SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2005年04月25日

バンドンから日比谷へ  小泉外交の限界

家族会&救う会 082.jpg日支首脳会談が行われたアジア・アフリカ会議は別名バンドン会議と呼ばれている。現時点で日本側から胡錦涛に首脳会談を申し出る必要は何も無いのに会談を行い、小泉首相はよりによってバンドン会議冒頭の演説で、あの悪名高い村山談話を引用した。50年前にバンドン会議が行われた時、敗戦国日本を熱狂的に迎えたのは、大東亜戦争後に独立を勝ち得たアジア諸国の代表団だった。ジャカルタの前田精海軍少将の官邸で草案が練られたインドネシアの独立宣言をスカルノが私邸で発表したのが、60年前の8月17日だった。
我々インドネシア国民は、ここにインドネシアの独立を宣言する。権力の移行についての諸事やその他の事柄は、秩序ある方法でできるだけ短期間に執行される。
インドネシア国民のために         スカルノ ハッタ
05年8月17日
この独立宣言の年号05年は、もちろん西暦でなく2605年から取ったものだ。そう、皇紀2605年である。小泉首相はこんな歴史事実さえ無にするかのように、日本戦後史の汚点である村山談話を引用した。ただ、村山談話の引用自体は小泉首相の演説文を見れば、それほどスピーチ全体に影響を及ぼすものではない。しかし、問題なのはアジア・アフリカ会議という国際会議の場で、支那を意識する2国間問題に影響を与える文言を引用したことだ。さらに言えば、日本の広報能力、パブリシティ能力の欠如をまたしても露呈させたことが問題なのだ。なぜなら、前述したように日本が支那に擦り寄る必要が皆無な状況下で、敵に塩を送ったからだ。首脳会談後、胡錦涛は仏頂面で慌てて支那国内向けの記者会見を行い、相変わらずの日本非難に終始した。そのことを以って、小泉首相のスピーチと胡錦涛との会談を評価する声があるが、それは贔屓の引き倒しだ。もっと支那を追い詰めることができたのに、敢えてそれをしなかったのは致命的なミスである。桜満開の頃、何年も会っていない中学校の同級生からメールが来た。彼のメールを今、思い出したので引用する。
西村君、今日は。
国立の大学通りの桜は満開です。
私のおやじは昭和12年よりインドネシアセレベス島に南洋拓殖の商社駐在員として、具に現地人が如何にオランダ人に搾取されていたかを目で見ています。そして日本軍がインドネシアに進出したおり現地の人々が日本を解放軍として熱烈に支持し、歓迎した様子を生前良く聴かせてくれました。歴史事実の歪曲は決して許されません。
彼のお父さんもそうだが、私の父も生き証人だった。私の父は学徒出陣で繰り上げ卒業後、予備学生として任官し、少尉としてジャワの鉄道部隊で終戦を迎え、オランダ軍の捕虜となった。存命中になぜもっと多くのことを訊かなかったのか、と嘆いても後の祭りだ。
昨日の日比谷の家族会・救う会の集会で、ある事情通の方から得た情報では、村山談話の引用は外務省の方針ではなかったらしい。なんと、田中均の差し金らしいというのだ。真偽は不明だが十分リアリティがある。
「支那は一度も日本に申し訳ないことをしたことはない」という支那外交部大臣の言葉は、もっと、もっと、利用価値がある言葉なのに、1点差で負けているノーアウト満塁のチャンスに犠打を打つようなことしかできないのが、あるいは、同点でPKが与えられても枠の外に打ち上げてしまうのが、小泉外交の限界そのものなのである。

家族会&救う会 066.jpgバンドン会議のスピーチに村山談話を引用したのが田中均の意向だったという説を象徴するのが、昨日、日比谷で行われた小泉首相に決断を求める家族会・救う会の国民大集会だった。つまり、田中均によって書かれた小泉外交のシナリオが完全に破綻したのが、記念すべき4月24日の6000人集会なのだ。2000人収容の日比谷公会堂に入りきれない人々が日比谷公園に溢れ、場外も臨時集会場となった現実こそが、北朝鮮に制裁を実行しない現政権への国民の怒りであり、支那や韓国に正当な抗議と発言を行わない政治と反日勢力への憤りの表明なのだ。サイレントマジョリティーの静かな怒りが、熱となって伝わって来るのを感じるのは私だけであろうか?
今日、「WILL」の花田編集長に電話で教えられて驚いてわざわざ買って自分でも驚いたのは、朝日新聞の国民大集会の扱いだった。「ひどいな、朝日は・・。ベタ記事だよ。」と花田氏は憤慨していたが、何と、本当にベタ記事であり、「日朝戦『日本から3千人募集』W杯予選総連方針」というすぐ側の記事より小さい記事だったのだ。これは、わざと朝日はやっている。
家族会&救う会 041.jpg昨日、集会で安倍晋三氏は「朝日新聞がこの集会を書くでしょうか? TBSのNEWS23の筑紫哲也は放送するでしょうか?」と言って拍手喝采を浴びていた。それに対して、荒木和博氏が「朝日新聞の中にも一生懸命取材して書いている記者がいるから、特定メディアだけを責めるのは・・」と朝日のK記者を庇っていたのだが、そんな荒木氏の親切心も無にする朝日編集局の暴挙だった。いや、あれでは現場の記者は堪らない。昨日も集会の始まる何時間も前から必死に取材をしていた記者が不憫である。

家族会&救う会 023.jpg今日、田中実さんの拉致被害者認定が27日にも決定するという発表があった。これも、象徴的な出来事で、3年前の政府認定拉致被害者の壁を突き崩す一歩となった。つまり、これも、田中均脚本の小泉北朝鮮外交の終わりの始まりなのだ。ところで、田中均を大学の教師に招く予定の某大学に一言。私を雇うほうが、よっぽどいいですよ。

※昨年2月に酔夢ing voiceをスタートして初めて大幅に休載しました。ちょっと病院で休憩をしていました。今日から、また、始まりますのでよろしくお願いします。
050423koizumi_kokintoh.jpg   家族会&救う会 047.jpg


posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(52) | TrackBack(41)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
西村さんお体の方大丈夫でしょうか?
小泉首相はやってくれましたね。我が方が攻めなければならない時にそれをする事なく謝罪とは笑止千万です。何を謝る必要があるのか、何を今コキントウに会いに行く必要があるのか。支那大使が謝罪と賠償を名言するまで首相はおろか外相もわざわざこちら側から会いに行くなどという事はすべきとは思いません。そして演説は支那朝鮮をはじめとした世界各国に再び「反日は通用しますよと」宣言したに等しいでしょう。しかもその裏で田中菌が関わってるかもしれないという、ほんとに頭が痛い状況ですね、、

