(2月23日)、有識者会議報告書についての自民党内閣部会が党本部 901号室で本人出席約70名の下、開催されました。 甘利政調会長代理は挨拶の中で、「慎重に議論をす??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-24 13:08

国際金融財閥の罠から日本を守れ
Excerpt: 日頃の主張からすると異色の内容かもしれません。現在の日本が置かれている状況・立場を国際情勢の裏側から知ることも重要なことだと思い、あえて書きたいと思います。 以前、日本??
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-24 21:54

親日国インドと日本(その3)〜 関係緊密化への道
Excerpt: インドへの投資と、北京に陣取る外道政権・中共の資金源根絶に向けて 日本会議神奈川 会員 日華(台)親善友好慰霊訪問団 東京支部長   藤田 達男 ●では、私たちは何をすべ
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-25 12:14

中国が「天皇の戦争責任」追求へ
Excerpt: 以下、日本会議メールマガを転送しますので、ご参照いただければ幸いです。 歴史問題に関する中国政府の対日攻勢はますます厳しい状況になっていますが、その原因は、実は、歴史認??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-26 11:32

朝日川柳特集:トリノ五輪
Excerpt:  最近更新滞っておりまして申し訳ありません。私こと事務局長は先週末から今週にかけて北国に出かけていて完全にネットから離れていました。  さて、ここ1週間の朝日川柳から、トリノ五輪ネタを拾ってみま..
Weblog: 朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】
Tracked: 2006-02-26 20:40

信じがたいNHKの偏向
Excerpt:  トリノ・オリンピックも今日で終る。この二週間NHKは地上波・衛星・ハイビジョン放送を通し、全体で何百時間の放映をしてくれたのか、詳しいことは知らない。私自身それほど熱心に観てゐたわけではなく、精々折..
Weblog: 福田 逸の備忘録―独断と偏見
Tracked: 2006-02-26 23:43

書籍紹介『「反日」の超克』
Excerpt: 酔夢ing Voice でおなじみの西村幸祐先生が新刊を出されます。 上記バナーをクリックしてください。 リンク先で先生ご自身が、内容を紹介されています。 戦略情報研究所の集会にもお越しになっていて..
Weblog: Blue jewel
Tracked: 2006-02-27 07:35

イーストウッド監督の「南京大虐殺」映画はウソ
Excerpt: クリント・イーストウッド監督が、南京大虐殺の映画を作製しようとしているという中国紙の報道はやはりデマだったようです。昨日の産経新聞が報じていましたが、産経の西日本版には掲
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-02-28 11:34

左も右もマインド・コントロール
Excerpt: 《信じて疑わないというのは宗教のようなものです。天皇の系図が信仰の対象になるなどというのは最悪の事態です。私の見るところでは、戦前に教育を受けたことのある人の中には、男系による万世一系の天皇という観念..
Weblog: マスコミ情報操作撃退作戦
Tracked: 2006-02-28 17:18

技術士第二次試験
Excerpt: 平成18年度技術士第二次試験の受験申込書配付は3月1日(電子願書受付も同日から) 郵送による受付は4月4日からです。
Weblog: 春夏冬二升五合
Tracked: 2006-02-28 20:47

3月7日は武道館に集まろう--皇室の伝統を守る1万名大会
Excerpt: 2千年の長きにわたり連綿と継承されてきた皇室の伝統が一部の有識者なる者たちにより破壊されようとしています。 来週、3月7日は皇室の伝統を守る一万名大会です。 元号法制化、反??
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-02-28 22:21

朝鮮系の生き方
Excerpt: Doronpa's Page 不思議の国の韓国 (http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/doronpatop.htm) に在った韓国生討論より 大阪..
Weblog: 日本を見つめる
Tracked: 2006-03-01 15:35

覚醒しつつある国民の意識
Excerpt:  先日の産経紙で、共同通信社が実施した世論調査で、皇室典範改正に伴って 女性天皇が認められた場合、皇位継承順位については男子優先が43.6%、長子優先は38.9%と、男子優??
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2006-03-02 11:50

