以前、ここに「So What?」というタイトルのエントリーを書いた事があるが、何を書いたのか全く憶えていない。マイルス・デイビスの口癖だった「So What?」(それがどうした?)は、かの名曲のタイトルとなったが、私は「Milestones」の方が好きだ。

「マイルスの音」と「一里塚」を掛けたお洒落なタイトルに、初めてこのアルバムを知った高校時代、えらく感動した。「So What?」の方が音楽的には高度なのは分かるけど、「Milestones」のいきなり三管のユニゾンで入るテーマの提示は、その後にどんな音が飛び出すかとゾクゾクさせ、あの導入部だけで参ってしまった。

今回のワシントンポストの意見広告は、まさに日本人にとっての「Milestones」ではないかとこじつけてみた次第。日本人が米国下院外交委員会の決議案に正面からNON!を叩きつける歴史的なものだ。しかも、こんな事実無根の決議案「反日121号」に賛成する議員は大恥をかくことと歴史的な誤謬を犯すことを警告した、極めてアメリカ想いの親米的な意見広告だった。

26日に採択されるという情報で溢れ返っているが、どうってことない。26日は外交委員会の採択であり、それは去年もエバンス議員の決議案が満場一致で採択されたことを繰り返すに過ぎないからだ。しかもその後、下院本会議で採択されても、かえって日本は有効な対米カードを保持できることになる。

ところで、韓国メディアや朝日新聞が理性を失って憶測情報を書きまくるのはいつものことだが、19日のこの時事電はいったい何だろう? わが国は情報発信力が欠如してるだけでなく、情報入力もこんな拙劣なレベルなのだ。ワシントンから配信するなら、もっと取材ソースに確度を感じさせるまともな記事を書けないのだろうか?
「強制性否定」が逆効果=採択濃厚の慰安婦決議案-米下院
2007/06/19-16:48
【ワシントン19日時事】米下院外交委員会が26日に採決する従軍慰安婦問題の対日謝罪要求決議案は、賛成多数での可決と、本会議での採択が濃厚となっている。ここまで支持が拡大した要因の1つに、安倍晋三首相が「狭義の強制性」を否定する論陣を張り、米議員の反感を買ったことが挙げられる。日本の国会議員らによる最近の強制性否定の意見広告が駄目押しとなったとの見方も広がっている。
不思議なのは、この種の記事を書く記者がもし日本人なら、日本人の人権を著しく侵害するマイク・ホンダの「反日121号」決議案に目を通していないのかということだ。もし、目を通していたら、こんな記事は書けないはずなのだが・・・・・

今日、21日、「歴史事実委員会」に賛同して下さった超党派の国会議員の方々と打ち合わせを行った。26日に下院外交委員会で「反日121号」が採択されたら、すぐ反撃を開始するということで意見が一致した。

※歴史事実委員会の花岡信昭氏の日経BPの連載コラムが更新されました。
ワシントン・ポスト紙に「慰安婦意見広告」― その経緯と波紋

※19日からネットラジオ「ENDLESS DREAM」の番組が変わりました。今回は北京五輪のボイコット運動について話をしています。話が脈絡なく、F1南アフリカGPのエピソードやワールドカップ南アフリカ大会のことにも飛んでいますが、北京五輪が関わる重大な問題も話しています。6月2日、成田で入国できなかった支那の民主化運動のカリスマ的指導者、魏京生氏のインタビューを再度お聴き下さい。このエントリーを読みながらラジオを聴いて頂ければ一層理解が深まると思います。
7月2日までの配信なので、感想などご意見ご希望もどしどしお寄せ下さい。