SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2005年05月11日

「つくる会」海外特派員クラブ記者会見の、歴史的意義

050510つくる会会見@PRESSCLUB 006.jpg昨日、午後4時から東京の海外特派員クラブで「新しい歴史教科書をつくる会」が記者会見を行った。韓国と支那の反日暴動の後なので関心は高く、会場は満員だった。両国からの教科書への攻撃があったので、逆に日本側から情報を発信できるいいチャンスだった。もっとも、会場で欧米メディアより韓国、支那のメディアの姿が目立ったのは事実だった。真っ先に質問したのは民団新聞の記者で、攻撃的な口調で延々と「従軍慰安婦」の記述のこと、藤岡氏のつくる会シンポジウムでの発言について詰問した。民団はこれまで一貫して日本国内の反日勢力である「教科書21ネット」などと共に反つくる会攻撃の急先鋒に立ち、無意味な内政干渉を繰り返してきた。それでも、藤岡氏が落ち着いて慰安婦の記述が無くなったのは全ての教科書であって、歴史的事実がないことも説明した。記者の興奮した口調に、一部の欧米メディアから苦笑も漏れたのだが、それがこの会見を象徴していた。

050510つくる会会見@PRESSCLUB 008.jpg詳細は引用した記事を読んでいただけば分かるのだが、新華社など支那メディアの質問も、そのまま歴史討論会になるようなものだった。面白かったのは日経の記者が埼玉県教育委員に就任した高橋史朗氏がつくる会の教科書の監修者であり、不適切ではないかという質問をしたときだ。藤岡氏がその質問を会見の趣旨にそぐわないものとして時間の無駄になるので、後で個別に質疑に応じると答えたとき、韓国系メディアが陣取った席のあたりから、「逃げないで答えてくれ」というニュアンスの野次が飛んだ。空気を読めないとは、まさにこのことをいう。だが、そういう質問にも教育委員で教科書の執筆者は他にもいるし、問題になるのがおかしいと藤岡氏が答え、集まった内外のメディアにはかえって良かったのかもしれない。フィナンシャルタイムズの記者が極めて「空気の読める」質問をしてくれた。

「私の質問は非常に単純なものですが、客観的な歴史というものが存在するのでしょか?」
この質問に答えた藤岡氏はこう言った。
「歴史哲学的な質問ですが、客観的な事実と言うものはあると思う。だからそれが重要であって、それを歪めて書くのは許されないことだ。だが、歴史とはHISTORYにSTORYという言葉が含まれているように、書く側が主体的に構成する傾向がある。語る主体が歴史には出てくる。客観的な歴史はあるのか? という質問に対しては、事実については客観的な事実があると思う」

050510つくる会会見@PRESSCLUB 011.jpgこの質疑で、この会見は大成功だったといってもいい。また、ガーディアンの記者が日本の教育会にマルクス主義が勢力を持っているのは本当かという質問に対し、八木会長が「信じられないかもしれませんが、日本の現実です」と答えたとき、ざわめきも広がった。私は、つくる会は今後、政府、文科省などにパブリック・ディプロマシー、広報的なものを要求しないのかと質問した。そもそもこんな会見をつくる会が自腹を切って、近現代史部分の英訳版を配布して行うことがおかしい。反日暴動直後ということもあり、本来なら政府、外務省が行うべきことだ。拉致問題にも見られるように、日本は、まともな日本人が政府に裏切られる国であり、自力で行動しなければ何も獲得できない国になってしまった。外務省への要望を心ある人は行って欲しい。

イラクで日本人が行方不明になっている。英国の警備会社に勤務する斎藤昭彦さんは元第一空挺団隊員でもあり、筋金入りの優秀な軍人のようだ。フランス外人部隊の勤務も長いという。日本の憲法がまともなものだったら、外人部隊の傭兵や今回の勤務などなかったかもしれない。優秀な兵士だったというフランス外人部隊関係者の証言もあるので本当に残念でならない。武士が日本で生きられない時代は一刻も早く終わらせるべきだ。家族の方の記者会見に接すると、斉藤さんの無事と一刻も早い救出を願わざるを得ない。
posted by Kohyu Nishimura at 11:45 | Comment(48) | TrackBack(34)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
日本の教育現場に左バッター…というよりアカの方が多いというのは、海外にまで伝わってたんですね。
外圧にはまっこと弱い日本人、効果の薄い国内と「極極」東でのプロパガンダよりも、やっぱりこういう催しが正解?
Posted by 田中 at 2005年05月11日 12:08
産経の記事だけでは概要しか知ることができなかったので、詳細に渡るリポート有難うございます。

こうした場で正々堂々と、今までできなかった主張をできて本当に良かったです。「つくる会」にとっても「日本」にとっても。外務省・文部科学省は「つくる会」に大きな借りができましたね。

