SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2007年07月09日

朝日新聞、もう一歩、踏み出す勇気で、廃刊を

nichiman_shinzen1.jpg7月7日はせっかくの七夕なのに、朝日新聞は盧溝橋事件が起きた日から70周年だと、不思議な社説を掲載した。しかし、朝日新聞は読者を舐め切っているのではないか? こんな拙劣で滅茶苦茶な、まるで支那共産党の御用聞きのような社説を書いたら、朝日シンパの読者でも、露骨な忠犬ぶりに嫌気をさす人もいるはずだ。


nichiman_shinzen2.jpgそれとも、そんな知性を持った人はとっくに朝日から離れてしまったのであろうか? 産経など他メディアの報道では北京政府は反日色をなるべく出さないように記念行事を行ったということだ。

それだけ、あらゆる意味で日本の援助が欲しいということだろう。しかし、この産経の記事が伝えるように、相変わらずの反日プロパガンダ全開の記念行事だ。目立たないだけ、その分、アプリオリなものとして支那人に刷り込まれているのだ。
反日色弱め…「盧溝橋事件」70周年式典 
07/07 22:49
 日中戦争の発端となった盧溝橋(ろこうきょう)事件から70周年を迎えた7日、北京郊外の盧溝橋近くにある「中国人民抗日戦争記念館」で記念式典が開かれた。式典では「平和、未来志向」が強調され、胡錦濤(こきんとう)指導部による対日関係発展の方針を受けて反日色を弱めた内容となった。しかし、盧溝橋では民間団体などが旧日本軍の残虐行為とされる写真を数多展示され、「反日」感情を高める効果を果たした。
 式典には約1000人が参加、主催者側は「歴史を忘れず、平和を愛し、中日両国民が未来を切り開くことが重要だ」と強調した。7日開催した記念館の特別展は「忘れがたい七七 平和を大切に」がテーマだ。
 消息筋によると、党中央宣伝部などは、靖国神社参拝問題、盧溝橋事件、南京事件について「みだりに報道したり発表してはならない」と指示している。秋の党大会や来年夏の北京五輪を控え、政権の安定を図るには、社会の安定を揺るがしかねない「反日」をおさえ込む必要があるからだ。
 同記念館はかつて残虐性を際立たせる旧731部隊の人体実験の模型などを展示していたが、2005年7月に撤去された。
 現在、旧日本軍の“残虐ぶり”を示すのは、「日本軍の暴行」コーナーの写真だけ。しかし、「旧日本軍の行為か疑わしい」「合成写真の疑いがある」と研究者から指摘される写真もある。7日、盧溝橋で展示された多数の残虐行為や「旧日本兵によるざんげ」の写真の中にも、旧日本軍によるものなのか疑わしい写真が含まれていた。(北京 野口東秀)
反日色を薄めたどころか、例の捏造映画、「南京」のプロデューサー、テッド・レオンシスが講演まで行っている。その様子は「東アジア黙示録」の8日のエントリーが詳しく説明してくれている。

しかし、本当に7月7日の朝日の社説は酷い。どう読んでも日本の新聞とは思えないからだ。歴史事実を無視したり歪曲するなら毎度のことで驚かないが、社説を書く主体が日本に無い事をこれだけあからさまにして大丈夫なのだろうか? 根っ子から支那の視点で書かれているので、人民日報の社説として読んだ方がよく理解できる文脈になっている。

これは、凄いことで、軸足を日本に置いていないとか、偏向してるとかいうのと次元が全く異なっていて、文章の背景にある文脈そのもの、つまり、この社説が書かれるコンテクストが、空間的にも時間的にも日本に無いことが読み抜けるからだ。これを書いた人間は、愚鈍で無知蒙昧な日本人に教えを諭す支那人に成り切っているのだ。恐らく、思考の中で自分の祖先は上海事変で殺されたとか、南京で殺されたとか思っている。
いや、もしかすると、書いたのは人民日報の論説委員ではないのか? ここまで存在と時間を支那に同化できるのは並大抵の事ではない。

