SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2007年06月23日

米国下院議員へのファックス

昨日の番組では日本の有志たちが米国下院外交委員会の議員50名へすでにファックスを送信済みであることをお話した。昨日のエントリーでそれに触れていないので追記する。「史実を世界に発信する会」の代表である外交評論家、加瀬英明氏が以下のファックスを送信している。
           決議案121号について

Dear Mr. Chairman:

It is our understanding that the Committee on Foreign Affairs will soon vote on House Resolution 121. We would like, once again, to ask all members of the Committee to give serious consideration to the significance of this resolution.
国際問題委員会において、近く掲記決議案の採択が行なわれると伝えられているが、この決議案の意味することについて、委員の皆様に再度真剣な検討をされることをお願いするものである。

As stated in reference material we sent to you on April 27 (a report entitled “No Organized or Forced Recruitment: Misconceptions about Comfort Women and the Japanese Military” by Prof. Hata Ikuhiko *http://www.sdh-fact.com/CL02_1/31_S4.pdf, etc.) and in “THE FACTS” (a paid advertisement in the June 14 edition of the Washington Post), House Resolution 121 is not premised on fact, and is therefore an unjust condemnation of Japan.
4月27日付けでお送りした資料(No Organized or Forced Recruitment: Misconception about Comfort Women and the Japanese Military by Prof. Hata, etc.)、そして6月14日付けのWashington Post 紙に掲載されたTHE FACTSと題する意見広告にも要点が述べられているように、121号決議案は、事実に基づかない不当な日本糾弾決議案である。

Human rights are not the heart of the issue. Like you, we have enormous respect for human rights. We are concerned about the damage to Japan’s reputation and the violation of the human rights of Japanese citizens that will result from a resolution that claims to champion human rights, but is based on grossly distorted historical fact.
問題のポイントは「人権」ではない。人権の尊重ということについてわれわれは議員諸兄と根本的に信条を共有している。われわれが問題にしているのは、「人権の大義」を看板に掲げつつ、その実は歪曲した歴史事実を根拠として、日本の名誉と日本人の人権を毀損するような決議案が提出されている、ということに関してである。

The resolution mentions “the ‘comfort women’ system of forced military prostitution by the Government of Japan.” But in fact the comfort women were not victims of forced military prostitution, but “nothing more than a prostitute or professional ‘camp follower’” as described in official U.S. military records (United States Office of War Information, Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Force, India-Burma Theater). House Resolution 121 also refers to the “Imperial Armed Force’s coercion of young women into sex slavery.” However, the comfort women were not coerced. They simply chose prostitution as a way of earning a living. According to the aforementioned U.S. military records, “the girls’ average total monthly earnings were 1500 yen, and 750 went to their master,” which means that they were earning 10 times more than the soldiers they serviced. Army sergeants were paid \30 per month then. Applying the label of “sex slaves” to women who earned 25 times more than an Army sergeant both misstates the facts and insults the women themselves.
決議案は、”the ”comfort women” system of forced military prostitution by the Government of Japan” というが、慰安所はforced military prostitution ではなく、””comfort girls” are nothing more than a prostitute or professional “camp follower” とofficial U.S. military record (United States Office of War Information, Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Force, India-Burma Theater)の記されている通りであった。また、決議案は”Imperial Armed Force’s coercion of young women into sex slavery”というが、彼女達は職業行為として売春を行なったので強制などするはずもないし、彼女達の収入は兵士の数十倍であったことは、同じofficial U.S. record で、”the girl’s average total monthly earning were 1500 yen, and 750 went to their master”で書かれている通りである。当時の軍曹の月給が30円であった。軍曹の25倍の収入の彼女達を”sex slave”などと呼ぶのは事実の捏造であるばかりか、彼女達に対する侮辱である。

Our hearts go out to those women who suffered hardships while working in battle zones. However, we are at a loss to comprehend this denunciation of the Japanese government, especially at this late date, and despite the fact that the Japanese government is the only one in the world that has paid compensation to comfort women.
戦地におけるこうした仕事において苦難を受けた人々に心から同情するものであるが、だからといって何故日本政府を今になって非難するのか、どうにも理解しがたいことである。しかも日本政府は世界で唯一こうした方々への慰謝を行なっているというのにである。

You are no doubt aware that brothels established in Vietnam during the Vietnam War were operated by the U.S. military. As stated in the aforementioned report, such brothels are described in Against Our Will by Susan Brownmiller. Similar brothels for the exclusive use of American military personnel operated in South Korea as well.
Furthermore, during the occupation of Japan, U.S. military officials instructed the Japanese government to establish brothels for American troops. They were responsible for a significant reduction in the number of rapes. However, many Japanese women suffered greatly working in the brothels. The U.S. government has never offered them compensation, nor has any other government offered compensation to women who served its soldiers in this capacity, except for the government of Japan.
議員諸兄はアメリカがベトナムで現地売春施設を軍で管理し利用したことはご存知であろう。前記レポートで触れられているように、Susan Brownmiller の、Against Our Will に詳しく書かれている。韓国でも米軍専用の慰安所が作られ米軍兵士が利用していた。さらにいえば、米軍が日本に進駐したときに日本政府に米軍用の慰安所設置を指示している。このお陰でそれまで多発していた強姦が大きく減少したが、しかしこの慰安所で苦難をなめた日本女性もいくらでもいる。アメリカ政府がこうした人々への慰謝をしたことはない。また世界中の政府でこうした人への慰謝をしたケースもない。

If the purpose of House Resolution 121 were to examine the problem of military prostitution and offer help to its victims, then it would discuss the circumstances of military prostitution in relevant nations, the United States included, and offer solutions. Instead, it attempts to force Japan to apologize for events that occurred more than 60 years ago, on the basis of a scenario that clearly has been fabricated. 
決議案121号が、軍に関する売春問題をどうあるべきか、またそこでの被害者をどう救済するかということを問題にするのであれば、米軍も含めて広く各国の問題を取り上げ、解決策を提案すべきである。しかるに、決議案は60年以上前の過去のことを、しかも明らかに捏造されたストーリーに基づいて日本にその謝罪を迫っているのである。