日本でマルクス主義が勢力を持っていると知った時のざわめきこそ、日本が誤解されている元ですね。日本国内にそれらの反日勢力が未だ活動中なのを知らなければ、彼らが捏造した歴史認識を事実だと信じ込んでしまうでしょう。今後は、海外に対するその辺りの情報公開も必要ですね。前回の採択妨害活動の実例
http://www.tsukurukai.com/02_about_us/05_adopt.html
なども英訳して配るかHPで公開したら良いのではないかと思います。
Posted by milesta at 2005年05月11日 12:17
ご報告有難うございます。
反日メディアはこれを記事にするわけがなく、日本の中枢までが在日朝鮮カルト宗教に侵されているんですものね。中国の反日暴動で日本の歴史の虚実に関心が高まった時期にタイミングよく外国人記者クラブでこのような質疑応答ができたことは本当に嬉しいです。日本人を残虐な民族であるという先入観を世界中の人に植え付けようとする勢力が国内にも多数存在していますし、北朝鮮を支持する日教組が日本の教育界を牛耳っていて、歴史的事実よりも共産主義のプロパガンダを日本の子供に刷り込み、日本が大嫌いな国民を再生産していることを私は本当に心配しています。活字でしかも教科書となれば誰しもウソはないだろうと思って当然です。みんな騙されてきたんですね。自分の国に。海外にどんどん真実を知らせて欲しいです。
Posted by 日本花子 at 2005年05月11日 12:46
ほとんど一般メディアで伝えられない昨日の記者会見。大変気になっていたので、詳しくて分析もためになる西村さんの報告は本当に助かります。
ありがとうございます。
今後とも頑張ってください。
Posted by ひで at 2005年05月11日 13:48
先日、岡崎久彦氏が桜チャンネルで語ってたことが
印象的です
「中国・韓国いずれの会見する幹部は本音では、靖国
 、教科書など聞かないでくれ
 そうすれば答えなくていいんだから、と言ってるん ですが、『必ず』日本の記者が聞くんですよね
 そうすれば、答えなくちゃいけなくなります
 煽ってるのは、日本人なんですよね」

いやあ、知らなかったんだよ
興味なくってさあ
じゃ済まされなくなった日本
おとなしく暮らしてた人も声を上げないとダメですね
Posted by アニ‐ at 2005年05月11日 14:06
今日の天気同様、さっきまで非常に憂鬱だったのですが、このサイトによって私の心は日本晴れとなりました。ありがとうございます。
Posted by 横浜の愛国者 at 2005年05月11日 14:30
外務省・経済協力局長と参事官の中国との繋がり。
佐藤重和 新局長 中国から年間2000万円の賄賂と中国人女性の愛人2人
(黒龍江省出身の29才と四川省出身の32才)を与えられている。
インドネシア・バリ島にある妻名義の別荘も中国政府からの贈り物。
中国軍の張万年(総参謀長・軍事委副主席)とは家族ぐるみの付き合い。
佐渡島志郎 参事官 年間1400万円の賄賂。愛人1人(雲南省出身の21才)を収賄。
エーゲ海に持つ自家用ボートが中国からの贈り物。
この書き込みについて、情報源や私自身の身分は一切明かせません。
こうして直接国民に訴えるしか方法がなかったのです。ご理解下さい。

↑実在している人なのかどうか知りませんが問題があれば削除して下さい。仮に本当だとしたら由々しき問題です。
Posted by こんなの見つけましたが・・・本当? at 2005年05月11日 16:08
本当だと思います。
Posted by 日本太郎 at 2005年05月11日 16:52
マヂですか…?なんだかフィクションを見てるみたいです…。
Posted by FGS at 2005年05月11日 17:21
中国企業情報ご紹介しておきます。
中国企業情報(2004〜2005年版) ( 著者: サーチナ | 出版社: サーチナ/中経出版 )
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/00a23533.3ce98e6f/?url=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2frbooks%2f779492%2f%23654889
Posted by 本発見 at 2005年05月11日 18:54
紹介するなら、このアドレスで十分かと…
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0001687222/

>>本発見さま
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0001704438/
Posted by K at 2005年05月11日 20:40
新しい歴史教科書をつくる会の、海外特派員記者クラブの会見動画を配信してる所はないでしょうか?

Posted by 自虐史観脱却者 at 2005年05月11日 23:14
ここで観られるよ。
http://www.videonews.com/
Posted by せんせい at 2005年05月12日 00:17
が自衛隊でがんばっていられる隊員は武士ではないような言い方に取られかねないですね。
本意ではないでしょうが。

仏外人部隊は日本人から見れば大した給与でもないそうです。今回の警備会社は高給みたいでね。
この方はハイリスクハイリターンを覚悟で、稼ぐために自らイラクへいったんですから国を守るために薄給で働く隊員と比べる言い方に違和感を覚えます。
身内の方もその辺をわきまえていらっしゃるように感じましたが。
Posted by 月300万円? at 2005年05月12日 00:53
> 月300万円? さん

> 稼ぐために自らイラクへいったんです

あななたは実際に、高橋さんからイラクへ行く理由を聞かれたんですか?
これだけは、斎藤さん御本人にしか分らない事でしょうに。
マスコミが必死でイラク入国の理由を取材してますが、これは最終的には斎藤さんが
無事に生きて解放されない限り、判明しないのは言うまでもないでしょう。