女系は既に断絶している
Excerpt:  今日は旧暦一月二十七日。睦月、霞はじめてたなびく。 「男系」とは「父方を遡さかのぼると神武天皇に行き着く方」であり、「女系」とは「母方を遡さかのぼると神武天皇に行き着く方」である。 「女系」はとうに..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2006-03-04 12:20

???菴????勆鎧??d???????<????c?≪????????????????c???????????????????
Excerpt: ????????ユ????茘違??査??????O茫?????????g??????????篋?????冴?ャ???????????????????????с????????腱????????g???..
Weblog: ?????鴻?潟???????掩??篏???????篏???
Tracked: 2006-03-16 17:26

右翼さんたちが天皇制に固執したくなる理由
Excerpt:  《それにしてもあなたのように、皇室の権威を傘にきて横柄な物言いをするのを目の当たりにすると、時の支配者や右翼さんたちがここまで天皇制に固執したくなる理由が分かる気もします。  中国の反日青年が唱えて..
Weblog: マスコミ情報操作撃退作戦
Tracked: 2006-03-27 12:37

サヨクよりウヨクの方が問題(最後は滅びの美学)
Excerpt:  弊掲示板での「九段坂の信号」さんとのやり取りを紹介する。  私> 近年、私は結果として、左が育つ構造を研究してきたことになりました。今の私の関心は、右が育つ構造です。右こそが問題かも..
Weblog: マスコミ情報操作撃退作戦
Tracked: 2006-03-28 16:22

靖国批判は日米分断
Excerpt: 中国は靖国批判を繰り返していますね。これは、日米分断が目的だと思うの。
Weblog: 東京生活案内熟年雑談情報
Tracked: 2006-04-01 07:22

経済的に繁栄したから、役に立たない数学者でも、公務員として身分が保証されている
Excerpt:  《社会科学の専門家でもない著者が、「民主主義」や「市場原理」を罵倒して「武士道」を賞賛する本。しかも、その論法たるや、民主主義の元祖がジョン・ロックだという話から、ロックは「キリスト教原理主義」であ..
Weblog: マスコミ情報操作撃退作戦
Tracked: 2006-04-08 20:53

男系絶対主義はシナ・朝鮮を崇め、日本文明を貶める
Excerpt:  ●男系絶対主義はシナ文明、女系容認が日本文明  日本とシナ・朝鮮では親族構造が異なる : シナ・朝鮮では同姓不婚 妻は夫の姓を名乗れない つまり男系絶対主義  日本はシナ・朝鮮のような氏族制度が無い..
Weblog: マスコミ情報操作撃退作戦
Tracked: 2006-04-28 17:20

プロパガンダに負けない日本を!
Excerpt:  くどいようだが、靖国参拝を止めさえすれば「関係を正常化できる」と錯覚しているとすればあまりに短絡。中国の本質を見抜けず、あるいは「中国に屈服するしか道はない」と萎縮してしまっているとすれば国権の放棄..
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2006-05-17 06:13

汚染大陸(特集)
Excerpt: 最大値を更新する中国の汚染物質が日本を覆う  初夏なのに、さわやかな新緑を楽しむ季節なのに天候がどこかおかしい。異常気象かもしれない。今年は冷夏になるのかもしれない。そんな声があちこちから聞..
Weblog: 博士のランダムノート
Tracked: 2006-05-21 13:19

「反日」の超克
Excerpt: 「反日」の超克 中国、韓国、北朝鮮とどう対峙するか  西村幸祐 著     出版社名 PHP研究所&..
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2006-11-02 14:29

またもや「博士への独り言」への言論妨害か?
Excerpt: 「博士への独り言」への再度の言論妨害が為されているようです。 博士はイザ版のブログにて本日未明、以下のように記されています。 http://grandbee.iza.ne.jp/blog/entry/..
Weblog: マルコおいちゃんのヤダヤダ日記
Tracked: 2006-11-10 00:34




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。