This condemnation of Japan, ill-advised especially because it ignores the facts, is certain to arouse doubts about American fairmindedness, and even anger, among the Japanese people. Are Americans truly intent on ruining their relationship with Japan?
このような事実を歪曲した一方的な日本非難は、当然のこととして日本国民のアメリカの公正さに対する重大な疑義と不公正さへの憤激を招かざるをえないであろう。アメリカは自ら日米関係を損壊しようというのだろうか。

We earnestly hope that your wisdom and good judgment will prevail, and that you will make the right decision with respect to a resolution that is monumentally unjust.
良識と良心をお持ちの議員諸兄が、このような不当極まりない決議案に対して、正当なる判断を下されることを切望するものである。

Very truly yours,

KASE Hideaki
Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
平成19年6月20日

「史実を世界に発信する会」
代表 加瀬 英明


※明日(6月24日)「在日特権を許さない市民の会」と「東亜細亜問題研究会」主催のシンポジウム「No!!Korea」が開催され、私も講演を行います。講演は午後2時半開始予定です。
posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(61) | TrackBack(3)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
GOOD JOB!
Posted by 景太郎 at 2007年06月24日 09:47
 私のブログに転載させていただきました。皆さんの御活動をとても心強く思います。
Posted by chaamiey at 2007年06月24日 10:18
心強い限りです。何もしないで文句を言っている人は無視して頑張ってください。動かなきゃね。
Posted by 慎太郎最高 at 2007年06月24日 11:56
アメリカで日本軍が中国式半日扱いされるのはいやな事です。
バカ左翼末藤千博とか最低です。
Posted by アーレモン at 2007年06月24日 12:49
英語が喋れない事が、これほどもどかしく感じたこと無いです。
自らの口から、発信できないことがこれ程悔しいとは思いませんでした。
応援しか出来ない自分が、なさけない。
Posted by zz at 2007年06月24日 13:14
今度は靖国が標的にされるようです。
【米国】韓国系・中国系団体、慰安婦問題の次は「反靖国神社キャンペーン」を全米で実施へ [06/23]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182652895/-100

憲法9条の会の方々も必死のようで…
女性350人が行進 「9条を守ろう」と精神科医の香山リカさんらが呼びかけ 大阪
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200706230090.html
戦争の悲惨さ、無意味さ訴える
元日本兵・廣瀬さん、南丹で講演
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007062300130&genre=K1&area=K40

Posted by たか at 2007年06月24日 13:17
They simply chose prostitution as a way of earning a living,
これはまずいですね。
実際には騙された人も多いことは同じ、米軍資料にも明らかですし、また、親に売られたケースもある多々ある。
むしろ、解放後でも韓国軍と米軍によって、全く同じ状況が続いたにもかかわらず、韓国米国は謝罪も補償もしていないこと、日本は基金や謝罪を何度もすませていることを強調したほうがいい。
それとワシントンポストの慰安婦は給料も多くて大切にされたとい言う表現もまずい。
むしろ、日本軍や警察が規制しようとしたにもかかわらず給料を搾取されたりした慰安婦がいたことは遺憾であるが、・・・・とすべきだと思う。
英語圏でのブログなどですでにある討論を参考にすべきだ。

Posted by ん at 2007年06月24日 16:28
もうひとつ、加瀬氏の名義を使うより、櫻井よしこ氏などの名前を使った方がいいと思います。
加瀬氏は英語圏では南京虐殺はなかったとする、ホロコーストデナイアーとして知られている。その名前だけで一蹴されるおそれもある。
(中国の主張するような南京虐殺はなかった、ということと南京では虐殺は一つも行われなかったというのは違う。中国の主張の誤り主張することで、南京では虐殺は全くなかったという印象を与えようとしているのか、あるいは、実際そのように主張しているのであれば、これは逆効果だと思う。この点櫻井氏はNHKの番組で虐殺はあった、ということ自体は認めておられたように記憶する。)
、、
Posted by ん at 2007年06月24日 17:01
南京で虐殺が存在したという確固たる根拠を示された人って居ましたっけ?
Posted by たか at 2007年06月24日 17:12
便衣兵の処刑自体は根拠のある話ですよ。
それを虐殺とみるかどうかは、もう主観の領域だと思います。
しかし、慰安婦問題は完全に捏造ですから。
Posted by h at 2007年06月24日 18:15
>んさん

それはあなたが慰安婦問題に知識があるからわかるだけで、知らない人からすれば、
それでは話がややこしくなるだけだと思います。
知らない人がその意見を見れば、
「何だかわからないけど日本にも非があるんだな」と思われるだけです。
そもそも業者の詐欺とかの違法行為まで日本に責任を持つことは不可能ですよ。
Posted by h at 2007年06月24日 19:11
 この抗議文に文句があるならご自分で、ご自分の本名を使ってFAXすればいいじゃないですか。グダグダ偉そうに批評してる暇があったらすぐ完璧な文章を作成するべき。

 それから、女衒に騙されたり親に売られた事例は、ここでいう「強制」には当たらない。「商売上」は単なるお金のやりとに過ぎない。(契約として違法性をはらんでいることは十分承知しています) 
 あくまで日本軍が直接、強制的に連行したか否かだけが争点である。南京虐殺にしても同じことが言える。日本軍として「組織的、計画的、意図的」に虐殺を行った事実があったか否か。市民を装った便衣兵なるゲリラはそもそも捕虜として扱われる資格がない。捕まえたら処刑する以外にないだろう。
Posted by 何様? at 2007年06月24日 20:21
「ん」さんの言うことにも一理あるとは思うので、「ん」さんは西村さんに実名で連絡差し上げて次の構想についてのプランをお話されてはいかがでしょう。
Posted by rop at 2007年06月24日 21:07
西村さん、こんばんわ。

