SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2005年03月21日

防衛大の若き獅子たち

05防大004.jpg防衛大学の卒業式に行ってきた。日本防衛の未来を担う士官候補生たちの凛々しい姿に深い感銘を受けて思い出したのが、「防衛大の若き獅子たち」という倉橋由美子の一文だった。倉橋氏が昭和36年(1961) 「婦人公論」10月号に発表した文章で、エッセイ集「わたしのなかのかれへ」に収録されている。倉橋氏がこの文章を書いた前年60年安保の年は、左翼勢力が戦後60年で最高の集積をした年で、明治大学仏文科在学中の倉橋由美子が「パルタイ」で衝撃のデビューをしている。このエッセイで倉橋氏は、44年前から現在でも通用する論理と鋭敏な感性で防大生を描いている。70年安保前後に、全共闘やファッションサヨクたちに倉橋由美子が人気があるのが非常に不思議だった。
party_yumiko.jpg「パルタイ」から「聖少女」までの前衛的な文体を、彼らは誤読しているのではないかと高校時代に思ったことがある。倉橋氏が知性に裏付けられた <防衛大学論> を書いている一方で、同世代の大江健三郎がその3年前に「女優と防衛大生」という駄文を毎日新聞に書いている。
ぼくは、防衛大学生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。そして、ぼくは、防衛大学の志願者がすっかりなくなる方向へ働きかけたいと考えている。
大江氏の恥ずかしい過去は幾らでもあるが、この文章は47年前の思想状況や社会風潮を表現しているのかも知れない。倉橋氏は学生時代の44年前に、このエッセイで大江氏を糾弾している。「恥部」の定義をした後で、彼女はこう書いた。
犯罪人をつくるのが法律であるように、恥部をつくるのは高貴な頭のほうではないかとかれらはひらきなおるかもしれません。だが現在でも、日本の進歩的な頭脳をもってみずから任じているインテリたちは、防衛大学校や自衛隊を恥部だときめて疑わないようです。かれらにとってそれはタブーなのです。この精神は、現実とつきあうことをしないで、つまりこの現実をよくも知りもしないで、ただ否定することでおのれの弱みをかばっているのかもしれません。
この文書の最後にライオンを飼育する家庭の寓話があり、息子が猛獣を飼うことに反対で、父親がこれは猛獣でなくただのライオンだと言い合っている内に、当のライオンは立派な鬣の猛獣になったと話を続け、彼女はこう結んでいる。
わたしが会った若いライオンたちは、なによりも有能な飼育者を望んでいました。つまり、政治家、そしてつまりわたしたち国民です。わたしたちはもう一度よく考えてみる必要があります。「平和」、「憲法擁護」、「再軍備反対」、「中立主義」という一連の美しいことばと、このことばが結合される過程でいつのまにか脱落してしまう「国防」ということについて。
05防大027.jpg倉橋由美子と大江健三郎のどちらの言葉が現在でも通用するだろうか? 文学としても10年後には倉橋氏しか残っていないのは自明である。そして、驚いたことに、大江氏の47年前と何一つ変わらない恥辱的な思考停止に多くのメディアが囚われている。「任官数は過去最少 防大で卒業式」という朝日の記事を見れば、47年前の大江健三郎と何一つ変わっていないばかりか、さらに劣化していることが解る。見出しの「任官数」と記事中の「任官拒否」は全く違うもので悪質な情報操作が行われている。任官拒否者はたったの22名であり、今日の卒業式でまず初めに伝えなければならないことは、中退者という落伍者にならなかった、輝かしい士官候補生303人の晴れがましい卒業への祝意であるはずだ。防衛庁も相変わらず広報が下手で、たとえば外国の士官学校で何%が卒業でき、卒業生の内、何%が企業から獲られていくというデータも提示するべきなのだ。外国でも、特に先進国は優秀な学生である士官候補生は、企業に多く採用されている。

05防大020.jpgテレビ朝日の「報道ステーション」というプロパガンダ番組では、防大の卒業式は大きなテロップで「任官拒否22名」と出されただけで、思わず大笑いをしてしまった。そんなことより、答辞を読んだ主席(今年は女子だった)の人間文化学科の永田恵さんの「私たちは、自由と独立を守るため、危険を顧みず努力していく」という感動的な言葉を伝えたメディアはあったのだろうか? そう、自由と独立、これが日本の生命線なのだ。もう一つ印象に残ったのは、タイ、インドネシア、ベトナム、モンゴルという今後日本が連携を強化していく国からの複数の留学生たちだ。「日本の士官学校を卒業できて、本当に誇りに思う」とタイ王国士官学校からの留学生のご家族が語ってくれた。

05防大041.jpg倉橋由美子さんが44年前に看破したように、防衛大学の伝統は確実に新しい日本軍の伝統を形づくっているのではないだろうか。その一つの答えが西尾幹二氏のブログで掲載されていた番匠幸一郎一等陸佐を囲んでの講演会の模様である。一等陸佐なんて口はばったい呼び方でなく早く大佐と言いたいところだ。読みにくくなっているが、2月26日から始まり、昨日が最終回だった。ぜひ、全文読んでいただきたい。