25日のチャンネル桜、報道ワイドで大集会の記事を紹介していましたが朝日、毎日はできるだけ大きく扱いたくないという意図が見え見えですね。
Posted by パル at 2005年04月26日 04:41
日中首脳会談の映像が全てを物語っていましたね。笑顔で両手で握手する小泉。仏頂面で片手しか出さない胡錦涛。結局暴動被害への謝罪も要求せず、原潜領海侵犯同様曖昧な決着となってしまいました。にもかかわらず、2ちゃんねるでは相変わらず小泉を称える言説が多いのには呆れてしまいます。拉致問題も小泉政権下では進展は望めないでしょう。安倍政権誕生を待つより他なさそうです。
Posted by 桜上水 at 2005年04月26日 05:05
これで今年、小泉首相が靖国神社に参拝すれば、今のところ日本に同情的な海外メディアも、小泉首相は二枚舌で反省はウワベだけだと批判に転じないか心配です。

Posted by ナシ at 2005年04月26日 07:36
こんにちは。集会ではお会い出来ず残念でした。御身体の具合は如何ですか?

さて、小泉首相の屈辱的な「謝罪外交」ですが、スピーチ全文を評価することには何の意味もないと思います。何故なら、どんな立派なことを言おうが「村山談話」を入れた時点で国際的には「中国の反日デモ→外相間会談決裂→総理の謝罪外交→日中首脳会談」という流れでしか捉えてくれません。
なによりスピーチ全文を通して読んでくれる人が世界中にどのくらいいるでしょう。
「日本は中国の暴徒化したデモに謝罪で屈した」ことに対し、欧米のメディアが半ば“憐憫”の意で日本を擁護した、それだけのことです。
日本のメディアだけでなく海外のほとんどのメディアがスピーチの「謝罪部分“のみ”」を伝え、それは中国へのメッセージとしか捉えていません。
幾ら世界中に同情されようとも、「極東裁判史観と日韓併合=植民地支配」という見解をより強固にしてしまったことは、今後の日本の教育、外交、政治、全てに大きな影響を与えることは必至です。
田中均のアイディアであろうが何であろうが、それを受け入れたのは首相であり、安倍晋三氏の「首相は謝罪と賠償を要求すべきだ」という声にも耳を傾けなかったのも首相です。
Posted by ろぐ at 2005年04月26日 07:49
 小泉首相の演説ですが、これは評価が難しいところです。しばらく様子見したいところです。
 日露戦争後の講和に不満を持った民衆の日比谷焼き討ちや、米国との満州地域共同運営案の拒絶など、過去の事例を見ると、その評価と結果は必ずしも民意とは一致しないのではないでしょうか。
 海外メディアのバンドン会議前の論調は「戦前の日本は悪かったけど、今の中国にそれを言う資格なし。」というものでした。
 残念ながら極東軍事裁判を受け入れ、ワシントン講和条約を結んだ日本は悪役であるのは確定事項なのです。
 ですから日本政府が公式にそれを否定することはできません。それならば日本マスコミが日本の国益に沿った情報を流せばよいのですが、どうやら朝日・共同通信の宣伝と同じ内容がそのまま海外に伝わっているようです。
 海外メディアの日本駐在員は朝日新聞の見出しを読んで取材しているつもりになっているのでしょうか。
Posted by CAB at 2005年04月26日 08:19
すみません先の投稿で一部間違えてますね。
ワシントン講和条約じゃなくてサンフランシスコ講和条約でした。
訂正いたします。
Posted by CAB at 2005年04月26日 08:22
私は皆様の意見と違い、小泉首相の演説を評価いたします。
謝罪といいますが、村山談話以上のことは言っていない以上日本としては譲歩したことには当たりません。むしろ中国や韓国が謝罪していないという難癖をつける機会を封じ込め、日本が実は過去に何度も謝罪をしているという事実が明らかになったという点では非常にうまい戦略であったと思います。また欧米諸国も第二次大戦中の日本は悪というスタンス意外は受け入れられないと思うので、あのような表現であれば受け入れざるを得ないかと思います。
日本のマスコミは小泉首相が謝罪したという点だけを強調したいようですが、演説の内容を読めば、未来志向のよい演説であると考えます。
Posted by さいたま at 2005年04月26日 09:05
あの場面・・・つまり中国で日本に対する暴動が起きた直後の日本の「過去の謝罪」・・・果たしてこれに何の意味があるのでしょうか?本当に中国に対して気を使ったのでないというならば、日本はアジアに対する過去を「反省」していると世界に言いたいならば、国連で安保理入りのための演説をしているときに村山談話でも語ればよかったはずです。

それをあのバンドンで、しかも中国の日本に対する暴動直後に謝罪。中国はいまだに謝罪をしていません。それどころか5つの提案をしてきています。これはどう見ても日本が謝罪し中国が友好を図ってきたと見えます。こんな状態で日本が世界のマスコミに同情されようとも国としての主体性は失っています。

せめて何故中国の覇権国家ぶりを非難できなかったのか?中国の人権問題について並行して言及できなかったのか?日本は過去を反省しているのに中国は現在をも反省しないと声を大にして言えれば方向性の違うものと受け取ることは出来たはずです。