本日のNO Koreaお疲れ様でした。
大変刺激を受けた会でした。
基金の立ち上げなどについて後日こちらのサイトで教えて頂ければと思います。

応援・期待しています。
Posted by おれんじ at 2007年06月24日 23:28
慰安婦の証言の一貫性のなさを指摘するのはいい。しかし、これもかなり具体的に、つまり、証言が引用されている新聞、日時証言内容など書いておかないとまずいと思います。
すでにプロパガンダが広範に受け入れられている。ということは慰安婦=被害者=同情すべき、という図式がある。書かなくてもいいと思うくらいだ。しかし、かくなら、事実だけを淡々と書くべきだ。議会で証言した、キムハンジャやキムヨンスの発言を時代別にむしろ淡々とかく。あるいは挺身協で出したtrue story of comfort women などの編集者の言ーーー募集した慰安婦がかすかにしか記憶がなく編集者の手助けによって証言していること、そのうち、官による強制が合ったというのは4人だが、そのいずれも証言がおかしいことーーーなどを指摘したほうが効果的だ。
しかし、ここまで興味をもって読んでくれるかどうか・・・・

仲間内がどのように思うかが問題ではない。
また、韓国人がどう思うかも余り問題ではない。
欧米人がどう受け取るかが問題。
それももっとも辛辣な批判者に耐えうる論述でなければならないと思う。欧米のデナイアー対する態度は非常に厳しい。そしてデナイアーと受け取られる可能性のつよいなかで真実を述べていく困難さは理解しておくべきだ。
勿論、仲間内で「ああいままで言いたいこと、英語でいってもらってすっきりしたああ」というのが目的なら別だが。

個人的には、やはり、韓国軍と米軍が全く同様なシステムを解放後にも採用していること、それについて補償も謝罪もしていないと、日本は何度も謝罪し、基金を通じて補償の補充もしていることをもっと強調すべきだと思う。、米国がこのような要求するということは、日本としては、もっと積極的日本の国内の問題だけでなくそうした問題も含めて是正させるような態度をとれ、と言っているということなのか?と問いかけても良いと思う。
それと政治家を前にだす必要性は全くないと思う。
むしろ、政治家はうしろにいて顔を出さないほうがいい。中国が後で政治家が糸であやつりながらもこれは人民の声です、のようにうそぶいいていたあれを真似るべきだと思う。
最悪の場合も考えるべきだ。海外メディアは否定的に日本を描こうとしている。真実をしらべようなんて気持ちはさらされない。賛同する政治家と政府を混同するのなんかおちゃのこさいさい。こんかい、一端おさまったオーストラリア人元慰安婦(サマランの遺産婦)が今回の件で怒りをあらわにしていると報道された。ジャーナリストが事実の全部を伝えないで政府がまた否定していますよ、彼女に伝えたからだ。
とにかく、悪意にみちた国際ジャーナリズムのなかにとびこんでいくなら、最悪のシナリオまで想定しておくべきだ。

Posted by ん at 2007年06月25日 01:57
西村幸祐って、昔スポーツ関連で
ろくに取材もせずに、憶測だらけの内容で
本出したバカジャーナリストだったんだが
ちょっとは成長したんだな。
Posted by oo at 2007年06月25日 02:48
  ↑ ↑
売れない屑ライターが、ひがんでいるか、
反日馬鹿サヨか、
どっちにしても、火病を起こしたファシストが来たね(藁。
Posted by 超賎人、キタ━━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━━!!!!!! at 2007年06月25日 04:52
おバカな人はほっといて
がんばってくださいね。

応援しています。
Posted by マミ at 2007年06月25日 06:07
>ん さんへ

それは結局、あなたが「自分の考え」を仰っているだけで、机上の空論なんですよ。

問題は、それを制約され「広告」にまとめる過程であり、完成品は「詰め込む」よりも「斬り捨てる」方が大事なんです。

「完璧にやるべきだ。ここが違う。」と言うのは、素人でも出来ます。今後、継続すれば完成度も上がっていくでしょうし。

しかし、どうすれば良いかと聞かれて、そうした話をつらつらと書かれても、「なら、この制約の中でどう描けばよかったか」という答えになっていないんですよね。

「実戦慣れ」してない人の机上の空論だと思います。採用可能な完成品を提示して下さい。

さらに問題があるとすれば、あなたが言っていることは結局、安倍首相が失敗した「官憲による強制はなかった、しかし広義の強制はあった」の延長線上です。

まず「言われるような奴隷制度はなかった。事実と違う。」と言い切り、そこから細部を説明する、小泉首相式の手法が求められます。

分かりにくい説明を、よりダラダラさせるのではなく、細部の犯罪までも抱え込む完全主義者は、結局は好機を逃して負ける無能なんです。

なおそれ以前に、この問題は一切黙秘による、マイナスからスタートしていることを考慮された方が良いです。折角ここまでの動きになったのだから、その流れに水を差すのではなく、士気を向上させる言動が求められます。
Posted by 慎太郎最高 at 2007年06月25日 12:40
なお、ん さんは、局所では「事実かどうかと、感情問題は関係ない」のような事を仰られていますが、確かに結果がすべてと言う考え方は間違っていません。

しかし、韓国にしろ中国にしろ事実を無視して日本を攻撃していて、それなりの成果を挙げている。これは何故か。

歴史問題が、学問的に相手にされないことは、恐らく中国共産党の上層部は知っているでしょう。(国民には「天皇は現人神」と教え、高官は「天皇機関説(国の最高機関の人間であり、神ではない)」を取っていた、明治・大正期の日本を思い出してください。)

しかし、それとポピュリズムの前線は全く違うんですね。

新聞・テレビなどの前線で、彼ら中韓はインテリジェンス(稚拙な次元ですが)活動をしているのです。(そこでしか戦えない。)まあ孫子以来の伝統です。

そうした前線において、意味の無い「研究室的な戦い」の観点から批判するのは、そもそも戦場を見誤っているのですよ。

アメリカ下院にも、この問題の専門家が多くいるわけではありません。(日本の議員で、どれだけフランスの過去の対黒人政策を、是非含めて知っているヒマな人がいるでしょうか?)