> 国を守るために薄給で働く隊員と比べる言い方

勝手に傭兵の給料の話を持ち出して、斎藤さんと比べているのはあなたのような気がしますね。

「本意ではないでしょうが。」と書いていられるので、
分っていると思いますが、斎藤さんのような優秀な軍人・逸材が、
日本に留まれなくなる・属していられなくなってしまうという
現在の日本の腑抜けな状態を、ただ憂いていらっしゃるんだと思いますよ。
Posted by たくわん〜 at 2005年05月12日 04:21
詳細なレポートありがとうございます。マスメディアが伝えないこういう情報は本当に貴重です。表面的なニュースだけを見ていても、北朝鮮との開戦が着々と近づいているようですから、斉藤さんのように優秀な軍人は、惜しむべき人材ですね。
こういう人が海外に行ってしまうのは、国家としての損失だと思います。
Posted by なすび at 2005年05月12日 08:57
1月、4/10と「作る会シンポ」に参加した者として非常に喜ばしい。
 我国の教育界がサヨクに侵食されてる現実を知れば知るほどもっと広義に知らしめねばと考えます。
反日の連鎖の一端である稀代の悪法「人権擁護法案」の先行きもまだ怪しいようですが、どうしても気になる発言がございます。それは
5/1銀座での反対デモ前の集会における講演で 西村先生が「共産党もこの法案には反対してるので連携を・・」と述べられたことです。参加者のなかには訝る様子の方も多く見受けられました。
趣旨はどういうところにあるのですか?開陳していただければ幸です。
Posted by K.Y. at 2005年05月12日 09:06
西村さんの意図はわかりませんが、かのウィンストン・チャーチルが第二次大戦時に言った『私は、ナチスを倒すためならば悪魔とでも手を結び、地獄に落ちてもいいと思っている』と同じではないでしょうか?
Posted by K.Y.さんへ at 2005年05月12日 09:22
K.Y様
それは単に「敵の敵は味方」程度の事ではないでしょうか。共産党について、どのように捉えるかは各自、共産党に関して得た情報や体験によって違います。おしなべて高齢の方は危険視しているようですが、現在の共産党はシンパも少なく議席も激減して暴力的な事はできないように見えます。「2ちゃんねる」などでも人権擁護法案では共産党と共闘したいとよく書かれていますが、それは思想的な共鳴は全く無く、単に闇の勢力にも「キャンキャン」吼えてくれるので共闘しやすいという事でしょう。共産党もあと2回も選挙が行われたら消滅してしまう党です。お気持ちはわかりますが、それほど危険視しなくてもいいように思えます。甘いでしょうか...
Posted by 普通の国民 at 2005年05月12日 09:24
外国人記者クラブでの作る会の報告は日本の歴史認識にうとい外国人にとってまことに有効かつ有意義あるものだと思います。ただこれまでどうしてこう言う機会を利用してこなかったのか遅すぎるに失した感じ否めませんね。
また、このような作る会の動きが有効性をもち始めると相対性原理でマルクス幽霊主義者の活動も活発になってきますのでそれにめげず頑張るよう祈っています。
Posted by JUGEM at 2005年05月12日 10:47
先日の掲示板に続き、今回もBBCのニュースが嘘八百で世界に発信してくれました。

安倍晋三氏や中川氏を糾弾するあたり、中国や北朝鮮と同様の主張です。朝日と同じ手法です。

外国人記者クラブで大事な事を伝えるのを忘れてましたね。実は「マスコミ」に偏向しそうがあり、情報を捏造しそれを垂れ流すことに抵抗を感じていないことを・・・。日本国内で外国人記者を記者会見を開いてもこの内容でしか発信されないのであれば、なんの為の会見かわかりません。アメリカやイギリスに乗り込みたくさんの現地の取材人がいる中で地道に日本の情報を発信しなければならないでしょう。

いったい世界中のマスコミはどこまで腐っているのでしょうか?腹がたって仕方ありません。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/4439923.stm

翻訳サイトなどで内容を確認してください。

大西ノリミツと言い、このjamie miyazakiと言う日本人を先祖にもった汚物ジャパニーズジャーナリストですね。

あぁ。せっかくのニュースが台無しです。

他の海外の新聞では記事が見当らないのですが・・・?
Posted by 初江 at 2005年05月12日 11:09
BBCが朝日のような嘘八百報道しました。こんな事では日本はまた誤解されるだけです・・・

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/4439923.stm

せっかくの記者会見が台無しです。
皆さんでBBCに抗議しませんか?

詳しくは翻訳サイトで確認して下さい。

日本の右翼が南京「大虐殺」と言わずに南京「事件」と言っている。安倍氏と中川氏を名指し(中国、朝鮮半島と一緒)で非難。日本の大半の若者は「虐殺」を肯定しているのに(これまた中国と同じ)一部の右翼がこのような教科書を広めようとしていること、また教科書の扶桑社の社名まで出しているのは中国とそっくりです。

今回の記者会見に参加したようではないので得意の伝聞だけで書いたのでしょうか?

このニュースで気分がよくなったのに最高に悪くなってきました。




Posted by 初江 at 2005年05月12日 11:23
教育界のマルクス思想も問題ですが、マスコミにもそういった勢力があることも伝えてほしかったですねえ。
海外に提供されるつくる会関連記事や安倍幹事長代理、中山文科大臣には、ほとんど必ず「国家主義者」とか「右翼」とか形容詞をつけて書いています。
これは日本の新聞社の記者だけではなく海外の新聞社の日本駐在員(日本人や日系人も多い)も似たようなことを書きます。
しかし、その右か左の判断はどういう根拠なのかいつも謎です。
おそらく記者個人の判断よりも人から聞いたことを、なんとなく書いているようにも見えます。
ですからやっぱり日本国内の『「反日」の構造』の根源地から何とかしないと収まらないのでしょうね。
Posted by かぼす at 2005年05月12日 11:36
>初江 様
念のため、その記事は先月の記事です。
>Last Updated: Wednesday, 13 April, 2005, 11:02 GMT 12:02 UK
今回の会見を受けて書かれたものではない事は意識したほうがよろしいと思います。
しかし当然ながら問題のある記事だとは思いますけど。

