SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2006年04月01日

日支関係の4月バカ

「日中友好7団体」が支那を訪問中だ。行き詰った両国関係を打開するために七つの団体が大挙して支那を訪問したのだが、逆に言えば、それらの友好団体がこれまで何の役にも立っていなかったという証拠である。たとえ相手が支那であれ、すすんで非友好を唱える人はそれほど多くない。良きにつけ悪しきにつけ、日本人はそういう国民性だ。ということは、ちょうど去年の今ごろ始まった支那の気違いじみた反日デモに対して、それらの友好団体は何も機能できなかったことを意味している。

あるいは、江沢民が反日・侮日を支那の国家意思として露にした、平成10年(1988)の来日時からも、何一つ成果を挙げていないということだ。だから、ちゃんちゃんらおかしい。
3月31日に胡錦涛はこんなことをまた言って、多くの日本人に失笑された。まるで壊れたスピーカーだ。
胡主席「靖国参拝やめれば首脳会談する」

【北京=佐々木美恵】日中友好議連(高村正彦会長)、日本国際貿易促進協会(橋本龍太郎会長)など日中友好7団体の訪中団は31日午後、北京市内の人民大会堂で、胡錦濤国家主席と会談した。胡主席が中国国内で日本の政治家と正式な会談に応じたのは昨年5月の与党訪中団以来。
 会談で胡主席は小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関連し、「日本の指導者が『A級戦犯』を祀る靖国参拝をやめるのなら、いつでも首脳会談を開く用意がある」と述べ、改めて参拝中止を求めた。
 しかし、日中間の懸案について、中国側は靖国問題に大きく時間を割いたが、東シナ海の石油ガス田開発問題や在上海日本総領事館員自殺問題などは取り上げなかった。

≪小泉首相は批判≫
 小泉純一郎首相は31日夜、靖国神社を参拝しなければ首脳会談に応じる考えを中国の胡錦濤国家主席が示したことに対し「靖国参拝するから首脳会談に応じないというのは、いいとは思っていない」と批判した。(産経 03/31 20:38)
そうしたら、こんな記事が朝日に掲載された。
靖国参拝の「政治化」回避を 橋本元首相が人民日報で
2006年04月02日01時37分

 1日付の中国共産党の機関紙・人民日報(海外版)は、胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席と会談した日中友好7団体の代表団団長の橋本龍太郎元首相とのインタビュー記事を掲載した。橋本氏はその中で「小泉純一郎首相による継続的な靖国神社への参拝は日中関係に良くない影響を与える」と指摘。小泉首相に対し、靖国神社参拝問題の「政治化」を避けるべきだと働きかけてきたとも述べた。
橋本氏はこんなことをしている場合ではないだろう。政治献金の話はどうなった? おまけに誰に働きかけている? 働きかける相手が違うのではないか? 友好団体の正体が良く分かる記事だ。
友好をするなら、4月バカの日に報じられた「中国が中間線越え調査 東シナ海、航空機で」という事態にどう対処できるのか問い質したい。東シナ海の海底資源についてこんな状況まで放置したのは、これら <友好> 団体に間違いないからだ。
中国が中間線越え調査 東シナ海、航空機で

【ワシントン1日共同】日本と中国が対立している東シナ海のガス田開発に関連し、中国が今年に入り東シナ海の日中中間線を越えて複数回にわたり、目的を明かさないまま航空機を使った調査活動を行ったとして、日本政府が抗議していたことが1日、分かった。資源調査に向けた基礎的なデータ収集を行った可能性があるとみられている。日米関係筋が明らかにした。
 調査実施にあたり、中国は事前に通告した。日本は、調査の目的に関し情報提供を求めたが、そのまま調査を行った。日本は事態を放置すれば、自らの排他的経済水域(EEZ)内での中国の活動を黙認することになりかねないとして抗議に踏み切った。中国は回答していない。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=HKK&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006040101004110
今、苦しんでいる胡錦涛政権にせっせと塩を送っている友好団体は、支那の反体制新聞「新世紀」で胡錦涛政権のあまりに教条主義に陥った対日政策がこっぴどく批判されていることなど知る由もないのだろう。
胡錦涛はカバーを解くこともできず、かえって掛け布団カバーが・・・ 朱学淵