最後になりましたが西村さんの疲れ様です。
あまり無理をなさらないようにしてくださいね。
Posted by 一読者 at 2005年04月26日 09:19
西村さん、復帰おめでとうございます。小泉スピーチについての衝撃的な裏話、ありがとうございます。もし、本当にあれが田中均の意図だったら、最悪ですね。小泉さんは詰んでいます。日比谷の集会で小泉さんの投了が証明されている。
ろぐさん、西村さんは小泉首相のことなど評価してませんよ。
Posted by ひで at 2005年04月26日 10:08
西村さん、私も拉致問題の集会に参加いたしました。中には入れず第2会場にて拝聴していたところ、西村さんの姿を見かけ、一言お声を掛けたかったのですがお仕事の邪魔になるといけないので断念しました。
直射日光がまぶしく暑かった日でしたが、拉致被害者家族の思いを改めて感じ、心も熱く切なくなった日でもありました。
「日本人を返せ」と小泉首相はなぜ言ってくれないのか。悲しくてなりません。
Posted by きなこ at 2005年04月26日 10:35
 なんどもすみません。
 小泉政権の特徴は、いつも役割分担で行っているやりかただと思います。
北朝鮮対応にしても、小泉総理が協調・対話路線。安倍氏が強硬姿勢です。
 今回の中国への対応も町村氏はあくまで日本の主張を通しますが、その一方で小泉氏はある程度なら譲歩しますよというポーズを見せています。
 中国のやり方が一度強く出ておいてその後、譲歩してみせるというやり方ならば、日本(小泉政権)のやり方は硬軟同時に別々の人間が働きかけるというやり方なのではないのでしょうか。
 以前、日朝交渉に関して安倍氏が「総理は対話を続けてください、私は圧力をかけます」ということを話していた文章をどこかで見たので、これが気になっているのです。
 もちろんこれは私の推測なので異論はみなさんお持ちだと思います。
Posted by CAB at 2005年04月26日 10:43
>ひでさん

>西村さんは小泉首相のことなど評価してませんよ。

私の言葉足らずでした。西村さんの「小泉首相の演説文を見れば、それほどスピーチ全体に影響を及ぼすものではない」ということに対する反論です。スピーチ全体を、一体どこの報道局が発信するのか、ということです。少なくとも私の読んだ、或いは見た海外メディアは「村山談話」のみを取り上げ、中国へのメッセージとしてしか受け止めていなかったということが言いたかったのです。
Posted by ろぐ at 2005年04月26日 11:01
TO:ろぐさん

>少なくとも私の読んだ、或いは見た海外
>メディアは「村山談話」のみを取り上げ、
>中国へのメッセージとしてしか受け止め
>ていなかったということが言いたかった
>のです。

と、そのことを「致命的」と西村氏は非難しています。
Posted by ひで at 2005年04月26日 11:11
私は総理のAA会議のスピーチを評価します。
バンドン会議は日本では日中関係の延長で注目されましたが、欧米では元々関心を持ってみてます。
そこで日本が何度も謝罪してきたという事実を世界が認識したのです。

中国は日本が強くでないのをいいことに、従来の日中関係を世界でも適用しようとしてます。
とことん日本を己の足下におこうとしてるのです。

従来だったら敗戦国の悲しさと宣伝ベタと身内の反日体質から、日本は世界から反省してない戦争犯罪者であるという汚名を受けるところです。

外交に限らず100%を勝ち取るのは無理です。
対中対策としては不満が残ったとしても総理は世界に拡散しそうだった日本の悪イメージの芽をつみとり
中国の意図をスマートに世界に示し、再び二国間問題に引き戻したのです。意義あるスピーチだったと思います。
Posted by 日本列島ごと太平洋沖に引っ越したいぞ at 2005年04月26日 11:37
なんどもすみません。

>ひでさん

確かに‥‥。私の読解力不足でした。すみません。
Posted by ろぐ at 2005年04月26日 11:43
「昔は悪かった」という村山発言はCAB氏やさいたま氏が触れているように、敗戦国が講和した以上は政府の公式声明として覆すことが出来ません。
しかし以前のAA会議で誓約した通りのことを、この半世紀に渡って実施している実績がある以上は、「昔は悪かったが、今は良い国ですよ」という今回の発言を否定する国は稀です。
それに今回のAA会議の前後で中韓におもねるような発言をしたのは、人口の70%が華僑で占められるシンガポールぐらいではないでしょうか。

結局の所、自国利益を得るための武器として歴史カードを使った中韓は、今年に限ればゼロかマイナスしか得ていませんね。
政権支持率向上やら制御できない民意のうねりといった、国家の利益とかけ離れた成果はあったようですが。

世界中に居る華僑達は、シンガポールのように定型的な反日デモや反日スローガンを訴える派閥が目立ちますが、反共を積極的に展開する派閥もあります。先日は共産党100万人脱党記念デモをニューヨークなどで行い、中国人民の自由と権利を求めたりもしており、中国の現状を地道に各国国民にアピールしています。
まぁ、反日系と反共系のどちらが各国の支持や同情を得られるかは考えるまでもないですね。

ついでに言えば、韓大統領が訪独の際、独大統領に歴史問題を華麗にスルーされたり、韓国が過去に拘泥している点を独報道陣から何度も突っ込まれたり、日本をナチスと同様に扱った事に対してユダヤ人組織から痛烈な批判をされたりしたことも、国際的な中韓の立場を良く表す一例ではないでしょうか。

AA会議では中国から発言だけでなく行動を求められていますが、もちろん行動しますよ。
中央アジア以西への支援を倍増し、中韓への支援を減らすという方針でね。
要は中韓の歴史問題やらにまつわる対日要求は、他のAA会議参加国にどのような利益があるのでしょうか?と言うことに尽きますね。
Posted by 佐倉河 at 2005年04月26日 12:33
>「ちょっと病院で休憩をしていました。」
西村さん、大丈夫ですか?あまり無理をなさらないでくださいね。身あっての憂国運動ですから。
日本はいずれにせよ中共、金正日体制を延命させる事は害あり利にならず。道義の筋を折る事無く堂々と世界に訴えるべき事を訴えて欲しい。以前、TBさせていただいた記事で引用した『南洲翁遺訓』や『学問のすすめ』は、日本の外交を担う人に本当に改めて読んでもらいたいものです。
Posted by おもちゃ at 2005年04月26日 13:12
西村さん初めまして。

桜上水さん
>笑顔で両手で握手する小泉。仏頂面で片手しか出さない胡錦涛。

うろ覚えですが、これは外交上の礼儀として、両手で握手しないといけないのです。

小泉「首相」 胡錦濤「国家主席」外交上は、
「国家主席」>「首相」です。だから両手で握手しないといけなかったかと。
Posted by 山猫 at 2005年04月26日 13:23
ちがうよ。小泉は誰に対しても両手だよ。例外で片手の時があって北朝鮮に行ったとき。コキントウに会いに出向く、という報道でそう判断するなら良し。写真は怖いな。すぐに話が一人歩きする。事実を見極めよう。