今のところBBCのネット記事では見つけられないので、むしろこのまま欧米では記事にならないことのほうが問題です。
JapanTimesやらKorea Timesなんかは早速記事にしていますけど。
Posted by かぼす at 2005年05月12日 11:46
BBCの支局って日本テレビ内でしたっけ。
電凸すると真面目に対応はするようですが、↓

http://dentotsu.jp.land.to/history.html#BBC

訂正もせずその後も同じ様なニュースを垂れ流してますね。
イギリスの本社に「東京の左翼記者を放し飼いにしたら恥かきますよ」とメールした方がよさそう。
Posted by Nikita at 2005年05月12日 12:02
"教科書立派なのに採択率どうして低調なのか"
西洋記者,日本セヨックモ自ら要望会見で非難

日本の'新しい歴史教科書を作る集まり(セヨックモ)'が日本駐在外信記者たちにホンツルが出た. 'セヨックモ'は日製侵略を美化.歪曲した中学校歴史教科書を作って波紋を投げかけた団体だ.セヨックモ会長団は10日午後東京の外国特派員協会で外信記者120余人が集まったの中記者会見をした.参加這おうという西洋報道人が大部分だったし日本言論関係者も一部いた.韓国.中国這おうという10余人に過ぎなかった.

この日セヨックモが普段しなかった外信記者会見を自ら要望した理由は"私たちが攻撃受けることは誤った韓国.中国の世論のため"と川辺するためだ.この日セヨックモは自分らの教科書でおよそ.現代史部分64ページを英文翻訳していちいち配布するなど気を使った.

しかし彼らの期待は余地もなく崩れた.一アメリカ人記者がフジオカノ−ブがス(藤岡信勝)セヨックモ副会長が書いたコラムを持って来て"日本が前提国家体制だった事があった.これは明らかな事実なのにどうしてそれを認めないようとするのか.私はあなたたちを全然理解することができない"としんらつに批判した.

ここにフジオカ副会長が"私もあなたのように思った酸っぱいのがあったが今は考えが変わった"と狭苦しい言い訳を列べた.するとそのアメリカ人記者は"あなたは全然私の質問に答えることができない"と言い放った.

引き続きイギリス人記者が出た. "あなたたち言葉どおりそのように立派な教科書なら教育委員たちと学父兄たちがこの教科書を先を争って採択するはずだがこの前にはどうして採択率が0%に近かったと思うのか"と捻った.すると惹起ヒデスで(八木秀次)会長は"日本教育界がマルクス信奉者たちで取り囲まれているから"と答えて記者たちの失笑を催すようにした.この日記者会見はセヨックモの'歴史歪曲'試図が当事者である韓国.中国はもちろん国際社会から'いじめ'あっていることを立証する席だった.

(写真)◆ 10日午後東京外国特派員協会で開かれた記者会見で ‘新しい歴史を作る集まり’(新しい歴史を作る集まり)の惹起ヒデスで会長(右)とフジオカノ−ブがス副会長が外信記者の質問に当惑な顔をしている.
http://news.joins.com/internatio/200505/12/200505120513348871400042004210.html

中央日報の報道だと全く逆のニュアンスですね。
Posted by タラちゃん at 2005年05月12日 12:21
かぼす様

早とちりでした・・。ありがとうございました。
googleで検索したときのアドレスバーの一番最後の日付を見て昨日分と勘違いしてしまいました。ご指摘ありがとうございました。

news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/4439923.stm - 45k - 2005年5月10日

そうですね。他に報道されていないようですね。JapanTimesとKoreanTimesが乗せるのはわかるような気がするのですが、他の国はどうでもいいことなのでしょうか・・残念ですね。
Posted by 初江 at 2005年05月12日 14:23
斉藤氏は本当に残念ですね。
日本人で実戦を実際に経験した人は数えるほども居ません。
しかも、死線を潜り抜けて帰ってきても正当な居場所が無いのも事実です。
彼ほどの経歴を持った優秀な叩き上げの職業軍人というのは、お金を出しても得られません。
フランス軍では教官をやっていたようですが、フランス軍も手放したくなかったとおもいますよ。
まして平和ボケして危機意識のかけらもない日本においては、本当に得がたい人材だとおもいます。
今の自衛隊特殊部隊も、警視庁自慢のSATも北朝鮮コマンド部隊の浸透作戦を阻めるとはとても思えないです。
Posted by 軍事マニア at 2005年05月12日 14:31
韓国版の人権擁護法案(言論弾圧)が成立しそうな感じです。
これでネット上の言論はおかしくなりそうです


「ネットでの名誉毀損・侮辱」は被害者からの通報がなくても捜査へ 法改正

 インターネット上で名誉毀損や侮辱などにあたる事例があった場合、被害者からの
通報がなくても捜査ができることになりました。政府は10日、学校、暴力団、
インターネット上でのこうした暴力を根絶するための会議を開き、ネットでの
書き込みやメールなどで名誉を傷つけられたり、侮辱された場合、被害者の通報が
なくても捜査ができるようにする方針を決めました。
 現在は被害者の通報がないと、加害者の処罰ができなくなっていますが、
情報通信部は、今後、専門家による討論会を開き、8月までに情報通信網利用促進と
情報保護などに関する法律の改正案をまとめ、来年2月に国会に提出することにしています。
 政府はまた学校内でのいじめなどの暴力をなくすため、釜山でモデル実施されている、
学校内に警察官OBが常駐する「スクール・ポリス制度」を大幅に拡大実施することも
検討しています。

ソース:KBS World Radio
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_detail.htm?No=17018
Posted by 名無し at 2005年05月12日 14:32
【情報】
つくる会と外国人記者との問答
mms://wms01.aii.co.jp/vnews/051005_tsukurukai_300.wmv
Posted by dss at 2005年05月12日 15:11
筆者が言われる様に、何で「新しい教科書を作る会」がこんな事をやらなきゃいけないのか?
民間の有志が「外務省」に代わり日本の現状を世界の記者に説明して、初めて日本の教育と中国、韓国の異常さに各国の記者が認識する「図」この状況を「恥」と思わない「外務省」「文部科学省」、御役人様しっかり仕事をして下さい。
Posted by 古田 at 2005年05月12日 15:39
毎日拝読、勉強させて頂き誠にありがとうございます。