このエントリー冒頭の写真は、御家人さんのブログで面白い記事があったから引用させてもらった。支那のsina.comに掲載された「新商報」の記事だ。御家人さん曰く
何でも満州国を舞台にしたドラマを撮るために、撮影班が街の一部にそれらしいセットを組み上げたそうです。ところがそれを片付けないまま撮影班が撤収してしまったために、満州国旗の描かれた、
「日滿親善」
「東亞共榮」
 といった看板や、「日滿親善」と大書され、日の丸と満州国旗が並んで飾られているアーチ型の門などがいまも残されたままになっているというのです。
 これはまた素敵に反動・反革命ではありませんか(笑)。
「片付けなかったのは、スタジオで映像をチェックして、問題があれば撮り直す必要があったから」
 とは撮影スタッフの弁。住民も嫌なら自分たちで取り壊せばいいのに。ひょっとして満州国を再興してほしいとか?
 この話を恩師に話したら「文革のときなら銃殺ですね」と大笑いしていました。何といっても恩師の地盤ですから。
不思議なのはこの元記事の見出しや記事に「天皇万歳」と書いてあるのに、写真にはその標語が無い。何だかユーモラスな写真で、朝日の社説より親近感が湧くのは、支那のメディアの方が朝日より共産党から距離を取っているからだろう。昭和天皇も大笑いしているかも知れない。

※NHKのネットに関する捏造番組の情報を多くの方からお寄せ頂きました。コメント欄にも多くの情報ありがとうございます。感謝しています。

※日刊スポーツWEBで、アジアカップのコラム連載が始まりました。
column-title_nishimura_on.gif

※ネット上で河野談話白紙撤回のオンライン署名が行われています。
kounodanwa234x60.gif




posted by Kohyu Nishimura at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
「日満親善」の看板が掲げられた写真、何かほのぼのとしていますね。中国、特に旧満州の人は、日本が協力して統治した時代を懐かしく思っている人が多いのではないでしょうか。それは、ともかく、朝日新聞は、早くつぶれて、ほしいと思います。ミケ
Posted by 屋根の上のミケ at 2007年07月10日 07:56
朝日新聞の社員の日本人は、日本国籍を放棄して、尊敬する中国や北朝鮮の国籍を取得。そして、本国に帰ることをお勧めします。
Posted by mai at 2007年07月10日 08:41
この社説子は金日成主体思想や毛沢東思想をガリ勉したのでしょうねwww
で、日本が憎くて憎くて仕方がない(^_^メ)(^_^メ)(^_^メ)

こういった輩を一日も早く日本列島には住めなくなる世の中に
したいですな。こんな犯罪思想の持ち主を何時までも
野放しにはさせません!
Posted by abusan at 2007年07月10日 08:58
盧溝橋事件と南京事件といえば、昨年の8月にNHKが「日中戦争 〜なぜ戦争は拡大したのか〜」(http://www.nhk.or.jp/special/onair/070209.html)という特別番組を放送しています。

南京事件の場面は相当歪曲・偏向した内容になっていましたけど…。
Posted by たか at 2007年07月10日 14:46
この社説は後世に新聞社の意見として残っていくわけですよね。そういう自覚があれば、まとまなジャ−ナリストだったら恥ずかしくてとても書けない文章でしょう。(ジャ−ナリスト宣言などといってましたので、それまではジャ−ナリストではなかったらしいですが。)
 ヤケクソなのか大真面目なのかわかませんが、「そのとおり!」って日教組がまた社会科の授業に洗脳資料としてきっと利用すると思うと頭がいたくなってきます。 
Posted by sho at 2007年07月10日 19:20
この社説を読んで、「ああ、もうこの基地外新聞につける薬はないな・・・」と心底思いました。ところでこの新聞、夕刊一面にも「素粒子」とかいうフザケたコーナーがありますよね。今日(7/17)の夕刊にも、『長崎→東京→新潟と飛んだ首相の評判はいかに。飛んで勝った横綱は小手先相撲と不評ですがね。』などと、今回の地震で急遽選挙活動を中断し、被災地へ向かった安倍首相を腐すコメントを書いて悦に入ってました。この記事は単に安倍首相のみならず、被災者の方々をもバカにしてると思うんですけど・・・どうも朝日の基地外記者は、その辺にまったく気付いてないようですね。 
Posted by 消えた七瀬ルリ子 at 2007年07月17日 19:55
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。