私は今回の小泉は評価。中国や韓国の非をあげつらうのは欧米のメディアに任せればよい。
こっちがやったら「どっちもどっち」の泥仕合になるだけと思われる。今は日本は戦時中についての言い訳はできない。東京裁判があるから。それをAA summitで否定するのは国としてどうかしてる。今は耐える時期。世界情勢を考えて一気に挽回はムリ。国内世論もついて行かないよ。だから小泉は正着手。国内国外世論がついて行かないから小泉外交に限界があるのは当然。
Posted by puyopuyo at 2005年04月26日 13:47
 インドネシアは「驚きであり、感謝する」とまでいいました。
 すなわち、アジア・アフリカのような途上国にとっても「驚きであり、感謝する」くらいの小泉演説だったのです。
 なぜなら、過去、欧米列強により、日本より酷い植民地支配を受けてきたアジア・アフリカ諸国にとって、支配者側の国から初めて謝罪されたのですから。(欧米は絶対に謝罪しない。)そして、賠償の代わりに、日本は「既に」あらゆる経済援助をアジア・アフリカ諸国に施しています。

 これにより、日本はアジア・アフリカの「代弁者」としての地位を中国から奪い、手に入れました。
 これまでは、中国が途上国の代弁者である、との理由で、糞の役にも立たない軍国主義の中国が常任理事国になっていたわけですが、これで少なくとも途上国群にとっては日本を常任理事国として受け入れない理由がゼロになりました。
 もし、形だけでも謝罪せずに、日本の正当性だけを言い募れば、これまで通り中国が第三諸国の代表者として、日本や欧米と戦う正義の味方のように偉そうに振る舞い続けたでしょう。

 また、欧米にとっても、もし日本をこれ以上追い詰めると、全く植民地支配の謝罪をしていない自分達欧米の首を自分で締める事になりますから、「もう日本は謝ったじゃないか? これ以上何を求めているのだ? 中国よ?」という風に、欧米も日本の味方に付かざるを得ないわけです。
 もし、日本が謝らなかったら、欧米も我が物顔で正義の味方として日本叩きに加わっていたでしょう。


 あとは、日本としては、「過去の謝罪は、過去の謝罪。これからの尖閣諸島や油田、教科書、靖国など『現在の、日本国の主権』の関わる問題は、『国際法などに法って』、『粛々と』行なっていく」だけでよいです。
 アジア・アフリカ諸国も欧米列強も、日本のこの行動を認めなければ、彼ら自身が失う物が大きいため、日本のこの行動を支持してくれる筈です。


 小泉首相は、『試合に負けて勝負に勝ったのだ』と思います。
 もし、今回日本が国際法上の正当性だけを主張していれば、この試合には勝っても長い目で見れば勝負には負けたかもしれません。まるで、真珠湾攻撃をはじめ緒戦は連戦連勝だったのに、結局大敗した前の戦争のように。


 西村さんのおっしゃる事を実現するチャンスは、これからいくらでも、中国がプレゼントしてくれます。

 なぜなら、この演説は言ってみれば『釣り』なんですよ、『釣り』。慇懃無礼に中国をおちょくることで、中国をファビョらせる為に餌を撒いたんですね。因縁つけてきた悪質な客を撃退するように扱ってやればいい。

日本「当方に謝罪してほしい、と。さようでございますか。では、謝罪いたします。しかし、これ以上日本の主権を差し出せと言われましても、当方といたしましては、国際法に法り粛々と行動するのが近代国家でありますから、国際法違反で他国の主権を侵犯するような貴方様のご要望に沿うことはいたしかねます、、、のらりくらり、、、」

 これから中国が国際法違反なことを主張して、日本の主権を侵そうとすればするほど、中国の敵が増え、日本の味方が増えるわけです。

 小泉さんの「謝罪」は、一種の宣戦布告ですね。
 アホ中国がどうでるか楽しみです。
Posted by 大阪民国人 at 2005年04月26日 14:19
村山談話は国論は一致では無いでしょう、参議院では否決されたと記憶していますが?
あの年配で「従軍慰安婦」が居たと思ってる人材ですからアホには違いないのですが、自民党が首相にしてしまったのが原因。
大阪民国人さんが云われる程の思考力と戦略を意識してるのならば良いのですけどね。
まあ対談の中で「貴方の顔は立てたよ、今度は靖国で私の顔を立てる番だよ」位の事を云ってるんんなら別だけど、又大晦日やクリスマスに「来年の幸福を靖国でお願いした」なんて遣られたんじゃかないませんよ。
Posted by 古田 at 2005年04月26日 14:51
でも、いま小泉首相を失うと民主党政権になったりしたら困るから。
やはり次の首相は安倍さんがいい。
Posted by みじんこ at 2005年04月26日 15:02
西村様初めまして。

小泉総理は頭は悪いが、動物的勘に優れてると思います。
歴代総理のなかでは、幸運にも恵まれた人です。

小泉信者と呼ばれそうですが、もし小泉総理以外だと誰が良いでしょうか。
Posted by モダンボーイズ at 2005年04月26日 15:25
>>これから中国が国際法違反なことを主張して、日本の主権を侵そうとすればするほど、中国の敵が増え、日本の味方が増えるわけです。

ここがどうも私の考えとポイントがずれているわけです。中国が異常国家であることはどこの国でも本来わかりきってることなんです。わかっていて支援をしようとしている国もあります。最終的に主権侵害などの行為は国家であるならば当事者間同士で解決していく話になるわけです。

村山なり宮沢なりの外交でも似たようなことをしたわけです。結局そこで日本が得たことは何であったでしょうか。そして今回わざわざ村山談話を持ち出す必要性があったのでしょうか。

前にも言いましたが日本が主体的に外交を推し進めるつもりがあったのなら、謝罪と並行して中国を非難する演説でもすればよかったんです。中国は日本だけでなく様々な国に対して主権侵害行為を平然とやってのけています。人権侵害も今さら言うまでもありませんが相当なことになっています。「戦略」ならばこれぐらいのことが言えなければ何にもなりません。その後の中国の5つの提案にも何も言い返せず、テレビに出た町村大臣は「一つの中国、一つの台湾」は日本としては認めていないと言い、正直戦略性はまったく感じられません。

http://www.chunichi.co.jp/00/sei/20050425/mng_____sei_____000.shtml
この記事の話も相手に飲まれているとしか思えません。こちらが文句を言おうがあちらは当然の如く突っぱねるであろうし、文句の内容も国民に知らせることもないでしょう。逆にこれは中国が日本の教科書に内政干渉する権利を与えるようなものとも考えられます。
Posted by 一読者 at 2005年04月26日 15:28
日本が言うべき事を言って来なかったから、ここまで中共を増長させたのだ。