学生時代に倉橋さんに一度お会いしているが、憶えていらっしゃらないだろうな。
イラクの自衛隊の活動をメディアが伝えていないが、コミュニティFM局が中心となって、サマワからの自衛隊の声を伝える運動が広がっている。ネット配信もしているので、「サマワからこんにちは」へ、アクセスを。
(PHOTO by 西村幸祐)
posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(15) | TrackBack(7)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
そもそも先日の人権擁護法案の社説にせよ
オウム真理教的な構図が見えますね。つまり
10年前に流行った

「ああ言えば上祐」

思考停止な上でそんな自分を正当化しようと
詭弁してまで誤魔化そうとする。または自ら
の既得権益を守るため誤魔化しに誤魔化し
読者視聴者を欺く態度。こんな連中に限って
愛国心の本質から目をそむけ国家どころか
国民をも貶める行為をやってしまう。
Posted by abusan at 2005年03月22日 09:22
「自由と独立を守るため、危険を顧みず努力をしていく」
すばらしい言葉ですねえ。

一方、変わり者の朝日なら
「私たちは支那・朝鮮への隷属のため、あらゆる犠牲を国民に押しつけていきます」
と言いたいところでしょう。
Posted by at 2005年03月22日 13:10
だいたい、防大の卒業式は、士官学校の卒業式なんだから、もっと大きなニュースになっていい。
それに、アジア諸国の外国人留学生が立派に卒業している現状は素晴らしいけど、どこもそんなこと報道してませんね。
防衛大学って入学が難しいんでしょ。素晴らしい若者たちだと思います。
初めて知ったけど、大江健三郎って、電波だった。w
Posted by ひで at 2005年03月22日 15:22
朝日や報道ステーションの情報操作には本当にあきれるばかりですが、任官拒否については、私は少し西村さんと考えが(ひょっとしたら?)違うかもしれません。防衛大生は学費が免除されるどころか、かなりの給料をもらって学業に励んでいます。それなのに、自衛隊には入らないよってなんだよ、と思います。もちろん、職業選択の自由はありますが、せめて学費もしくは給料くらい全額とは言わなくても返させるべきではないでしょうか。某有名企業の社長に、防衛大は学費がタダだから進学しただけ、と堂々とのたまっている人がいますし、そのような考えのサヨクが入学していないとは言い切れません。この不況下で皆必死に学費を捻出して頑張っているのに、毎年聞く任官拒否という言葉はやはり釈然としないものがあります。
Posted by Shin at 2005年03月22日 17:10
いやあ、大江って昔からこうだったんですね。
Posted by t7 at 2005年03月22日 22:25
サマワからこんにちは/ネットラジオのご紹介ありがとうございました。

お陰さまで多くの方に、サマワの現場の声が届いたものと思います。
番組を作るパーソナリティーの神さんは防衛大学を病気療養の為
中退という経歴をお持ちですが、昨日の卒業式に関するテレビ報道をどう見たでしょう。

少なくとも私には、伝えるべき内容が違うとしか思えず、不快な思いでした。
問題なのは、どの局も同じような報道しか出来ない事ではないでしょうか?

そんな世情の中、札幌のコミュニティFM局、ラジオカロスサッポロが製作する
この「サマワからこんにちは」は異色かも知れません。
北海道の部隊はとっくに帰国したにもかかわらず放送を続ける姿勢は立派です。
イエローリボン・キャンペーンでは最後まで応援していきたいと考えています。

西村幸祐様、スタッフの皆様、そしてここにお集いの皆様。
ありがとうございました。
Posted by adazakura at 2005年03月22日 23:45
大江健三郎は、最悪です。
ノーベル賞返せるものなら返したい。
「憲法九条の会」なんかもやってるんですよね。
Posted by 憲法苦情か at 2005年03月23日 01:54
倉橋氏はサヨク作家だとばかり思っていました。勉強になりました。
Posted by @ at 2005年03月23日 23:18
大正時代、ワシントン軍縮会議の首席全権で、海軍大将で元首相だった加藤 友三郎が「国防ハ、軍人ノ専有物ニアラズ」との主張は、現代でも通用すると思いますが!?しかし自衛隊は、日本が武力侵略された時には、国家と国民どちらを優先して防衛するのか?どなたか教えて下さいm(__)m
Posted by 自称 元情報参謀堀 栄三氏の弟子 at 2005年04月06日 12:27
大正時代、ワシントン軍縮会議の首席全権で、海軍大将で元首相だった加藤 友三郎が「国防ハ、軍人ノ専有物ニアラズ」との主張は、現代でも通用すると思いますが!?しかし自衛隊は、日本が武力侵略された時には、国家と国民どちらを優先して防衛するのか?どなたか教えて下さいm(__)m
Posted by 自称 元情報参謀堀 栄三氏の弟子 at 2005年04月06日 12:28
 こんにちは。

自称堀氏の弟子さん:
>>国家と国民どちらを優先して防衛するのか?
 それを決めるのは自衛隊員ではなくて、政治家
だと思いますが。そもそも自衛隊員はそれを決め
る立場に無いですし、自衛隊員がそれを決めては
ならない、と言うのが「シビリアン・コントロー
ル」ってものですが。