自分も海外メディア(BBC(反日です)、FT、The Times、Telegraph、Independentなどイギリス中心ですが)の観察を続け、毎日のようにブログに「日本から海外メディアへのPRがもっとできないのだろうか?」と問いかけておりました。本当に欧米のメディアなのか、と疑うほど酷い内容を目の当たりにし、歯がゆい事この上ありませんでした。

ですから、今日のエントリー内容は本当に嬉しくてなりません。

拉致問題などと同様、このような国のPRすらも民間でやらねばならないのか、という憤りは変わらずございますが、それでも、Kick-offが出来た事実への喜びの方が大きいです。

これからもお体ご自愛の上ご教示下さい。
Posted by 喜多龍之介 at 2005年05月12日 15:53
教科書立派なはずなのに採択率なぜ低調か - 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63445&servcode=200§code=200

> あるアメリカ人記者が、藤岡信勝つくる会副会長が書いたコラムを取り上げ「日本が専制国家体制だったことがあった。 これは明らかな事実なのに、なぜそれを認めようとしないのか。 私はあなたがたを全く理解することができない」と辛らつに批判した。
>
> 続いて英国人記者が 「あなたがたの言葉通り、それほど立派な教科書ならば教育委員や保護者らがこの教科書を、先を争って採択するだろうが、なぜ採択率が0パーセントに近かったのか」と詰問した。 すると八木秀次会長は「日本の教育界がマルクス信奉者ら構成されたいたため」として答え、記者たちの失笑を買った。

同じ物を見たはずなのに、彼らはこんな記事を書いちゃってます(--;
Posted by 通りすがり at 2005年05月12日 18:52
こんなの見つけましたが・・・本当?さんの外務官僚の賄賂と愛人情報は、本当だと思います。
賄賂は、日本からのODAのほんのほんのごく一部を使えば良いわけですから、中国にとっては、痛くもかゆくもありません。
さすが中国、日本の外務省にがっちり食い込んでますね。
何年か前、東京の超一流ホテルに何億円もの金を不正に蓄財させ、外務官僚が、愛人としけ込む時に使っていた事件がありましたよね。あれは、本当の話なので、この話も十分に信憑性があるのではないでしょうか。
外務官僚なんて、本当に国のことを考えている奴はごく一部で、大部分は、己の欲得だけでしょう。
日本人は、本当に醜くなりましたね。
この情報のソースを、是非明かしてもらいたいものですね。
Posted by がく at 2005年05月12日 18:53
すいません。原文の記事が既出でしたm(__)m
Posted by 通りすがり at 2005年05月12日 18:57
2005年05月12日 09:06 K.Y. 様

日本共産党も人権擁護法案には反対しています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/02_01.html

歴史問題や憲法問題では意見を異にするけれども、人権擁護法案に関しては反対の立場で一致している。この問題に関しては連携してもよいのではないか・・・という趣旨だと思いますが。
Posted by Tdd at 2005年05月12日 19:50
2005年05月12日 09:06 K.Y. 様

日本共産党も人権擁護法案には反対しています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/02_01.html

歴史問題や憲法問題では意見を異にするけれども、人権擁護法案に関しては反対の立場で一致している。この問題に関しては連携してもよいのではないか・・・という趣旨だと思いますが。
Posted by Tdd at 2005年05月12日 19:50
こんばんは。毎日更新を楽しみにしております。“せんせいさん”御紹介の『つくる会記者会見の動画』、さっそく拝見しました。じつに見事な会見でしたね。これは本来は、国がすべき仕事ですね。

■【動画】新しい歴史教科書をつくる会記者会見 (2005年5月10日・外国特派員協会)
http://www.videonews.com/

それにひきかえ、“つくる会”教科書の採択阻止を日本人を拉致して返さぬ国の手先の新聞で訴える俵義文さんには、情けないのひと言です。

■〈教科書検定問題−下〉 子どもと教科書 全国ネット21 「あぶない教科書NO!」の声−俵義文事務局長  5/11(朝鮮新報)
http://210.145.168.243/sinboj/j-2005/05/0505j0511-00001.htm

その俵義文さんたちが考える日・中・韓で共有すべき歴史認識とは、こんなものだそうですよ。開いた口が塞がらないとは、このことですね。

■日本・中国・韓国=3国共同編集 未来を拓く歴史
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2004.12.16/1.html
Posted by るり at 2005年05月12日 21:01
コメント欄で「これは本来は、国がすべき仕事ですね。」と書いちゃう人が出るのは憂慮すべき状況だと思います。ナポレオンに占領されたドイツで、シラーは言った。「祖国があるのではない。母国語があるのだ。」

「国」と「政府」の混同が、そもそもの間違いの始まりです。しかもサヨクはそれを意図的にやっているのですから(時の政府に対する不満を日本国に対する不満にミスリードする)、愛国者を自認される皆さんがそれに嵌ってしまっていいのでしょうか。

永続すべき存在の「国」「国家」と、その時々で変わる「政府」「政権」の区別をつけるべきだと思います。
Posted by 報国隊の末裔 at 2005年05月12日 21:35
場違いな内容でありますが微笑ましい?記事が
ありますので紹介します。

11歳Fカップアイドル沙綾が反日運動を止めた?

