SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2006年12月25日

Merry X'mas to NORIMITSU ONISHI@New York Times

Dear Sir,

At first, I have to apologize it's slightly late Christmas message written by my poor English.
But I can believe if you were not only a Demagogue or messenger of Kim Jong Il, but a right-wing reporter of Korean anti-Japan fascist, you should have not furry over what has happened in Japan in recent several years.
Or at any rate, if you were a person that you deserve the journalist whom the words "jounalist" mean, you should have to accept my offer to interview with you.
During this one year, I requested twice offer to intereview through each magazine company. But your reply was that you were not a person interviewed but a person to cover someone.

I only would like to know what mechanism makes you to describe such silly inclined and prejudiced articles on New York Times for example this shameless disaster on 17th Dec.
Do you remember this advocacy advertising which was carried at just this time 4 years ago on New York Times ?
ONISHI! You listen carefully, and listen to the sounds of victims of terrorism.

Best Regards,

ノリミツ・オオニシへのクリスマスメッセージ
The Economist.jpg少々遅れ気味のクリスマスメッセージを下手な英語で贈ることをまず最初に謝っておこう。しかし、あなたが金正日のただのデマゴーグか、メッセンジャーだけでなく、朝鮮の右翼反日ファシストの記者でないのなら、この数年日本で起きた出来事について切れまくるべきではなかっただろうに。
この1年間で2回もそれぞれ違う雑誌社からあなたへのインタビュー取材を申し出ているが、自分は取材される人間でなく取材する側だということで断っていた。だが、ジャーナリストという言葉に値するジャーナリストであるなら、あなたは取材を受けるべきだった。

NYT1.jpg私は、ただ、どんなメカニズムであなたが偏見と偏向に満ちた愚かな記事をニューヨークタイムズに書き続けているのかを知りたかっただけだ。たとえば、この恥知らずな惨状と言えるこんな12月17日の記事
4年前のちょうど今頃に、こんな意見広告がニューヨークタイムズに掲載されたことを憶えているか?
オオニシよ! テロリズムの犠牲者たちのざわめきを聴け。(※New York Times掲載の意見広告を伝えるフラッシュ)


SAPIO nyt1_1.jpgオオニシよ、あなたは黄文雄氏や西尾幹二氏にアリバイ作りのインタビューをした時は通訳をつけたそうだが、12月17日掲載記事の荒木和博氏のインタビューでは、流暢な日本語でインタビューを行った。きっと、そのようなダブルスタンダードも、私が訊きたかったメカニズムの秘密なんだろうなぁ、と思う。

ロサンゼルスタイムズも米国左傾メディアだが、オオニシ記者が絶対に書けない記事を書いてる。12月4日掲載のこの記事は、北朝鮮の核兵器開発資金が在日朝鮮人・韓国人が経営するパチンコであると言及している。情けないことに日本メディアもこの核開発資金問題を避けているが、APが配信したことにより世界中で報じられている。


posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(19) | TrackBack(5)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
西村さん、
その金正日の画像、ワタシが掲示板に貼るために加工した画像ですw
英のエコノミストのHPから拝借して連結させたんですよ

まさかこうして再びお目にかかれるとはw
Posted by ( ´∀`) at 2006年12月26日 12:55
私も嘗てNYタイムス編集部へ稚拙な英語で何度か抗議文を送りましたが、結果はナシツブです。会社ぐるみの確信的デマゴギーですね。まるで朝日新聞です「真実の報道よりイデオロギーを」。

パチンコ産業が在日朝鮮人の最大の収入源であるにも拘らず、世界はおろか孫内でもこの事実が一般的に認知されているとは思えません。記事にあったような日本人中年女性もいるでしょう。以前トムクランシーの小説(確か「ノドン奪還」だか)に、パチンコ産業は日本人が牛耳っているような表現があったようでした(氏の作品はそれから一切読まなくなりましたが)。
北へ行かなくなりダブついている現金はどこへ?マスコミや代議士に渡っているのではと、最其の
パチンコやサラ金のテレビCMへの露出度の多さから勘繰ってしまいます。
Posted by 造とり夫 at 2006年12月26日 19:03
2回で駄目なら三回、4回とインタビューを申し込まれることを希望いたします。

およそ、伺う限りでは彼がインタビューを断る理由に説得力はなく、これは他国の基準でも同じです。

「彼は自分の書いた記事に疑問を抱き、取材をしたいと申し出たメディアの要請を断り続けた・・・」これが将来、ボディブローのように効いて来るし、後世に残る、彼の信頼性に疑問を抱かせるに足るひとつの「証拠」となるのです。