小泉首相は日本の立場を中共に主張したか?
否、していない。

日本の行く末が憂慮される。
Posted by 独言居士 at 2005年04月26日 15:40
西村様の御意見に賛同します。

日本はせっかくのチャンスを自ら捨てたのです。
これは小泉総理の失策です。
Posted by 目玉のおやじ at 2005年04月26日 16:01
そうはいっても自民党しか選択肢がないし、どうしようもないです。
どうすれば安倍首相が実現するでしょうか。
Posted by みじんこ at 2005年04月26日 17:05
いっそのこと、民主党の岡田総理か田中真紀子総理になったらどうなるんでしょうね。
Posted by モダンボーイズ at 2005年04月26日 17:08
みじんこ様、安倍総理ならわたしも賛成ですよ。
Posted by モダンボーイズ at 2005年04月26日 17:15
私も安部総理支持します。
彼の拉致問題に対する姿勢、歴史観、ブレない信念etct....共感が持てます。
ただ小泉総理のすぐ後ではなく、一度次の政権で大臣を経験させてからがベストだと思います。
出来たら外務大臣がいいと思います。
Posted by たくま at 2005年04月26日 17:47
小泉総理の発言は、かなり微妙なものだと思います(ここを拝見するだけで、これだけの賛否が出てくるのですから)。ただ、これが日本に有利になるか否かは、この発言をどのように援護、報道し、どのように利用するかではないか、とも思います。これ以降、中国にまだ叩頭するならば、この発言は失策となるでしょうし、これ以上は毅然として対応するならば、この発言が活きるのではないでしょうか。
……何だか自分で書いてみても、玉虫色の発言ですが。
Posted by Ka at 2005年04月26日 18:20
私は、今回の小泉演説等、日本「政府」の対応をそれなりに評価してよいという意見です。恐らく、バンドン会議や首脳会談で中国の面子を叩き潰したり、逃げ道を無くす手段を取ったなら、欧米だけでなくアジア・アフリカ諸国は日本を擁護しにくかったでしょう。あくまで外交は隣国関係だけではありませんし、いかに見方を増やすかも外交手腕の一つでしょうから。戦後60年の外務省の失態を一遍に片付けるのは困難だし危険だと思います。禊ぎには、中+長期的戦略が必要でしょう。諸外国人から意見を求められる海外在住の身としてはそう感じています。(外交官でも国家元首でもない自分が釈明に苦心しなければならないことに、もどかしさを感じることは常々ですが。)

また、現状での安倍首相待望論は自然な成り行きなのかな、とも思いますが、果たして一人の政治家をそこまでナイーブに信用しきってよいのでしょうか。政党政治が破綻している現在、日本人として、政策やイシュー毎に政治家を使い分ける巧みさが必要になってくるのではないでしょうか。心底信頼できるリーダーが出現するなら、それはそれで大歓迎ですが、政権・リーダー選択のリスクヘッジも必要になるかと思います。もちろん、安倍議員にも信頼されるリーダーになるため、日々頑張って欲しいと思います。
Posted by 海外在住 at 2005年04月26日 18:44
問題は、海外に対する日本のPR不足が致命的レベルである事でしょう。
海外に対して、日本の行ってきたことがキチンと世界に対してPRされ、その実情が浸透していれば、今回のAA会議での小泉演説みたいなことは不要だったはずです。
過去のツケを少しでも払うために小泉演説があったものと捕らえています。今回の是非は、今後の海外からの評価待ちと言うところでは無いでしょうか。
Posted by おおじじ at 2005年04月26日 22:25
大変申し訳ございません。
TBが多数重複してしまいました。
大変お手数ですが、削除していただけますで
しょうか。
すみませんでした。
Posted by yasukichi at 2005年04月26日 22:29
田中氏は小和田氏と縁がと噂に聞きましたが
本当であるのならば、田中氏は皇室を人質に
してる事と同じではないのでしょうか?

個人的には、小和田氏は俗世間から身を
引いてもらいたいのですが。
Posted by 井戸端会議 at 2005年04月27日 00:24
「電脳教科書補完録」を立ち上げた意味がありましたね。今回の小泉氏の土下座で、ネットの世論にも、まだまだ正常な国家観、歴史観が育っていない事を明確にしてくれました。少なくともネットの保守系世論くらいは正常な国家観、歴史観を持てるようにしなければ、北鮮から全ての同胞を奪還する事は絶対に無理です。

ネットの世論啓蒙のためにも「酔夢ing Voice」「電脳教科書補完録」ますます、がんばって下さい!そして、ご自愛くださるようお願い致します。
Posted by 東木栗ん太 at 2005年04月27日 01:41
私は小泉首相の大失態だったとは思わないですね。
大失態だったら石原知事あたりが黙って居ませんから。

それと支那を追いつめたとしても支那は只では
転びませんし、米国の共和党政権も何時までも
続くわけではありません。ここは敢えて東南アジア
との関係を重視し、支那の態度の悪さを浮き彫り
にする作戦は、さほど間違いでは無いでしょう。

旧列強諸国と同じ対応を採る手もありましたが、
米国が何時「同盟」と言う名の梯子を外すか判り
ませんしね。そもそも我が国の繁栄は様々な国
との同盟で成り立っている。インドネシアの発言
に我々日本人が感謝するのは当然の事でありましょう。
インドネシアは支那に対し自ずと矜持の差を見せつけた
格好であります。3馬鹿国家以外のアジア諸国の
日本への配慮に感謝したいです。
Posted by abusan at 2005年04月27日 11:20
>私は小泉首相の大失態だったとは思わない
>ですね。
>大失態だったら石原知事あたりが黙って
>居ませんから。

何の根拠もありません。小泉の失態は明らかです。シナが守勢に回っているのは、欧米メディアがシナに厳しいことを言っているからで、小泉スピーチの内容は影響していません。

>ここは敢えて東南アジア
>との関係を重視し、支那の態度の悪さを
>浮き彫りにする作戦は、さほど間違いでは
>無いでしょう。

小泉の失態をカバーするにはそれ位の擁護しかできないでしょう。西村氏も小泉の致命的な失態は、同点で終わらせたことと書いていますね。
現時点で同点で終わらせたことが失態だと思えない人って、どういう日本を望んでいるのか理解できません。
西村氏のこのエントリーのタイトルは深遠で意味深いと思っています。「バンドンから日比谷へ」まさに、小泉外交の限界なのです。
Posted by 一読者 at 2005年04月27日 12:54
一読者さま