結果主義と言うならば、日本もウソと、「分かりやすい宣伝効果」を狙って対抗せよ、という事にしかなりませんが、それには国民性として抵抗がある。だからあくまで事実を前提として訴えている。

このバランスが限度でしょう。より足を縛り、本質をブレさせる言動は、本当に国益になってほしいなら如何な物か。(本当は「ちょうどいい目くらまし」程度で訴えて、勝って既成事実にしちゃえばいいんですけど、それをしない日本人を尊敬しています。)

なお「士気の低い部隊は弱い。」というのは、世界中の軍の常識です。従って、「仲間内だけで盛り上がる」みたいな抽象は、戦い勝とうとする側の論理ではないんですね。
そこを見誤ってはいけませんよ。

結果主義ならば、こうした現実の勝敗に関わることも、心得ておられた方が良い。攻撃無き防御は、ただの自殺です。

ん さんは、もう少し現実のメディア戦略とポピュリズムを理解して下さい。
Posted by 慎太郎最高 at 2007年06月25日 13:00
ん さんみたいな方々はパーフェクトにやろうとしすぎなんじゃないかと。

極端な話、負けちゃってもいいわけですよ。
そのときは次の作戦考えればいいだけの話で。
Posted by h at 2007年06月25日 13:14
>hさん
というよりも、民主主義下の実戦を理解しているのか疑問がありますよね。

問題の軽重をいっしょくたにして、わずかでも犯罪が起こっていればダメだというのでは、相手の言い分に洗脳されてると思います。

結局、慰安婦問題に関するアメリカの司法判断は、最高裁で終わってるので、日本が国家謝罪をしない限り、次の法的問題に移る可能性はありません。

まず、日本は「慰安婦に謝罪しない非人道国家」ではないのですから、そこで日本が崩れなければ、さしたる問題はな
いのですよ。

「相手に負けるかは、自らが崩れるかどうかで、相手に勝てるは、相手の問題」という考え方があります。(勝つ可からざるは己にあり、勝つ可きは敵にあり。)

これは今でも通用します。歴史問題で、際限なく崩れていた日本と言うのは、いかに愚策を取っていたかということです。

そういう意味では、むしろ「もっと日本はウソをつけ!」とした方が即効性はあるでしょうね。抵抗あるでしょうし、個人的にも望みませんが。
Posted by 慎太郎最高 at 2007年06月25日 13:28
izaブログにあるサヨクの工作ブログ
安禅不必須山水
心を穏やかにするのに周りの動静は関係ない
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/tag/1287/
Posted by かず at 2007年06月25日 13:29
このようなことを言うと、ん さんのようなタイプの80〜90年代タイプの人は「それで日本は戦争に負けたのだ」と言われると思いますが、間違いです。

当時から、日本は外交的に弱かった。国民党は、国際的に対日プロパガンダをして欧米の世論を作っていた。それに対して反撃できなかった結果、アメリカの対日感情は悪化します。

そして、ついにハルノートの通告に至るわけですが、ハルノートは、政権内部でしか知られていなかった通告で、野党の共和党議員も知らず、ましてや国民は欧州戦線不介入を望んでいました。

さらに当時のアメリカは、今ほどの絶対強国ではありません。従って、ハルノートを国際公開して、日本の立場を訴えて支持を得ることがありえた。(対ソ連では、重光葵がこの手法で、ソ連への国際的批判を高め、有利に導きました。)

結局、日本の真っ直ぐさと相手への信頼が、簡単に利用された歴史があるわけですね。後から正しかったと分かってもしょうがないです。

そして、正義も道義も相対的なものだから、大枠として間違っていないことで、相手のプロパガンダを覆し、後から、細部の議論に入ればいいんです。

大枠の段階でデマが広がっていて、反論する。これは当たり前ですね。むしろ、より短く、伝わる言葉と映像で。
Posted by 慎太郎最高 at 2007年06月25日 13:44
では、長文連発になったので最後に・・・

結局、この広告が逆効果の後押しになったとか、そういう議論は、すぎやま先生の言うところの「全体主義国家」の考え方ですよね。

民間人が私費で行った活動なのだから、同じだけの社会的能力があれば、いくらでも、それに替わる意見広告は可能です。

 ん さんのような方は、批判の域を超えて、私人の行動に寄生虫のようにすがり、自分の考えで動けと「要求」しています。田吾作ですね。

 不満があれば、自分たちで人を集め、構想する、より効果的な活動を行えばいい。

 それが自由主義です。日米共に、そういう国のはずです。

 中国・韓国と、それに好意を示す、アメリカの民主党系・日本の左派政党の人たちは、何もかも全体主義の感覚で捉えるようです。

 だから、意見は全て、国家統制による公式見解と思っている。おかしな話だと思いませんか?

 そもそもアメリカは「欧米系」とくくれる一枚岩ではなく、徹底した個人主義が前提にある多様な国です。つまらない解釈をしないで欲しいです。
Posted by 慎太郎最高 at 2007年06月25日 14:14
西村さん

イベント告知ありがとうございました
昨日の講演は大変素晴らしい内容で感激しました
現在の状況では無理ですが、それこそ全国ネットで放送して欲しいような質の高い講演でした
是非また機会あれば拝聴させて戴ければ幸いです
Posted by 北 at 2007年06月25日 14:57
足の引っ張り合いや、おれは偉いぞ、の言い合いをするつもりは毛頭ない。私のコメントにそのようなニュアンスがあったら謝罪する。アメリカのresulutionが腹立たしく思い、韓国の慰安婦問題を通じた反日活動に怒りを覚えるのにはひけをとらない。
英語圏での議論の観察をふまえて言っているつもりだ。だから一つの提案として見て欲しい。
日本は慰安婦問題について謝罪もし、補償もしてきた。
これ以上のことせよ、ということは韓国での
韓国軍米軍のもとで犠牲になった慰安婦まで救えということか、とついてもいい。
また、韓国軍、米軍のもとで慰安婦になった韓国の慰安婦たちの証言を、欧米のフェミニストなどともに集めるのも手だと思う。間接的な方法だが、彼らの論理によって彼らをつぶすにはいい方だと思う。
国際ジャーナリズムは悪意に満ちていること、在米の韓国系、および韓国の民族主義者たちの狂気ははかりしれないこと、このことは強調しすぎてもしすぎることはない。