週刊文秋5月19日の記事によると

中国版2ちゃんねる、という感じの現地の掲示板サイトに次のような書き込みがあったらしい、
しかも画像つきで

日本11歳豊乳小妹入江沙綾向所有中國人民布告!!

親愛的哥哥,日本美少女沙綾求求ni,不用發動魯莽的反日暴亂阿。
不然的話,我會討厭ni??
如果?們停止反日鬧劇,為祖國 民 主 化 努力的話,
我馬上會給大家看看我的乳房寫真,免費下戴!!
中國人民団結起來!

でこれの日本語訳は

日本の11歳の巨乳ロリドル入江沙綾が中国人民の皆さんに言うお!
大好きなお兄ちゃん、日本の美少女沙綾のおねがいです、反日のおいたをしないでください。
そうじゃなきゃ、あなたを嫌いになっちゃうかも。もし反日さわぎをやめて、中国の民主化のために
努力してくれるなら、すぐにわたしのおっぱいうpします!!!中国人民よ団結してください!!

との書き込みがありその結果どうなったかはその掲示板に

「11歳には見えん。18歳だよ。萌えー」
「こう言う日本製品は排斥しない!」

という書き込みがあったり

現地の中学生が釣られて「お前が好きになった、連絡くれ」と自分の名前と学校をさらしたり

などの書き込みがあり、現在もそのサイトでは
入江沙綾さんの画像があります。

これについて本人は困惑していましたが、
下記のコメントを言っていました。

「日本と中国は仲良くしてほしいです。なかよくしていけばみんな幸せになるんじゃないかと思います。」

情報は2ちゃんねるvs中国版2ちゃんねるのやり取りから出てきたものらしいです。

http://vipmomizi.jog.buttobi.net/index.htm

ちなみに彼女は韓国でも人気があるそうです。

彼女のようなU15アイドルを親善大使にすれば
反日問題も解決するかも。
Posted by しんちゃん at 2005年05月12日 21:56
記者会見のビデオ見ました。
藤岡先生の対応がすばらしかった。
欧米のメディアは、ちゃんとした学者である、少なくとも極右団体ではない、という事は全員理解してくれたと思います。

民団の記者と中国の記者が、バイアスが思いっきりかかっていて目だっていましたね。それと、日経の記者。藤岡先生が見事に対応してましたが。
 特に傑作なのは慰安婦の記述がない、と抗議した民団の記者への対応。「日本が教科書に慰安婦の記述を載せるまで、韓国も教科書に載せてなかった」と返り討ち。
Posted by 三等水兵 at 2005年05月12日 22:23
>>Posted by 愛たん at 2005年05月12日 21:19
>>Posted by 愛たん at 2005年05月12日 21:20
>>Posted by 愛 at 2005年05月12日 22:26

FC2ブログ 問い合わせフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=15028

利用規約
http://blog.fc2.com/kiyaku.html

凍結に成功した例
http://blog10.fc2.com/forbidden.html
Posted by at 2005年05月12日 23:11
>るりさん
俵義文氏の本の目次見ました。
「未来を拓く歴史」にベトナム戦争、中越戦争、チベットやウィグルへの侵攻、二・二八事件といった記述が記載されていないのは仕様ですか?

日清・日露の記述があるがどう歪めているのか気になるところ。ページ数も全部1ページにまとめ書き、V章はページ数絶大だったりして・・・。

記者会見の動画は明日ゆっくり見ます。
Posted by chaka at 2005年05月13日 00:44
この嫌がらせのゴミコメントは、反日韓国・朝鮮人の工作ではないかと疑われますね。

      ↓      ↓
どうも^^楽しいブログですね、尊敬しちゃいます
Posted by 愛たん at 2005年05月12日 21:20

Posted by at 2005年05月13日 01:03
記者会見の動画拝見しました。
正々堂々とした、きちんと「顔の見える」姿勢に自然と敬意と親近感を覚えます。
陰ながら応援しております。
Posted by さんちゃご at 2005年05月13日 02:09
なんかコメントが多いなあ〜と思ったら、またまたエロサイトのゴミコメントかよ!って感じですね。
支那&朝鮮&反日日本人の仕業でしょうね。

私も以前支那大使館へ潜水艦領海侵犯の件で抗議メ−ル送ったら、返事は来ずに何度もエロサイトのメ−ルが届きましたから。
Posted by 憂国者ND at 2005年05月13日 23:44
<おかしい。反日暴動直後ということもあり、本来なら政府、外務<省が行うべきことだ

そんなこと、一出版社の教科書に大してやってやる必要がどこに
ある?それこそあんたらの批判している中国韓国の国定教科書
と同じじゃないか。このBlogの管理人は妄想が強すぎるな。
Posted by サヨクくん at 2005年05月15日 15:53
いい歳して、恥ずかしくないか?
団塊の反日糞サヨのゴミが残っちゃった。w
Posted by 馬鹿サヨ君へ at 2005年05月15日 18:07
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)
http://blog.seesaa.jp/tb/3562678

「トヨタが最高益更新」困ったぞ・日本!
Excerpt:  昨日のTVで分っておりましたが、「トヨタ自動車が平成17年3月期連結決算で、売
Weblog: 美しい日本
Tracked: 2005-05-11 13:39

イラクは本当に不可能なのか  阿部重夫 『イラク建国 「不可...
Excerpt: また日本人が、呪われた大地イラクで犠牲になろうとしている。イラクとは、そもそもどんな国なのか。2004年3月、1年前に出たこの書は、あらためて実感させてくれます。サダム・フセインは、最初の悪ではなく、..
Weblog: 書評日記  パペッティア通信
Tracked: 2005-05-11 15:43