先方の断りの文章や言葉も、残ればそれだけで資料となる。

また、もし可能ならチャンネル桜と協力して「NYタイムズに取材を申し込み、断られるまで」を一つの映像としてお残しください。


Posted by Gryphon at 2006年12月27日 22:22
日本国内では、この「パチンコマネー」の内容に関して論じたマスコミは、私の知る限りでは、大手では大阪・朝日放送の「ムーブ!」だけです。
ほかにも、大阪・毎日放送では、例の「5年で数日しか出勤していない『同和団体幹部』」の実態を暴いたりしています。(さすがにこちらは、内容があまりに悪質ということで全国に知れ渡りましたが)
どちらにせよ、TV局や新聞は、パチンコ業界からの広告などは断ってしかるべきだと思うのですが…、残念ながら、週刊新潮や文春には「あるぜ君」なる、パチスロ大手のアルゼからの広告が常掲されている始末。どう善意に解釈してみても、「口封じ」としか思えません。
Posted by guldeen at 2006年12月28日 01:15
guldeen様

パチンコマネーと北朝鮮の核開発の関係については、先日発売した「撃論」で、畠奈津子さんが相当な覚悟を持って漫画にしていますので、それもご覧になってください。
Posted by 西村幸祐 at 2006年12月28日 02:40
滅多にコメント欄に書かないのですが、お礼を述べさせてください。 メールも頂いていますが、ご声援ありがとうございます。

このエントリーを英語のヘッドラインにしたのは意味があり、アメリカでGOOGLEした時にも、卑怯なノリミツ・オオニシがヒットすることが目的なんです。 米国人が彼の名前を検索した時に、このエントリーを読んでもらえるだけでも、「WiLL」2月号にも書いた日本の<情報力>を高めることにもなるわけです。
アドバイスを頂いたように、彼にはまた取材依頼を行います。地上波のテレビや新聞社からも申し込むつもりです。
Posted by 西村幸祐 at 2006年12月28日 03:09
Posted by あさひ at 2006年12月29日 11:09
関係のない話ですが、RSSフィードが読み込めなくなりました。

手前の方の問題かと思い、Firefoxに変えてやってみましたが同様なので何かなと。

他の人に問題がなければ、ワシのマシンか人間の能力かその両方に問題があると思って、笑って聞き流してください。
Posted by ワシ at 2006年12月30日 12:24
 私はパチンコの売り上げが北朝鮮のミサイルや核弾頭になると聞いてからパチンコをやったことがありませんが、沢山の人たちが日本人が勝つわけもないのにお金をつぎ込んでいます。以前、朝銀の使途不明金がミグ29に化けたと聞いて笑ってしまいました。
 何て、お人好しの国なのでしょう。
 最近、検察・警察支配の状態で2・26事件当時と似た状態だと聞きます。日本の本当の支配者は検察・警察だと言うことになります。
パチンコの監督官庁は日本の支配者だと言うことになりこれらの癒着のうわさを聞くと日本の将来を危惧せざるを得ません。
 日本は大丈夫なのでしょうか。
 国際的スパイ団と思われる話も登場しているようですが、軍事的に無力化剤と呼ばれる類の化学兵器を使用しているとも聞きますので、これらにかかわる時は御注意を!
駄文失礼しました。
Posted by ヘナチョコ at 2006年12月30日 14:17
スレ違いですが撃論への提案です(もしお邪魔でしたらお手数ですが削除願います)。
地方紙限定で「地方の声に応える」とでも銘打って様々な地方紙の読者投稿欄に返答を返すコーナーを設けるのは如何でしょうか?
読者投稿欄は基本的に言いっ放しです(偶に返答や質問の投げ掛けがございますが)。
投稿される方には在日コリアンに外国人参政権を!と訴える教員(笑)等のプロ市民はともかく普通に投稿マニアの方や意見を述べられる方がおられます。
そういう人達は自分の意見に応えてくれる方を欲しがっておられます(新聞に投稿されている方が知り合いに居てその旨聞いております)。
そういう方々に撃論に興味持って頂くやり方になると思います。
で、そういう方々の知り合いにも撃論の存在が伝わり細々ですが購買層の底上げになればと。
因みに地方紙限定なのは何処かの一部全国紙の様に読者投稿欄ではない所では無駄になる可能性が有るので避けたべきという点と大手のマスコミより地方毎に沢山の人数を巻き込むという点に主眼を置きました(投稿される人の周囲も取り込むという意味で)。
長文失礼しました。
Posted by 五月雨祭 at 2006年12月30日 16:04
http://d.hatena.ne.jp/Schwaetzer/20061230
だいたい、みんなあれこれ言うくせに
もともとの英文ちゃんと読めてないんだよ。


多分探せばまだでてくる。
このウソ訳がどんだけ広まっちゃったか、
英語を全く読めない人にどれだけ誤解させたか
知れたもんじゃない。

それに省略したところが大事なのに
「中身の骨子は変わらない」なんてよく言えるもんだ。
電波はどちらだよ。

んでやーっぱりやりよったね、
「拉致拉致って、もううっせーよ!!」って書いたの、
そこだけ引用するってね。
ほんで北朝鮮と言ってることが一緒だときた。

電波はどちらか、北朝鮮と同じことやってるのがどちらか、頭冷やしてよーく考えて、
中学校の英語の教科書から勉強しなおしなっ!
文章構造の読み取りから間違ってんだよ!