反日運動は胡錦涛の製造だったので、恐らく必要以上の疑問がなかった。そうでなければ、なぜ、1つのテーマを出すことで自分の布団に引きこもる? 政府は日本と絶交するのに等しいことをして、さらに田中内閣以前の時代にまで戻ってしまい、民間交流をしている。
実は台湾に対しても同様で、民進党が舞台に上がると、対話ができないのだ。陳水扁は全部を廃棄してから、全てを話すことができた。もちろん、日本もガソリンの消費が少なくない、小泉は胡錦涛のワンフレーズにもうすぐ返答をする。
靖国神社参拝のため、胡錦涛は敢えて参拝問題を針小棒大にして、原則論で未だ偏屈のままなのか? 今回の訪米は、国賓待遇かどうかでもつれてしまい、中国はこのような質の悪い人物の指導者を抱えることで、やはり恥をさらすのではないだろうか?

日本より50年先に支那の覇権主義の生贄になったチベットは、すでに侵略の最終段階に入っている。「毛沢東像がチベットに建立」などという冗談のような情報まである。
毛沢東の24.5フィートの彫像が、チベット(赤軍が1951年に軍事侵攻した平和なヒマラヤ山脈の仏教徒の国)に到着した。35トンのこのフィギュアは、毛沢東の生誕地である南湖南省の長沙市から、Gonggaというチベットの小さな町に寄贈された。
政府高官の発言「チベットが必要としているのは物資による援助だけではない。この彫像は、その人々のより精神的な拠り所となるに違いない」
支那から伝えられるところによれば、チベット側がこの毛沢東像の寄贈要望したとのこと。デザインした、チュー・ウェイジンはこう言う。
「私は、チベット人の感情を考えながら毛沢東像をデザインした。チベット人はブッダに対する深い感情を持つので、私はより丸くなった顔で、仏像のような雰囲気の像に仕立てた」
恐ろしい民族浄化が進行している。


posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(2)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
4月1日(土)放送 CS朝日ニュースター 「TVウワサの真相」より
須田慎一郎(ジャーナリスト)の発言
http://asahi-newstar.com/program/uwasa/

「(福田氏は) 恐らくですね、これ、本当に総裁候補になってくればですね。
いくつか、こう、仕掛けられる。
特に中国問題ですね。要するに、まさに中国土下座外交。
先般も週刊文春で中国総領事館、上海総領事館の自殺問題ありましたね。
で、これ、自殺したということ自体が問題なのではなくて、
中国の公安委員に責められて自殺したということが問題なんではなくて、
それが途中で握り潰されて、官邸にその情報が到達しなかったと、
要するに、その情報遮断の部分が一番大きなスキャンダルなんですよ、これ。
実は、まだこれ活字にも誰も言ってませんけど、私が取材したところによれば、
ほぼ99%、それを握り潰したのは、時の官房長官の福田さんなんですね。

で、あるいは、小泉さんが最初に総理になられて、靖国神社参拝した時に、
本来だったら、8月15日に行くところを、13日に行った。なぜ13日に行った?
これも取材をしてみると、福田さんが、当事の官房長官ですね。
"唐家センが13日だったらいい"と言ってるということで、
総理がそれを真に受けて、額面通り受けて13日に行った。
ところが中国、唐家センを含めてですね、猛烈な反発をしたと。
要するに、そこで、福田さんはまあ"いい人"で真面目な人なのかもしれないけど(笑)、
嘘をついて、要するに小泉首相をハメるというね、状況に持っていくんですね。
そういった要するに中国に対する、あのう非常に親密な関係ったらいいんですかね。
そういったものが今後、いくつもいくつも出てくる、可能性がありますよね。