Posted by ん at 2007年06月25日 16:34
んさん、のような考え方も確かにあると思います。ひとつの考えで突き進んでいくより色々と反論を重ねて最善を見つけるのもいいのではないでしょうか?私個人としては西村さん達のなさっている事の結果を見守らせていただきたいと思います。何も出来ない自分が情けなく、また心残りでなりませんが、もし資金等で少しでも協力できる機会を設けていただけるならと今はそれを望んでおります。
Posted by ゆみ at 2007年06月25日 22:26
【米国】韓国系・中国系団体、慰安婦問題の次は「反靖国神社キャンペーン」を全米で実施へ★3 [06/23]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182698606/
 
【韓国】韓国人の20代「韓国戦争がいつ始まったのか知らない」53.2%[06/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182742697/
 
【北朝鮮】 脱北者のルート多様化、その“波”はとうとう日本にも押し寄せた [06/24]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182746842/
 
【国内】東京韓国学校で内紛 日本語授業をめぐり、韓国大使館も巻き込む[06/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182740994/
Posted by 在日朝鮮人は侵略者 at 2007年06月26日 01:55
私も”ん”さんと似たような意見なのですが・・

”However, the comfort women were not coerced. They simply chose prostitution as a way of earning a living.”
「従軍慰安婦達は強制されなかった。彼女達はただ生計を立てる方法として売春を選んだ。」
こういうふうに断言することは、被害者とされる元慰安婦達が現存する、ということをあまりにも度外視していませんか。彼女達はただの売春婦で日本は悪いことをしていないと主張するなら、アジア女性基金、河野談話や首相によるお詫びの表明は、うわべだけで本心から行ったものでなかったのかと国際社会から不信を招きかねません。あくまでも海外での認識は、日本はアジア諸国を侵略した加害国であり、慰安婦問題で同情されるのは慰安婦達だけであるというのが現実なのです。ごく一部の人達の主義主張のために、日本国民全体を道連れにして、日本を悲惨な状況に陥れることのないようにお願いします。
Posted by ミカ at 2007年06月26日 02:54
ミカさん、そのような認識が広まってしまったのは今まで日本が反論しなかったから、もしくは反論すら出来なかったからではないでしょうか?
ミカさんも勇気を出してください。主義主張をしなければ、真実を届ける事は出来ないのですよ。
日本人として、女性を強制連行して無理やり犯していたとそのように認識されているのが現在なら、それを変えたいと同じ女性として思いませんか?そんな事をしていたら悲惨な状況になる等と朝鮮系の報道機関で書き立てていますが、あらぬ誤解を認めることより、悲惨な状況はありません。
Posted by ゆみ at 2007年06月26日 06:51
>ん さん

そうした意見でしたか。
それならかなりの程度、納得出来ます。
強い言葉を使いすぎて、申し訳ありません。

確かに、日本政府が既に対応をしていることは、
具体的に実例を上げてもいいですね。

ただ謝罪は既にしていると言いながら、
加藤大使らは、それをどう説明しているのか疑問が残ります。
説明するべき日本のサヨク連中は、むしろ敵を煽っていますからね・・・
これも問題ですね。

「日本は決して、性奴隷にされた女性に対応をしないような
国家ではない。過去の対応を見ても明らかだ。
だが、この決議案は事実ではないから、対応はしない。」と、
強く主張するべきでしょうね。

本当に、強制連行なり虐殺があれば謝罪するべきですが、
そうではないですからね。日本非道史観という「歴史の捏造」は
後世に禍根を残すでしょう。

>ミカ さん
>こういうふうに断言することは、被害者とされる元慰安婦達が現存する、
>ということをあまりにも度外視していませんか。

売春という問題を出すと、必ずそういう反応を示す人がいるわけです。
それが左派プロパガンダの効果ですね。

要するに「人道」を持ち出して善人のフリをして、相手を黙らせたいんです。
全体主義に引っかからないよう。

>アジア女性基金、河野談話や首相によるお詫びの表明は、
>うわべだけで本心から行ったものでなかったのかと

そもそも売春業を、望んで選ぶ人がいないのは自明です。
が、その原因の主語は「貧乏」であり、韓国の、宗主国中国への隷属に関する
歴史経緯で残ったキーセンです。
そもそも慰安婦でも最も多かったのは日本人。例えば朝鮮人は一割です。

それを「日本軍に連行された」と、主語をすりかえ、
ありもしない罪を着せ、何十年も運動に付き合わせることが、
慰安婦のことを考えているとは到底思えません。

>海外での認識は、日本はアジア諸国を侵略した加害国であり、

あなたは日韓併合の時期・経緯すら知らなさそうですね。

日韓併合は1910年。第一次世界大戦よりも前です。
しかも戦争によるものではなく、アメリカ・ロシア・清朝・イギリス・フランスなどとの
交渉の結果、一国の反対もなしに承認されたものです。

そして第二次大戦時、アジアに侵攻したことを言うのなら・・・
そもそも当時のアジアで、独立国は日本とタイとネパールだけです。
(中国も半植民地だった。)

日本が侵攻したのは、全て欧米諸国の「敵国」の植民地なんですね。
欧米人は「日本はアジアを侵略した」なんて思ってません。
「日本のせいで、俺たちの植民地が独立し、我々が没落した」と
思って恨んでいる国は多いでしょうが(笑)
そこから勉強しなおして下さいね。

なお人道を言うなら、慰安婦運動をしている連中こそ「悪魔」ですよ。
慰安婦は、早くお金を受け取って辞めたがってる人も多いんです。

そしてそのチャンスである、日本政府からお金が払われた時、
慰安婦に受け取らせないよう強硬に圧力をかけたのは、
韓国政府と日本の市民団体でした。

それを受け取った慰安婦に「死ね!売春婦!」と言った人もいるそうで・・・
これが人道家の素顔ですよ。
Posted by 慎太郎最高 at 2007年06月26日 08:06
日本人の介護・年金を削減し、我々日本人が働いた税金を、韓国の連中に回すらしい。
 