 横から失礼します。あなたは小泉首相のスピーチ全文を読まれましたか?あれが無ければ欧米メディアも、日本も含めて北東アジア4馬鹿国家として突き放していたでしょうよ。彼らは中国一人勝ちも望まないけれども、日本の一人勝ちも望まないでしょう。たとえバナナと呼ばれようとも、あくまで我々が黄色人種であることを忘れては成らないと思います。

それになぜ「小泉」の失態なのか。それは外務省という制度、日本政府という制度の欠陥でもあり、議院内閣制下の一政権が劇的に変えられる代物ではないはずです。限られた機会と手段から次の一手を打たねばならない時、外交に100点満点はありません。批判するのは構いませんが、そこは是々非々で議論すべきでは?大ナタを振るうだけでは、議論にならんでしょう。

私も西村さんを応援する一人ですが、全てに同意しているわけではありません。それでも氏の活動には価値があると思う。その視点から、あなたの言動から西村さんへの盲信が感じられるのは非常に残念です。盲信者の出現は、氏の価値を貶めるでしょう。
Posted by 読者A at 2005年04月27日 17:57
一読者さま

 横から失礼します。あなたは小泉首相のスピーチ全文を読まれましたか?あれが無ければ欧米メディアも、日本も含めて北東アジア4馬鹿国家として突き放していたでしょうよ。彼らは中国一人勝ちも望まないけれども、日本の一人勝ちも望まないでしょう。たとえバナナと呼ばれようとも、あくまで我々が黄色人種であることを忘れては成らないと思います。

それになぜ「小泉」の失態なのか。それは外務省という制度、日本政府という制度の欠陥でもあり、議院内閣制下の一政権が劇的に変えられる代物ではないはずです。限られた機会と手段から次の一手を打たねばならない時、外交に100点満点はありません。批判するのは構いませんが、そこは是々非々で議論すべきでは?他人の意見を真っ向から否定して大ナタを振るうだけでは、まともな議論にならんでしょうよ。

私も西村さんを応援する一人ですが、全てに同意しているわけではありません。それでも氏の活動には価値があると思う。しかし、あなたの言動から西村さんへの盲信が感じられるのは非常に残念です。盲信者の出現が、氏の価値を貶めないことを切に願います。
Posted by 読者A at 2005年04月27日 18:00
間違って連投、失礼しました・・・m(__)m
Posted by 読者A at 2005年04月27日 18:02
田中均がどうこうってどういうソースで言ってるの?

信頼できる上司?
Posted by at 2005年04月28日 00:59
ま、一つだけ言えるとすれば、2度に渡る小泉訪朝を高く評価できる人は、今回の小泉演説も評価できるんでしょうなぁ。
「外交に100点満点はない」とか言って。
こちらは、80点は取れそうな問題で赤点だったから批判しているんですけどね。
Posted by イチ保守 at 2005年04月28日 01:03
朝鮮と中国にしか目がいってない人に世界を見ろといってもしょうがないと思います。

批判は誰にでもできますしね。

拉致問題は絶対に解決(取り戻す)してほしいしいですが、追い詰めるばかりでは暴発しないか心配です。小泉首相がのらりくらりしてるお陰で、安部さんや町村さんが正論を言えるのではないかと考える人も多いと思います。

国民を味方につけるには悪口や批判はあまり激しく言わないほうが良いのでは?どうせ言うならですが、今まで拉致問題で北の傀儡になってしまった政治家とかのことを言うほうが味方は増えると思います。

最後に大きなお世話かとは思うのですが、最近拉致問題の中の人が変わってきたように思います。プロ市民団体の人とか入ってないか心配です。安倍さんは小泉批判してませんよね。町村さんも。↑にも書いてる人がいらっしゃいましたが、ちゃんと役割分担できてるのではないのでしょうか?
Posted by しょうがないでしょー at 2005年04月28日 21:27
イチ保守様

そういうのをレッテル貼りっていうんでないの?
Posted by at 2005年04月28日 23:47
私は、小泉首相を支持しませんが、今回のAA会議における発言は支持します。
そもそも、中国は、日本に謝罪されたら困るのです。そのために、日本がいくら謝罪しても、声高に非難してそれを国際社会から隠してきた。ところが、AA会議50周年という場で、公然と謝った。
 もちろん、謝った上に、靖国問題、ガス田問題、台湾問題、ODA問題、常任理事国問題などで大幅に譲歩したらそれは大問題だけれど、実際は、逆に、たとえば台湾問題という、中国のもっとも嫌がる問題について、「日米安保の対象」と明言している。これに対して、中国は非難したんだろうけど、あまり聞こえてこない。影が薄くなっている。
 要するに今回の小泉の謝罪は、「謝れというのなら、これからも謝るけど、靖国問題、ガス田問題、台湾問題、ODA問題、常任理事国入り問題とは別だよ〜ん」と言ってるわけで、中国としては大変に困った状態になったと思います。(靖国参拝については、「適切に判断する」、台湾問題は、町村外務大臣の「日米安保で対処する」、ODA問題はすでに打ち切り決定済み、常任理事国入りは、実現するかどうかわからないけれど、推進パーティーに人民デモを組織するなどまでして猛反対している中国を招待するなど、中国の神経を逆撫で――あー快感(笑)――するなど、やりたい放題(笑)。)
Posted by at 2005年05月01日 13:10
小泉支持者はどうしてこういうイカれたのが多いんだろうねぇ・・・。サヨクより始末に終えない。思想というものが彼らより欠けてるんだもの。
Posted by めたるK at 2005年05月06日 22:44
保守的な人が多い板で、「痛い」と言う事でウォッチされてるのだが…本人は気付いていないんだろうか。
Posted by ねらー at 2005年05月07日 12:09
“痛い”と言うのは、西村さんが小泉批判をすると湧き出る一部の小泉ファンだけだね。
Posted by エセねらー at 2005年05月08日 01:04
>小泉支持者はどうしてこういうイカれたのが多いんだろうねぇ・・・。サヨクより始末に終えない。思想というものが彼らより欠けてるんだもの。
Posted by めたるK at 2005年05月06日 22:44

なんで小泉支持者と決めつけるのか不思議ですね。

Posted by at 2005年05月10日 13:03
私は西村さんの意見を支持します。中国・韓国・北朝鮮・ロシア・・・・小泉総理の外交姿勢に共通しているのは、後世にツケを回す点数稼ぎ。

評価している人もいらっしゃいますが、それは日本人が自画自賛で自己分析したに過ぎません。
海外首脳・メディアの評価が、そこまで同調してますか?