 もっと根源に突っ込むならば、そもそもそれを
決めるのは回りまわって我々自身の問題に帰着す
る訳ですし、(事によっては)彼らに「我々の生
活を守る為に死んでくれ」と命令する我々として
は、彼らが無駄死する可能性がより少ない装備を
与えてあげるのが我々の責務ではないですかね?
Posted by 別スレ6124 at 2005年04月06日 14:10
国民と国家は一体のものなのでは?
設問自体が愚劣。
Posted by つーか at 2005年04月06日 14:41
初めまして。いつものご活躍楽しみにし、日本国民の一人として期待しています。

じつは、産経の阿比留記者のブログからここへやってきました。じつは初めて西村さんのブログを拝見したんですが、素晴らしいですね。
2年前のこの記事に初めてたどり着き、西村さんの広範囲なジャンルへの関心とお仕事ぶり、改めて敬服しました。

少しのメッセージでもいいので、できるだけ毎日書いていただければ、と勝手なお願いをいたします。
Posted by yasu at 2007年03月19日 16:56
恥知らずだ」「税金返せ」と厳しい意見を言われる方が多い中、西村さんの穏当な意見に賛同致します。正直、意外でした。地協のおじさんやおばさんのおいしい言葉にのせられ入校した18歳の少年少女もいたでしょうに、その任官拒否率の低さは驚嘆すべきだと常々思っていたものです。防大を卒業するにはそれなりの努力と忍耐が必要で、耐えられなかった学生も多いなかで卒業までこぎつけたのは立派です。任官拒否学生も、ただ自衛隊が向いていなかっただけで、恥じることはない。別の形で活躍することが自分だけでなく国家社会のためになる思います。
Posted by taka at 2010年03月26日 23:55
過去のエントリーに頂くコメントは嬉しいものです。実際、防衛大学の学生は全員尊敬すべき対象ですね。
しかし、このブログのどこかに書き、昨年も「WiLL」に拙論を寄稿しましたが、現在の防衛大学校長の五百旗頭氏は尊敬できない対象です。ところが、民主党政権に中に置いてみると、頼もしい人物に見えてくるから大変です。
それだけ、現政権がとんでもないイカサマ政権で日本を棄損し続ける権力である事が逆証明されるのでしょう。
Posted by 西村幸祐 at 2010年03月29日 08:27
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


「任官辞退」の理由は様々
Excerpt: 任官数は過去最少 防大で卒業式 防衛庁によると、民間会社への就職などによる任官拒...
Weblog: tarochan.net
Tracked: 2005-03-22 07:54

自衛隊への報道テロ、人権擁護法案、オウム真理教
Excerpt:  ぴろんさんがテキストおこしされた「市川修一さんを救うぞ!東京集会」を7シリーズにわたってアップしました。大量の文字数、本当にお疲れ様です。読むのもなかなか根性がいりますが(笑)、左にあるカテゴリーメ..
Weblog: log
Tracked: 2005-03-22 08:22

第38回「サマワからこんにちは」
Excerpt: 出 演  第5次イラク復興支援群 群長通訳  白石稔(しらいしみのる)1等陸尉  *原隊:春日井駐屯地 *出身地:広島県...
Weblog: サマワからこんにちは/ネットラジオ
Tracked: 2005-03-22 08:32

防衛大学校卒業式で思うこと
Excerpt: 防衛庁・自衛隊関係者の方が読んでくれることを前提に今日のブログを書こうと思います。こちらのブログによると、「中途退学者が過去最高の132人、卒業しても自衛官にならず、民間企業などに就職する任官拒否者が..
Weblog: ちっさいおっさんのぼやき
Tracked: 2005-03-24 00:21

思索し、決断する幹部であってほしい
Excerpt: 毎年の事なんでさらっと流れるニュースですが、今年はちょっとひっかかるキーワードがありました。冒頭のものです。防衛大学校における首相訓辞からです。 ま、メディアでは日米同盟の強化やらの話した内容につい..
Weblog:  相場は戦場
Tracked: 2007-03-20 21:55

防衛省への“過度な”期待で胸がいっぱいですA【監視事件につき改訂】
Excerpt: RMA軍事革命以降の防衛省は既に「用済み」です。国防訓練やパレードだけでは、「サーカス劇団の動物が、仕込まれた芸で客を満足させているだけ」です。自衛隊は「サーカス劇団」になるのです。防衛省が国民国家の..
Weblog: 犯罪学の防犯システム理論
Tracked: 2007-06-09 19:16

ブロガーは無教養な自衛隊をサポートせよ。
Excerpt: 教養と問題意識を持つブロガー同士なら、どんどん議論しましょう。そうしたノード的ネットワークが、無教養な既得利権者や政治家無勢の私益の貪りを食い止めることができます。逆に、ネット右翼やネット左翼の稚拙な..
Weblog: 犯罪学の防犯セキュリティシステム
Tracked: 2007-07-30 07:17




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。