【日韓】駐韓大使が全羅南道のハンセン病療養施設を訪問、補償手続きの進展に努力すると表明[06/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182776661/
 
【東京】朝鮮学校の灯消さない 江東・枝川韓国市民、支援の募金[06/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182789202/
Posted by 日本人の税金が韓国人へ at 2007年06月26日 09:11
古森義久さんのブログ『ステージ風発』へのコメントと、いただいた御返事です。
滝沢響子
http://kyokotakizawa.iza.ne.jp/blog/

古森さんブログ
「慰安婦は奴隷ではない」−−アメリカ人歴史学者が明言。
2007/06/25 14:29

2007/06/25 16:35
Commented by 滝沢響子 さん
古森さま。はじめまして。
 このブログ、変なストーカーみたいな人が何人かへばりついているので、怖くて投稿を躊躇してきたのですが、今回ひと言だけ、失礼します。
 先日、日本の国会議員や知識人の方々が、ワシントン・ポストに意見広告を載せられました。ああした形でファクトを伝え、議論を喚起していくことは、本当にいいことだと思います。
 「あの意見広告が議員たちを怒らせ、委員会での採決を促した」「逆効果になった」などと冷ややかに解説する人も多いようですが、日本の保守的な人たちの言うことも冷静に聞いてみようという反応も、必ず出てくると思っておりました。
 このキンモンスさんの議論も、その一つかと思います。
 ポスト意見広告に対する、アメリカにおけるおそらく多様な反応を、そのうち、このブログや産経新聞の紙面で、ご解説いただければ幸いです。


2007/06/26 06:59
Commented by 古森義久 さん
滝沢響子 さん
 初めまして。
「荒らし」にめげず、読んでくださり、コメントもいただき、ありがとうございます。ストーカーからの書き込みは読まないで、飛ばしていくと、不快感も減ると思いますよ。
 意見広告への表立った反応は私のみる限り、出ていません。
決議案を推してきたホンダ議員側や中国系、韓国系の活動家たちは、当然、反発し、これまでの工作を強化するでしょう。しかしいまのところ意見広告が出たから、決議案への支持が増えたという因果関係の証明はなにもできていないようです。みな推測や観測でそんなことを述べているように思われます。
日本側としては事実を明らかにし続け、こんなインチキの決議案が通れば、日本国民の多くが怒るのだ、ということを強調すべきでしょう。意見広告の意味はこの点にもあります。
Posted by 滝沢響子 at 2007年06月26日 15:27
地上波、新聞、インターネットニュース等、気持ち悪いくらい反安倍一色に染まっているのが不気味です…。
この時期になって様々な問題が噴出しているのが、意図的な感じがしてなりません。
そもそも社保庁は自治労の悪しき無責任体質が問題なのにも関わらず、たまたま現在の政権を担当していたに過ぎない安倍首相に非難が集まっているし、住民税増税の問題も小泉前首相の時に決められたものだし、沖縄集団自決問題も肯定派・否定派の両論併記が一切なされない一方的な報道だし、憲法改正を掲げる安倍政権が大嫌いな反日ファシストたちが必死になって、反日マスコミや国民を焚きつけているようにしか見えないのですが…。
Posted by たか at 2007年06月26日 17:15
>んさん
>また、韓国軍、米軍のもとで慰安婦になった韓国の慰安婦たちの証言を、
>欧米のフェミニストなどともに集めるのも手だと思う。

そもそも、あなたは日本政府が勝手に米軍向けの慰安所を作ったって見解も普通に存在するのを忘れてるんじゃないですか?
連中にはいつも日本はフェミニズム超後進国みたいに言われてますし。
失敗してもいい、といった私が言うのもなんですが、日本の慰安婦だった人も、日本政府に差し出された、みたいな論調になったら(ていうか、私は現に以前はそう思ってましたが)、どうするんです?
これを覆すのは、はっきりいって、いまの強制連行を覆すのより何倍も難しいです。


>ミカさん

はっきりいって売春婦だった場合、謝罪する必要は無いです。
事実、それをわかっているから「セックススレイブ」という表現を使うわけでしょ。
Posted by h at 2007年06月26日 18:08
慰安婦の強制連行が「あった」か「なかった」かはともかく、証言について「物的証拠」がなければ信用できないっていう決め付けは無茶苦茶!
 それだったら北朝鮮による日本人拉致の「物的証拠」はあるのですか。
拉致被害者が存在したのは確かだけれど、それに北朝鮮政府が組織的かつ直接に関与した事実を示す「証拠」や「公式文書」はない
→したがって拉致被害者の証言は信用できない
→北朝鮮政府が関与した拉致事件は存在しない
〜って言われたらどうする?

Posted by へなちょこ at 2007年06月26日 12:52

こういう意見もあった
Posted by   at 2007年06月26日 19:47
被害者(と称する人)がいて、
その人に向かって「おまえの言ってることを事実だと証明する物的証拠はあるのか? ないなら信用しないよ(全否定だよ)」っていう“論法”自体がおかしいってことを言ってるの。
 そういう“論法”を別のことにもあてはめていけば、いろんな歴史事実について「なかった」疑いを持たなければいけなくなるよってこと。



Posted by へなちょこ at 2007年06月26日 18:00
Posted by   at 2007年06月26日 19:48
また意味不明な朝鮮人が現れました…
どっかの指示で動かされてるのでしょうが…

日本の生活に絶望、北朝鮮へ帰国=脱北女性「誘拐された」と主張
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007062600422
Posted by たか at 2007年06月26日 23:43
北の拉致に関しては拉致被害者だけでなく、北の亡命者や被害者の家族などの証言があります。
だけど慰安婦問題については、慰安婦本人以外の証言がありません。慰安所管理人が「皆、強制連行された娘でした」という証言もないし、慰安婦の親類が「彼女は連行されたんです」とかいう証言や手記のような物も存在しません。