声大きく被害を主張した中韓。
一方の日本は、中国の反日暴動に抗議することも無く、国際会議の場でも歴史問題を村山談話で謝罪。

海外メディアは「反日デモはやりすぎだが、日本も悪い事をした。」の認識が大部分だと思いますよ。
国際会議の場で、中韓の歴史問題の主張が認知されたと思います。だって反論してないんですもの。



Posted by 三毛猫 at 2005年05月11日 18:25
Posted by at 2005年05月22日 08:45
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


小泉首相の決断を求める国民大集会 1
Excerpt: 昨日はもちろん第7回国民大集会に行ってきました。 疲れきって帰ってきてすぐ眠ってしまったので、エントリを上げるのが遅くなってしまいましたが。 恥ずかしながら私は大集会は初参加、 どんなふうになる..
Weblog: 人生とんぼ返り
Tracked: 2005-04-26 04:09

小泉首相の決断を求める国民大集会 2
Excerpt: と、ここらへんからちょうど体力が無くなってきまして、 ちょっと記憶が怪しくなってきます(笑)。 手元に当日のプログラムがあるのですが、だいぶ順番が違っていたので、 書いていく上で順番が狂うのは勘..
Weblog: 人生とんぼ返り
Tracked: 2005-04-26 04:10

国民大集会、町村外相のお粗末な歴史認識、首相の「謝罪外交」擁護のダブスタ
Excerpt:  写真は「電脳補完録―別館」より。昨日は「小泉総理の決断を迫る国民大集会」に参加するため日比谷公会堂に行った(テキスト起こしは「aoinomama13」、「話の花束」で。)。このところマスコミの扱いの..
Weblog: log
Tracked: 2005-04-26 07:35

4/24 第7回国民大集会 荒木 和博さん
Excerpt:  あおいのママとパパは、日比谷公会堂で行われた「小泉首相の決断を求める国民大集会」に参加いたしました。会場内外合わせて6000人の方々が集結されたということです。皆さま、本当にお疲れさまでした。 ..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-04-26 08:21

4/24 第7回国民大集会 竹下 珠路さん
Excerpt: *写真は、特定失踪者「古川了子(のりこ)」さんのお姉さんです。胸に「折り鶴」を着けての訴えです。  今回の集会では、特定失踪者のご家族の皆さんが約60名参加されたそうです。皆さんは、特定失踪者問..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-04-26 08:22

反日デモがないと寂しいかも
Excerpt: ピースボートの反日デモより貴重なニュース。 ※東京で、中共脱党者100万人突破の支援デモ なにやら世界中に中国共産党から脱党しようと呼びかけている。 サイトによるとニューヨークでは4000人がデモに..
Weblog: あるある雑記(仮)
Tracked: 2005-04-26 12:35

首相は制裁決断を!自民は法案却下を!
Excerpt: 「拉致被害者家族会が集会 首相に経済制裁の決断求める」(朝日新聞) 「北経済制裁 6000人『首相決断を』 拉致国民大集会 定員3倍参加」(産經新聞) 「拉致被害者家族会などが『国民大集会..
Weblog: 退屈をブッつぶせ!
Tracked: 2005-04-26 12:54

4/24 第7回国民大集会 中山 恭子さん
Excerpt: 《中山 恭子さん 元内閣官房参与》 *撮影したビデオカメラから文字化しました。  皆さま、この国民大集会にこのようにたくさんの皆さまがご参加くださいましたこと、心から感謝申し上げます。  先..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-04-26 18:08

AA会議&日中首脳会談を振り返る
Excerpt: -------------------------------------------------------------- 今回の、JR西日本の脱線事故でお亡くなりになられた皆様に、心より お悔..
Weblog: 日々不穏なり
Tracked: 2005-04-26 22:17

中共のアリバイ作り>反日デモ関連検挙進行中とケツなし町村の遠吠え
Excerpt: 上海反日デモ、投石などの16人逮捕…上海TV http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050425i112.htm
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-04-26 22:54

小泉のバンドン土下座>またしても小泉真理教徒が
Excerpt: 昨日は更新がありませんでしたがパソコンの調子が悪かったんですね。
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-04-26 22:57

政府よ、決断の時きたる。
Excerpt: 経済制裁。 今、決断しても遅すぎるという謗りは免れまい。 問題は「拉致問題を解決するのだ」という決意が政府にあるのかどうかという問題だと思う。 先日のAA会議における首相スピーチを私は土下座外交を止め..
Weblog: Adazakura's Weblog
Tracked: 2005-04-26 23:49

4/24 第7回国民大集会 崔 祐英さん
Excerpt: 《崔 祐英(チェ・ウヨン)さん 韓国拉致被害者家族協議会会長》 *撮影したビデオカメラから文字化しました。 (日本語でお話してくださいました)  皆さま、こんにちは。(会場から「こんにちは」..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-04-27 06:08

[韓国情報]馬韓国の壁〜壁の向こうに何がある?
Excerpt: * 「反省とおわび」の歴史認識、首相演説で表明  >> 小泉首相は22日午前(日本時間同日午後)、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)首脳会議で演説し、先の大戦をめぐる「痛切なる反省..
Weblog: 棒太郎の備暴録
Tracked: 2005-04-27 10:34

27日中国ヤフーと香港多維網
Excerpt:  26日の大陸yahooは、靖国神社参拝差止訴訟が棄却されたニュースを、トップ2段目に写真入りで取り上げた(NHKのニュースで流れた、先頭をチョゴリの女性二人が垂れ幕を持って歩く姿)。 http:/..
Weblog: 蓬莱の島通信 ブログ
Tracked: 2005-04-27 12:50

中国のジャイアンぶりと韓国の心変わり?
Excerpt: 日本の政治家は言葉よりまず行動を(評論) (by人民日報) そら見たことか。 あの姑息な中国人が表面的にあやまっただけで コブシを下ろすはずが無いではないか。 「遅すぎた謝罪はそれは..
Weblog: サキワレ慕情
Tracked: 2005-04-27 18:08

「アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ」を論じたブログいろいろ(2)
Excerpt: 「アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ」を論じたブログいろいろ の続きです。例によって上下の並び順に意味はありません。前のエントリが字数制限にひっかかったので更新は終わりにする..
Weblog: 玄倉川の岸辺
Tracked: 2005-04-27 19:02