イラクは本当に不可能なのか  阿部重夫 『イラク建国 「不可...
Excerpt: また日本人が、呪われた大地イラクで犠牲になろうとしている。イラクとは、そもそもどんな国なのか。2004年3月、1年前に出たこの書は、あらためて実感させてくれます。サダム・フセインは、最初の悪ではなく、..
Weblog: 書評日記  パペッティア通信
Tracked: 2005-05-11 15:48

覚悟の上と知れば、今度は「戦争の民営化」か。
Excerpt: これは『戦争請負会社』 P.W.シンガー (著)に出てきた言葉なんだね? (レビューより引用・日経ビジネス掲載) 本書ではまず軍事の民営化に至る歴史的経緯に触れ、もはや戦争や紛争の現場が公の部隊だけで..
Weblog: * 園丁日記 *
Tracked: 2005-05-11 16:00

つくる会謹製 事実の広報宣伝会
Excerpt: イラクでまた日本人が誘拐されてしまった。 最初から日本人が目的だったわけではなく、襲撃した輸送車両の警備に日本人が混じっていたため、これ幸いと人質に取ったらしい‥‥‥。 しかも犯人グループは「米軍..
Weblog: バビロン7の東奔西走狂詩曲
Tracked: 2005-05-11 18:11

「つくる会」孤軍奮闘
Excerpt: http://www.sanyo.oni.co.jp/newspack/20050510/20050510010054871.html 扶桑社版の中学歴史教科書を主導した「新しい歴史教科書をつくる会..
Weblog: +- 何でも雑記帳 -+@WebryBlog
Tracked: 2005-05-11 18:17

「つくる会」孤軍奮闘
Excerpt: http://www.sanyo.oni.co.jp/newspack/20050510/20050510010054871.html 扶桑社版の中学歴史教科書を主導した「新しい歴史教科書をつくる会..
Weblog: +- 何でも雑記帳 -+@WebryBlog
Tracked: 2005-05-11 18:24

外国人記者クラブでの会見
Excerpt: 某月某日  〈つくる会〉八木会長、藤岡副会長による外国人記者クラブでの会見に立ち会ふ。詳細は、西村幸祐氏のブログ『酔夢ing Voice――「つくる会」海外特派員クラブ記者会見の、歴史的意義』の報告に..
Weblog: 遠藤浩一覚書
Tracked: 2005-05-11 20:24

北鮮関連 マンギョンボンなど
Excerpt: 万景峰号に一般船舶保障契約証明書、国交省が交付 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050511i303.htm
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-11 23:13

ガス田>中共の妨害に対する対策の議論をなぜやらない!!
Excerpt:  僕などは諍いを起こす場合には、相手の持ちうる選択肢を詳細に検討し、拳骨を上げたら最後まで下げないか下げるかをまず決めます。 そうして、下げない場合には、殴り合いをどこまでやるかを決め、そのタイミン..
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-11 23:16

人権擁護法案の今国会成立は困難な情勢>二枚腰与謝野
Excerpt:  昨日の「人権擁護法案:国会提出前に、自民党内の対立が先鋭化」の続報を産経WEBで見つけました。
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-11 23:43

米軍事駐留の効用証明>ロバート・サター 産経新聞WEB版より
Excerpt: 反日デモ 米軍事駐留の効用証明 ロバート・サター教授 http://www.sankei.co.jp/news/050511/kok031.htm  ????中国の今度の反日デモはアジア全体には..
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-11 23:47

無関心の仕組み
Excerpt: 「つくる会」海外特派員クラブ記者会見にて。 「つくる会」とは「新しい歴史教科書をつくる会」である。ガーディアン誌の記者が「日本の教育会にマルクス主義が勢力を持っているのは本当か」と質問し、八木会..
Weblog: 咆月狼日乗
Tracked: 2005-05-12 04:07

つくる会、超ガンバレ!!!
Excerpt: 産経新聞 「つくる会 英訳で教科書説明 中韓記者ら100人に」 西村氏もGJ!
Weblog: タリラリラーンのランララン
Tracked: 2005-05-12 09:35

国際的な広報活動
Excerpt: つくる会 英訳で教科書説明 中韓記者ら100人に  英国人記者が「教育関係者はつくる会に感謝しているはずなのに、なぜ前回の採択でほとんど使われなかったのか」と尋ねると、八木会長は「皆さんには信じられ..
Weblog: ねこまんま
Tracked: 2005-05-12 13:01

思想を持ってもいいが、溺れないようにな>先生編。
Excerpt: 非常に怖いと思ったこんなサイトがあった。 日教組の「自衛官の子いじめ」 「人権」はなかった… 社会部次長 大野敏明 [1996年02月02日 産経新聞東京夕刊] http://www.geociti..
Weblog: * 園丁日記 *
Tracked: 2005-05-12 14:01

Thursday, 12th May 2005
Excerpt: 今日は2時間ミーティング1本、翻訳3本…時間が足りない!のですが、西村氏の『酔夢ing Voice』で素晴らしいエントリー発見しましたので、早速トラバさせていただき、皆様にご紹介申し上げます。常日頃か..
Weblog: 今日の覚書、集めてみました
Tracked: 2005-05-12 16:02

韓国の自尊心
Excerpt: 【動画】新しい教科書:近現代史英語版を配布 この記者会見のレポートを西村氏がエントリーしてくれています。 「つくる会」海外特派員クラブ記者会見の、歴史的意義 昨日、午後4時から東京の海..
Weblog: 散歩道
Tracked: 2005-05-12 18:25