そもそもそれだけの娘が連行されたのなら、朝鮮の人たちは黙ってなかっただろうし、日本はアメリカと戦争する前に朝鮮と戦争しなければならなかったでしょう。

加瀬さん、あなたに頼みたいのはこの部分を是非重点的に主張してもらいたいですね。
Posted by なぜ朝鮮人は無抵抗だった? at 2007年06月27日 00:05


この点を高給とりがいたから、大切にされていたということでは、通じない。
この広義の強制なら、他の売春婦と同じではないか、という議論は成り立つ。しかし、それならそこをとばして、やはり、解放後の韓国での韓国政府、占領軍のもとで、慰安婦問題を突きつけた方がてっとリ早いと思う。
 誤解されているように誘拐や、挺身隊をつうじて徴用したわけではない、ということを言うのは結構なことだし、すべきだと思う。しかし、今後お金を費やすなら、秦氏の著作などを翻訳して真実を広めていってもいいのではないかと思う。米議会の調査が秦氏の著述を参考にしなかった(と記憶するがーー)のは一つには彼の著作が英文化されていなかったからではないか?(もっとも当該調査のゆき田中の著作の米軍による暴行の記述を無視した引用は辟易したが。)
私としては、今後のこのような反日運動を阻止するためには、やはり、韓国軍米軍のための韓国人慰安婦の証言集めなどをして、同様なことが依然継続していたことを強調していくべきではないかと思う。(日本の人権派も韓国政府も偽善だから、この点の英語資料がいまだ非常に少ない。)

.。
Posted by ん at 2007年06月27日 01:17
反論するのは賛成だ。どんどんやるべきだ。また、今回の加瀬氏が当該内容のファックッスをした、ということに不平を言っているのではない。今後の対反日運動のなかで、愚見も参考にしていただきたい、というだけだ。
しかし、日本のいわゆる右翼対左翼の論争と国際的な潮流での論争はことなっていることもよく認識すべきだ。
Posted by ん at 2007年06月27日 01:19
日本での議論と国際的な認識の違いを示す一例として例えば、古森氏のあげている、「慰安婦は奴隷ではない」−−アメリカ人歴史学者が明言」
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/
を見て頂きたい。
確かに古森氏のいわれるように、キンモンス氏は日本の立場に同情的であり、この用法に反対している。しかしその彼はこうも言っている。

Posted by ん at 2007年06月27日 01:26
What's wrong with forced labor?
(性奴隷ではなく)強制労働(という語)ではなぜいけないのか?
広義の強制があった、ということは広く前提とされているのである。そして、それを含めて非難されているのである。
Posted by ん at 2007年06月27日 01:29
アメリカを動かしているのはユダヤ系です
彼らに助けを求めないとダメだと思います
私はつてはありませんが
Posted by 京 at 2007年06月27日 04:03
私が言いたいのは正論で対抗するのではなく
米で高い影響力を誇るユダヤ人に協力して欲しいということですね
Posted by 京 at 2007年06月27日 04:09
FAXの文言についてあれこれ言う以前に、米国の議会関係者からは既に「キチガイ団体」として認定されてしまっている、という可能性を真剣に懸念した方がいいと思います。そうでなかったら、決議案に146人もの共同提案者が名を連ねるなどということがなぜ起こり得たでしょうか?
Posted by Kei at 2007年06月27日 05:59
こんなFAXを送り付ければ、卑劣な集団との印象を強めて日本の印象を悪くするだけなのにね。。。

センスない。
Posted by B at 2007年06月27日 07:36
卑劣なキチガイ集団と思われることを恐れて、偽善的な自己保身に走った結果が今なのではないでしょうか?なんと思われようと行動を起こすことが真実を広める一歩なのではないでしょうか?それとも強制連行を信じているんですか?
私は信じていません。
今アメリカではパリスヒルトンの事でこんな決議案など話題にすらなっていないようですが、日本人としてはとても見過ごす事は出来ません。
暴力や脅しに負けて冤罪を受け入れるよりも、たとえ罪に問われようと、真実を訴える事に価値を感じます。
Posted by ゆみ at 2007年06月27日 08:26
『ん』さんと『慎太郎最高』さんのやりとりと『慎太郎最高』さんのプロパガンダ論は非常に有益ですね。米国も中韓も真実より印象を優先させる傾向がありますから(だからお互いの方法論が通用するのでしょう)当陣営も米国のプロパガンダや広告事情を調べ、次からはより効果的な作戦を練るべきだと思います。

なお、『慎太郎最高』さんの

「日韓併合は(略)アメリカ・ロシア・清朝・イギリス・フランスなどとの交渉の結果、一国の反対もなしに承認されたものです」

のくだりですが、清朝だけは「馬関条約違反だ」と非難声明を出しています。他の国は賛成しています。
Posted by rop at 2007年06月27日 09:00
日本には、日本が好きじゃない
日本語が達者な方が数多くらっしゃいますね。

今度の広告またファックス効きましたか、みなさんに。
Posted by ま at 2007年06月27日 09:14
久しぶりにコメントします。
「ん」氏と「慎太郎最高」氏のやりとりには非常に感慨深いものがありました。少し前の日本では考えられなかったことかもしれません。

私は「ん」氏の「悪意に満ちた国際ジャーナリズム」という認識に賛成です。「ん」氏のような国際掲示板の動向に詳しい人は重要です。また、国際宣伝戦を綺麗事ではなく「慎太郎最高」氏の提案のように活用していかねばならないと思います。

国際社会における言論の場は言葉を武器とした戦争であり、どのような方法を使っても多数派を形成して勝利した側が「正義」の名のもとに全てを持って行く世界です。はっきり言って「勝ちさえすればいい」わけで、重要なのは「事実かそうでないか」でなく「他者を説得しやすい(反論させづらい)かどうか」だということに、お人好しの日本人は気がつかねばなりません。事実を掲げさえすれば大丈夫などとは決して思わないことです。事実も解釈や表現により、幾らでも歪みます。それを、どう有効に伝えていくかの技術が大事です。今回のFAXを始めとした行動は、外国へのアピールという点で満点とは言えないかもしれませんが、非常に意義あることだと賛同します。なぜなら情報を独占するメディアにより塞がれてた日本人の、狡猾で悪意の充満する海外宣伝戦への知見と議論が深まるからです。事実は重要ですが、それを「どう使いこなすか」が、より重要です。あと英語の苦手な方は、国内で頑張れば良いのだと思います。本件に関し、日本には獅子身中の虫が多すぎて、海外へ反論する際の明らかな不利益になっています。それを少しでも解消することは立派な側面援護だと思います。
Posted by ひさしぶりのコメント at 2007年06月27日 10:49
だから「証拠がない」って言い方はダメなんだって
「韓国人どもが偽証している」ってハッキリ責めなきゃダメなんだってば