色々のブログを見てますと
Excerpt:  ここしばらく色々のブログを見ていて思うんですが、バンドンでの小泉演説は実は謝っちゃいない。 こんな奇妙奇天烈な発言が、主に小泉真理教の運営するところから発信されており、最近までおそらく書けずにいた..
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-04-27 23:36

4/24 第7回国民大集会 曽我ひとみさんのメッセージ
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 《司会・西岡力さん》  第二部はですね、まだ帰って来ていない「家族会」の家族の方たちに、今までは家族会の役員として色んな発言をされてきましたけれども..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-04-29 20:00

4/24 第7回国民大集会 有本‥代子さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 (・・・は聞き取り不能) ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  ここで、曽我さんが24年間北朝鮮にいた経験からですね、北..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-04-29 23:59

Koizumi has resisted calls to punish the isolated state with sanctions
Excerpt: https://blog.seesaa.jp/tb/3158460 https://blog.seesaa.jp/tb/3229315
Weblog: 篆?絎?莖????綺
Tracked: 2005-05-03 01:02

5/1 TBS「報道特集」 《16人目の拉致被害者》
Excerpt: *5/1にTBSで放送された「報道特集」を、ビデオに撮ったものから文字化しました。 《16人目の拉致被害者『田中実さん』》 (司会者)  では続いての特集なんですが、この脱線事故が発生した(4月..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-03 04:00

Koizumi has resisted calls to punish the isolated state with sanctions
Excerpt: 「対話と圧力」のその政策を取って、小泉首相は制裁で孤立している状態を罰するという要求に抵抗しました。Koizumi has resisted calls t
Weblog: 保守資料庫
Tracked: 2005-05-05 06:52

4/24 第7回国民大集会 斉藤 文代さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  同じヨーロッパで、3人(有本恵子さん・石岡亨さん・松木薫さん)が北朝鮮に一緒に暮ら..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-06 12:13

4/24 第7回国民大集会 増元 照明さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  あの、何回か回そうと思いますので、1回をなるべく短めに、全部話さなくても大丈夫です..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-06 12:15

4/24 第7回国民大集会 市川 健一さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  それでは、市川修一さんのお兄さん、よろしくお願い致します。 《市川健一さん・拉致..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-06 12:16

4/24 第7回国民大集会 飯塚 耕一郎さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  「田口八重子さん」のご家族が並んでいらっしゃるんですが、「田口八重子さん」の長男の..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-06 12:18

4/24 第7回国民大集会。田 早紀江さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  ありがとうございました。えー、最近報道がありましたけれども、めぐみさんは、「お母さ..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-06 12:19

4/24 第7回国民大集会‖倍 晋三さん
Excerpt: 《安倍晋三さん 自民党拉致対策本部長》 *撮影したビデオカメラから文字化しました  自由民主党の幹事長代理の安倍晋三でございます。  本日は日曜日で大変いろいろとご多忙の中、この会場に多くの..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-11 08:07

4/24 第7回国民大集会。田 滋さん
Excerpt: 《横田滋さん 拉致被害者「横田めぐみさん」のお父さん 開会の辞》 *撮影したビデオカメラから文字化しました。  皆さん、こんにちは。(会場から「こんにちは」)  あの、開催にあたりまして、主..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-11 12:57

4/24 第7回国民大集会 李 星矣さん
Excerpt: 《李 星矣さん 朝鮮戦争拉致被害者家族協議会代弁人》 *撮影したビデオカメラから文字化しました。 (通訳・西岡力さん)  皆さん、お会いできてうれしいです。(大拍手)そしてお招きいただきまし..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-12 08:37

4/24 第7回国民大集会 寺越 昭男さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  あの、先ほど古川さんのご家族がお話された時にですね、日本政府はあるいは調査機関は、..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-15 08:08

4/24 第7回国民大集会 北野 政男さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  実は、先ほど安倍晋三さんや中山参与の方からもお話がありましたけれども、5人が帰って..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-15 08:09

4/24 第7回国民大集会 斉藤さん・飯塚さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  それで北朝鮮は今、寺越さん以外の日本政府が認定している被害者については「死んだ」と..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-15 08:10

4/24 第7回国民大集会。田 拓也さん
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  時間も押しておりますので、最後に一家族1人ずつですね、北にいる家族の人たちに今声を..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-15 08:12

4/24 第7回国民大集会 北にいるあなたへ
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 ◆未帰還者家族パネルディスカッション◆ 《司会・西岡力さん》  それでは、今度は寺越さんの方からですね、あの、もう天国にいらっしゃっていると思いま..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-17 08:28

4/24 第7回国民大集会 スザンヌ・ショルティさんメッセージ
Excerpt: スザンヌ・ショルティさん 米国「北朝鮮自由連合」副委員長 *撮影したビデオカメラから文字化しました。 《島田洋一さん・「救う会」副会長》  えー、スザンヌ・ショルティさんは、この2月の東京の..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-18 10:22

4/24 第7回国民大集会 地村 保志さんメッセージ
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 《地村保さん・「地村保志さん」のお父さん》  皆さま、こんにちは。穂からまいりました地村でございます。(大拍手)  皆さんのおかげで、また国民の皆..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-19 12:32

4/24 第7回国民大集会 蓮池 薫さんメッセージ
Excerpt: *撮影したビデオカメラから文字化しました。 《蓮池透さん・「蓮池薫さん」のお兄さん》  皆さん、こんにちは。「蓮池薫」と「蓮池祐木子」の兄の蓮池透でございます。  本日はせっかくのお休みの中..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-19 16:42

4/24 第7回国民大集会決議(案)
Excerpt: *写真は受付ロビー前でボランティアをされていた友人の皆さんです。いつも本当にお疲れさまです。(ブルーリボンバッジ、ストラップは完売したとのことです) 《国民大集会決議(案)》  いまこの瞬間も..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-05-20 10:08

日中関係についての識者の見解をつまみ食い
Excerpt: 5/23の加藤周一氏の「夕陽妄語」は、加藤氏が北京に滞在した際に感じた学生たちの赤裸々な対日感情を伝えている。 「今年の3月末に私は北京のある歴史家と話していた。場所は清華大学の構内、窓からは静かな..
Weblog: 不条理日記
Tracked: 2005-05-26 17:43




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。