「北」の核実験
Excerpt: ここのところやっと仕事が落ち着いてきて、夜のニュースをじっくりと見ることができる
Weblog: Dr.GEIST's SELFISH BLOG
Tracked: 2005-05-12 22:08

( ´H`)y-~~国際的仲間はずれ
Excerpt: 「新しい歴史教科書をつくる会」が、海外マスコミに対して記者会見を行ったわけである
Weblog: 木村幽囚記
Tracked: 2005-05-12 22:35

リガ演説を黙殺する朝日新聞
Excerpt:  今日は中西の授業があったが、お寝んねしていたのか例の極左集団は授業妨害に来なかった。ホッとしたようなガッカリしたような・・・・     さて、やや遅くなるが、ブッシュのリガ演説をご存知だろうか?..
Weblog: ある多摩人の憂国徒然日記
Tracked: 2005-05-13 00:26

つくる会・会見:Japanese Nationalists Use Wartime Facts/AP配信
Excerpt: MSN-NEWSで japan textbook を検索 http://search.msn.com/news/results.aspx?q=Japan+textbook&amp;first..
Weblog: 保守資料庫
Tracked: 2005-05-13 02:08

つくる会・会見:Japanese Nationalists Use Wartime Facts/AP配信
Excerpt: MSN-NEWSで japan textbook を検索 http://search.msn.com/news/results.aspx?q=Japan+textbook&amp;first=1..
Weblog: 保守資料庫
Tracked: 2005-05-13 02:12

つくる会の記者会見報道の違い。
Excerpt: 教科書立派なはずなのに採択率なぜ低調か 日本の「新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)」が日本駐在の外信記者たちに叩かれた。 この日、つくる会がこれまでしてこなかった外信記者会見を..
Weblog: Storyteller
Tracked: 2005-05-13 11:13

『日本売ります』>お安くしときまっせ??!!
Excerpt: 扶桑社教科書採択反対派が会見  新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の中学歴史・公民教科書の不採択運動を行っている「子どもと教科書全国ネット21」の俵義文事務局長らが13日、東京・..
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-14 11:13

ウォールストリート・ジャーナル論説委員の語る日中の軋轢
Excerpt: 中国、反日デモ 政権の正当性確保の手段(産経新聞5月14日朝刊より) ウォールストリート・ジャーナル論説委員 メラニー・カークパトリック氏
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-14 11:14

新しい教科書asx
Excerpt:    相変わらず原稿中で有りまして、机の前にくっついたまま見られる、聞けると言う事でFLASHやら動画やらをPCで流しておりました。  と、私が現在読書中の本(遅過ぎだよ!!)の改訂本、「新しい..
Weblog:  ◆ ケシクズ ◆
Tracked: 2005-05-14 21:02

「マルクス主義者の陰謀」という妖怪さん、出ておいで!
Excerpt: 5月10日に外国特派員協会で「つくる会」の記者会見が行われたが、「ぼやきくっくり」さんの紹介のおかげで、記者会見の映像を見ることができた。私が特に面白いと思ったのは、イギリスのガーディアン紙記者の質問..
Weblog: ヒロさん日記
Tracked: 2005-05-15 08:00

気になるニュース。教科書と子供は日本の宝。中国と韓国の宝ではありません。
Excerpt: ・「つくる会」海外特派員クラブ記者会見の、歴史的意義 今年も「話題」になるであろう教科書採択について、「話題」の新しい歴史教科書をつくる会が、読まずに批判する人(日本のあるマスコミ等)の誤解を解くた..
Weblog: シドニーで国際人になろう! 国際派日本人のススメ
Tracked: 2005-05-17 06:05

◆つくる会 外国特派員協会で会見 普通の教科書、正しく伝えて
Excerpt: 平成17年5月17日(火) 「戦争美化」せず悲惨さを記述/国民の声と教育界にギャップ 平成17年5月16日(月) 産経新聞  海外に正しく伝えてほしい??。東京・有楽町の日本外国特派員協..
Weblog: ★★★ 桜 魂 ★★★
Tracked: 2005-05-17 06:08

僕たちの生きるこれからの50年
Excerpt: ・「つくる会」海外特派員クラブ記者会見の、歴史的意義 今年も「話題」になるであろう教科書採択について、「話題」の新しい歴史教科書をつくる会が、読まずに批判する人(日本のあるマスコミ等)の誤解を解くた..
Weblog: シドニーで国際人になろう! 国際派日本人のススメ
Tracked: 2005-05-20 07:33

つくる会に吹く追い風
Excerpt: 新しい歴史教科書をつくる会の歴史教科書を平成14年、愛媛県教育委員会が採択したと聞いたとき、日本が中道の思想に振り戻そうとする動きを確信したものです。それは間違いなく右ではなく真ん中あたりです。今まで..
Weblog: Adazakura's Weblog
Tracked: 2005-05-21 17:23

…平和の定義とは何でしょうか?
Excerpt: さて、あちこちで言及ありますので、 最早、私が言うまでも無いのですが…本当に、 この方々は人間というものに対する見方が「自分本位」、 つまりは「思想本位」なのです。「物理的暴力」を 振るわないことだけ..
Weblog: * 園丁日記 *
Tracked: 2005-05-27 23:33

「北」の核実験
Excerpt: ここのところやっと仕事が落ち着いてきて、夜のニュースをじっくりと見ることができる
Weblog: Dr.GEIST's SELFISH BLOG
Tracked: 2008-10-22 10:51




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。