Posted by コインロッカー at 2006年12月31日 09:58
上のカキコについて

HNは違いますがあちらこちらの保守系ブログに同じ文面がコピペされています。
アクセス数稼ぎなのか何なのかわかりませが行くだけ無駄なのでご注意下さい。
Posted by でんでん at 2007年01月01日 06:17
いつも緊張感をもって拝読させていただいております。たくさんの考察に触れることは私の日課になっています。
 大変不躾なお願いなのですが、私も拙いながらも歴史論のホームページ(http://nozochan.blog79.fc2.com/)
それから思想論的なホームページ
http://nozowata.blog66.fc2.com/)がございまして、相互リンクの御一考お願いできればと思い、一筆執りましたしだいです。よろしくお願いいたします。
Posted by 渡辺  at 2007年01月03日 18:46
すいません、入力ミスです。正しくは
http://nozochan.blog79.fc2.com/

http://nozowata.blog66.fc2.com/
でございます。大変申し訳ございません。
よろしくお願いします。
Posted by 渡辺 at 2007年01月03日 18:51
西村さん、WiLLの記事拝見しました。南京大虐殺の反証本を出される予定とのこと、素晴らしいと思います。応援しておりますので是非頑張ってください!出来れば英訳してアメリカの反日華僑団体に送りつけてやりたいですね。
Posted by おれんじ at 2007年01月05日 23:15
>関係のない話ですが、RSSフィードが読み込めなくなりました。
私も同様に取得できなくなってましたが、RSS2.0のほうに代えると読めましたよ。
http://nishimura-voice.seesaa.net/index20.rdf
Posted by Nikki at 2007年01月07日 00:57
あ、でけた。

Nikki さんありがとね、他のブログで読み込めないのがあったのも解決しました。
Posted by ワシ at 2007年01月09日 16:33
動画サイトのYOUTUBEに下記の動画を見つけました。
よく見ると、彼らの捏造を暴露しているシーンがいくつもあります。

これらの動画のおかげで反論がしやすくなるのではないでしょうか。

Rape of Nanking Nanjing Massacre Part I Atrocities in Asia

Rape of Nanking Nanjing Massacre Part 2 Atrocities in Asia

WW2 Battle of China part 1- sushi

WW2 Battle of China part 2 - sushi



Posted by Reiko at 2007年01月09日 21:26
初めまして。リンクを辿ってきました。
ジャーナリストが自ら好む題材を自ら好む対象に取材をし、自ら好む趣向・脚色によって情報発信をする一方、
自らに都合の悪い、好ましくない情報、取材申し入れに対しては無視を決め込む。
自称ジャーナリストの中には、自分は取材をし情報発信をするけど、逆に取材され情報源にはならない。と決め付けてる方が居るようですが、
これってジャーナリストでは無く、どちらかと言えばエンターティナーではないのか?と...
ジャーナリストであるならば、己の発信した情報に責任を持ち、反論に対しては明確に対峙すべきだと思います。
Posted by 斜陽 at 2007年02月17日 16:08
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


またオオニシか…在日カミングアウト説を追う
Excerpt: 拉致問題をめぐりNYT紙のオオニシが書いた捏造記事には当事者からの批判も噴出。在日説が根強いオオニシだが、自己紹介の一文に珍妙な部分を発見した。それは在日カミングアウトではないか…
Weblog: 東アジア黙示録  
Tracked: 2006-12-27 16:04

「誰が言った」かではなく「何を言った」か
Excerpt: 自戒として忘れないようにしているのだが、ついつい忘れてしまいがちになる。(今回「も」他力本願のリンクでお茶を濁す)
Weblog: 「 拉致事件を本音で語れ!偽善排除 」 派生ブログ
Tracked: 2006-12-28 12:11

NYタイムズ??ノリミツ・オオニシのルーツ
Excerpt: NYタイムズが許しがたい記事を掲載していたようだ。 執筆したのは、例によって自称「日系カナダ人」の同紙東京支局長=ノリミツ・オオニシ(大西哲光)である。 「お薦めBLOG」でリンクしている「苺畑カカ..
Weblog: 依存症の独り言
Tracked: 2006-12-31 09:52

今年も残すところ2時間ほどになりました
Excerpt:  今年もあっという間に大晦日になりました。当ブログのお友達であるEmpire of the Sun太陽の帝国のブログ主、柳生すばるさんがコメントしておられますが、昨年は人権擁護法案の1年でしたが、今年..
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-12-31 23:00

謹賀新年
Excerpt:  明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いします。  日本は、根本的に建て直しをしなければならないところにきています。昨年発足した安倍内閣は、「戦後体制からの脱却」ということを言..
Weblog: ほそかわ・かずひこの BLOG
Tracked: 2007-01-01 10:37




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。