たとえば、中国の活動家が尖閣諸島に強制上陸しますよね。
これが本来だったら、日本の刑事犯として何らかの訴追を受けたりしなきゃならない。
小泉総理はそのつもりだった。
沖縄県警含め、その、鹿児島県警含めて、そういう方向に持っていこうとしたにもかかわらず、
えー、あの、福田さんがですね、要するに、中国東方航空の飛行機の発着時間を遅らせてまで、
これ、直接、電話して遅らせてるんですね、そして速やかに退去させるというね、
要するに、そういうような中国に余りにも配慮したね、対応をとるとか、
そういったことが、次から次へと出てくるんではないのかなあ、と。
で、ここで喋ったら同じことなんですけどね(笑)えー、ということが予想されますよね。」
Posted by fukuda at 2006年04月03日 17:07
遂に支那で死人が出たようです。
http://godslounge.seesaa.net/article/16135219.html
Posted by 武悪堂 at 2006年04月05日 09:28
西村さん、こんにちは。ブログ再開どうもありがとうございます。無理をなさらず、でも楽しみに有り難く今後も拝読させて
いただきます。

>武悪堂さん
こんにちは。瑣末なことだとも思うんですが、
貼ってあるブログに掲載されている毎日新聞記事によると、
_________
「福岡県自治体トップ中国交流調査団」の一員として中国を訪問していた原田慎太郎・宗像市長(65)が4日午前、訪問先の江蘇省南京市のホテルで倒れているのが見つかり、収容先で死亡が確認された。詳しい死因などは分かっていない。
_________
とのことで、死因はまだわかっていないですよね。
ので、不用意に「支那で死人が…」という書き込みは、
まるで支那の陰謀で暗殺されたかのような印象操作を
しているんじゃないかと思います。

いや、私も支那にはここ数年、怒り心頭です。
でも、事実として明らかになっていない段階で、こういう
印象操作的な書き込みになさることで、親・支那からの
ツッコミのきっかけを与え、福田氏のような人を増長させて
しまいます。

つまり、支那の真実に対して日和見orよくわかってない
スタンスの人達をミスリードし、つまるところ自分達の首を
絞めちゃうんじゃないかと思いました。

つまらぬところで足をすくわれないようにしないよう、
お互いに留意致しましょう。
Posted by まりりん at 2006年04月05日 11:18
すみません訂正です。

誤 つまらぬところで足をすくわれないようにしないよう、
お互いに留意致しましょう。

正 つまらぬところで足をすくわれないように、
お互いに留意致しましょう。

失礼しました。
Posted by まりりん  at 2006年04月05日 11:21
>>まりりんさま
こちらのコメント欄を汚すつもりは毛頭ございませんので、コメントは当ブログに書き込んで下されば幸いです。
Posted by 武悪堂 at 2006年04月07日 00:43
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

尖閣諸島問題とガス田問題と小泉靖国神社参拝を
うまく取引できれば日本の外務省はえらい。

もし小泉靖国神社問題だけを譲歩するのなら外交を知らないと言うことになる。
Posted by ★日本が李氏朝鮮の奴隷を解放した! at 2006年04月12日 02:40
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


中国が頼りにする「七人のサムライ」
Excerpt:  日曜ってことで今日は更新休もうかなーと思ってたんですが、それなりにネタがあるのでやっぱり更新(^_^; 媚中七団体幹部が胡錦濤と会談したことを受けて、産経、朝日などから記事をご紹介。 
Weblog: ぼやきくっくり
Tracked: 2006-04-03 12:38

重要講話・・・
Excerpt: 靖国参拝の「政治化」回避を 橋本元首相が人民日報で 1日付の中国共産党の機関紙・...
Weblog: Coolog
Tracked: 2006-04-03 16:06




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。