某所で見かけた意見ですが、確かにその通りだと思います
次回の参考になればと思い転載させてもらいました
Posted by 24日の在特会に参加しました at 2007年06月27日 11:00
ラントス委員長が以下のような発言をしています。

[要約]
6月14日に、アジアと世界のこの問題の生存者を汚す「ワシントン・ポスト」の広告を手に入れました。広告は、強制的に繰り返して兵士たちによって強姦されたこれらの女性たちが「ありふれた売春婦」であったと示唆します。これはまったく事実に反したばかばかしい主張です。

ttp://foreignaffairs.house.gov/press_display.asp?id=380

こんな調子です。否定に足る証拠も出さず攻撃しています。

だからこそ『ん』さんと『慎太郎最高』さんのやりとりは非常に参考になるし、『慎太郎最高』さんは今後示唆に富む発言をしていると思います。
Posted by rop at 2007年06月27日 11:39
keiさんや、Bさんのような傍論ともつかない書き込みが出てくるということが、日本が如何に情報戦を放棄してきたかが一目瞭然ですね…。
Posted by たか at 2007年06月27日 11:40
私は証言者にたいして「物的証拠を出せ」と繰り返す人たちのナンセンスさを指摘したかっただげです。おっしゃるとおり立場の違ういろいろな人々の証言を積み重ねれば、物的証拠などなくても「事実」は認定できる。このことを確認したかったのです。
 しかし言葉のゲームみたいになっちゃいますが、北の拉致にかんしても、北朝鮮政府の中枢から命令がでて組織的にやったことを示す証拠や証言は、なかなか出てこないかもしれませんよ。

Posted by へなちょこ at 2007年06月27日 10:53
Posted by    at 2007年06月27日 11:41
慰安婦の場合、証言を積み重ねても足元から崩れるばかりで何も得られなかったのが、一番の問題ww

北朝鮮による拉致は、証言と物的証拠が絡み合って合致してる

この2つを同次元に並べるヤツは、知能が足りないか、意図的に混同させたいかのどちらかだな
Posted by   at 2007年06月27日 11:45
つーか、このエントリーですね。西村さんごめんなさい。でも、非常に勉強になりますよ。誰かが書いていたように、一昔前では想像もできない状況です。
10年前の論争では専門家や学者が強制連行派を追い詰めて行く様子を観客席から観ていた人が、今はプレーヤーになってステージに立ってる気がする。これって、西村さんが前から書いていた情報の共有化の成せるわざですね。
Posted by このスレッド、勉強になる at 2007年06月27日 11:59
ところで元慰安婦たちの証言がどんなものか、ちゃんと読んだことある?
↓たとえばコレ。
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/02/for_the_record_c3ca.html

この女性にむかって「あんたの言ってること、証拠ないからウソ」って言うことが、どれだけ軽率なことか。背後に謀略があってウソを言わされてるとかいうなら、それこそちゃんとした根拠を挙げなきゃいかんな。

 それと北朝鮮による拉致にかんする「証言」はたくさんあるし信じているけれど、「物的証拠」ってあるの? あるとしたら何?

Posted by へなちょこ at 2007年06月27日 12:21
Posted by   at 2007年06月27日 12:39
ところで元慰安婦たちの証言がどんなものか、ちゃんと読んだことある?
↓たとえばコレ。
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/02/for_the_record_c3ca.html

この女性にむかって「あんたの言ってること、証拠ないからウソ」って言うことが、どれだけ軽率なことか。背後に謀略があってウソを言わされてるとかいうなら、それこそちゃんとした根拠を挙げなきゃいかんな。

 それと北朝鮮による拉致にかんする「証言」はたくさんあるし信じているけれど、「物的証拠」ってあるの? あるとしたら何?

Posted by へなちょこ at 2007年06月27日 12:21
Posted by サヨクの戯言 at 2007年06月27日 12:41
出ましたね、サヨクお得意の、「慰安婦サマの証言を疑うとは何事だ!!」

今どき、そんな脅迫めいたセリフで、ネットユーザを騙せると思っているのでしょうか。

それにしても、北朝鮮による拉致の物的証拠も知らないとは、やはり知能が足りないんでしょうか?

自分の知ってるだけでも、北朝鮮製の拘束具(防声具など)が拉致現場から見つかっていますし、
それに、北朝鮮がめぐみさんの遺骨だと言って日本に渡してきたデタラメの遺骨、あれはいったい何なのでしょうか。

Posted by   at 2007年06月27日 16:31
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


沖縄戦集団自決の記述を巡る反対運動を巡って
Excerpt: 〜集団自決事件を巡る軍命令の定義  「沖縄戦集団自決」の記述を巡り、高校教科書の記述内容に付けられた検定意見の撤回を求めるという意見書が沖縄県議会において全会一致で採択されるという前代未聞の事件..
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2007-06-26 11:23

『ステージ風発』へのコメントと、いただいた御返事
Excerpt: 「慰安婦は奴隷ではない」−−アメリカ人歴史学者が明言。 2007/06/25 14:29 2007/06/25 16:35 Commented by 滝沢響子 さん 古森さま。はじめまして。  このブ..
Weblog: 響子 in Tokyo
Tracked: 2007-06-26 15:11

米国下院のこと
Excerpt: ブログから検索 日本と中国との戦争を誘導せよ。ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」。この米国政府の戦略文書は、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長で、同時に東アジア担当者..
Weblog: 日々の気になるキーワード
Tracked: 2009-01-11 16:31




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。