SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2008年02月09日

報道ステーションの、浮かれた生活の売国奴たち。



久々のエントリーなので敢えてコメントを避けようと思ったのですが、ご挨拶代わりに一言。
この放送はいったい何をやっていたのか、この連中は何をしたかったのか、読者の方からのコメントをお待ちしています。
忙しくて時間が取れずエントリーを更新できなかったことをお詫びします。ラジオの更新も来週から再開します。

中国禁止表紙(RGB).jpg私が編集して昨年発売された「中国禁止」が、毒餃子テロが発覚してからアッという間に書店やネットで売り切れました。受け手の方々も現金なものです(笑)。出版社からの情報によれば、現在大増刷中とのことで、来週には全国の店頭やアマゾンなどでも購入が可能です。
事件が起きてから、テレビ、ラジオからも問い合わせが殺到しました。私は支那の食品の専門家でも何でもありませんが、日頃、軽んじていた問題に大慌てだったのでしょうか? 誠意を持ってご連絡頂いた文化放送だけに電話で出演しました。

「中国禁止」の巻頭の言葉をここで読めるようにしました。クリックすれば拡大するので、是非、ご一読ください。
中国禁止/はじめに.jpg


おまけに、これは産経が報じた共同電です。
日本に国内世論制御を要求 中国高官、ギョーザ報道に懸念
2008.2.8 18:31
このニュースのトピックス:中国製ギョーザ中毒問題
 中国国家品質監督検査検疫総局の王大寧・輸出入食品安全局長が6日、ギョーザ中毒事件で訪中した日本政府調査チームに対し、日本の報道が過熱しているとの懸念を表明した上で「中国の対日貿易だけでなく、日本の対中貿易にも悪影響が及ぶかもしれない」と話していたことが分かった。複数の日中関係筋が8日、明らかにした。
 発言について日本政府筋は「世論対策で有効な手段を打たなければ、日本の対中輸出製品を対象に何らかの報復的措置を取るとけん制した内容と受け止められる」と指摘した。
 関係筋によると、王局長は「日本メディアが大きく報道している」と述べた上で、事件の原因が中国にあるとの憶測が先行していることに懸念を示した。局長はさらに「政府が日本メディアに客観報道を促すよう希望する」と語ったという。
 また別の関係筋によると、中国外務省、商務省などの担当者らも8日までに、日本側関係者に国内世論のコントロールを要求。新華社電(電子版)も7日、同検疫総局の魏伝忠副総局長の発言を引用し「(日本政府が)国内メディアを導くよう期待している」と伝えた。(共同)/blockquote>


posted by Kohyu Nishimura at 04:11 | Comment(8) | TrackBack(8)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
ワルたちが中国側は非常な痛手ですねと、犯罪の事実の追及、犯罪の立証よりも情状酌量が大事だと加藤工作員と密談するのがそのままニュース報道として成立する事が不快です。
 
中国側の不当な世論沈静化要求にしても中国側が正確な情報、せめて犯罪としての捜査意思表明するだけで犯罪か工場内の恒常的管理の杜撰さか見当がつくだけで報道の絶対量は低下します。
Posted by tatu99 at 2008年02月09日 09:53
「チャイナフリー」
中国の横暴さに、腹が立つよりも怖さの方が際立つ
食品の検査にかかる費用よりも、罰金の方が安いからと検査を蔑ろにする企業
食の安全よりも、企業利益優先と言う安易さ
何を取っても、中国と関わり日本を餌に仕事をする人達は信じられません。
中国産の食品の割合は、まだ16%程度なのでnewsステーションの言う様な「切っても切れない関係」では無いし、そんな風に騙す人は嫌いなので、個人から「チャイナフリー」宣言をします。
公に騒げば報復処置とか、ヤクザな脅しは大嫌いです。
Posted by ひとひら at 2008年02月09日 11:20
もうこの件についてはいい加減にうんざりです
首相官邸に中国からの食料品輸入禁止の要求と今回の対応の悪さについてクレームつけておきました
私が送った一通のメールが何かを変えるわけでもないとは思いますが直接ものを言える時代ですのでコツコツ続けていこうかと思います
ちなみに意見は首相官邸ホームページから簡単に送れます
Posted by れびれび at 2008年02月09日 11:30
どうやら農民工の犯行ということで決着するような雲行きですね。事実だとすれば、中国には強い反日感情を持つ貧乏人が何億もいるわけですから、模倣犯などが続出する可能性があります。中国産を食べるということは、ロシアンルーレットをするようなもので、今日は無事でも明日の命の保証はない、という恐怖の生活を送ることを意味します。
フフン♪では禁輸は期待できませんから、自己防衛は「絶対に中国産を食べない」ことしかありません。そのためには、外食産業も含めた完全な産地表示義務化がぜひとも必要です。それさえもフフン♪では無理かもしれませんが、首相官邸、自民党などにせっせとメールを送りましょう。
Posted by oldman at 2008年02月09日 18:05
最初に言っておきますが、言いたいことが山ほどあって、話がとっちらかってます。
ご了承ください…。

支那を「巨大なブラックホール」と名付ける。
やはり幸祐さんはコピーライターをしておられただけあってネーミングセンス抜群ですね(笑)

それにしても、重症患者まで出ているにも係わらず、冷凍食品を始めとする支那から輸入する食品を輸入停止にしないのでしょうか?
日本国内で誰1人として被害者が出なかった狂牛病の時は、アメリカからの牛肉の輸入を停止したにも係わらずです。

因みにですが、ミートホープ事件の時に名前が挙がっていた生協と加ト吉の名が、今回の毒餃子事件でも挙がっているのが気になります。
(マスコミ不信日記:共同サイトでは読めない朝日・日経・読売「中国有毒食品」擁護記事 http://blog.livedoor.jp/saihan/archives/51241755.html
個人攻撃みたいになってしまいますが…、生協って消費者の味方の振りをして、「憲法9条を守ろう」というビラを撒いたり、支那産の食品を積極的に販売したりする等、結構反日的なことをやってるんですよね。
日本の政財界は支那と、切っても切れないほど密接な関係になってしまっているのでしょうね。
支那でバブルが崩壊した時のことを、日本企業は真剣に考えるべきだと思うのですが…。
日本はこのまま「巨大なブラックホール」支那に飲み込まれていく一方なのか…?

それに、報道ステーションを始めとする日本のマスゴミ連中は酷過ぎですね。
報ステで古舘が発した「中国側は痛手ですね」という中共政府を庇う言葉が、日本のマスゴミの現状を物語っています。
更には、「浮かれた生活をしている日本人が悪い」と言い放つ…。
「あんたらこそ浮かれた生活してんじゃないの?」と言いたくなります。
また、ブログ・マスコミ不信日記(http://blog.livedoor.jp/saihan/archives/51241755.html)に載っていた読売新聞(2007年12月25日付)の記事には、「違反率を見る限り、中国産だけをことさら目の敵にする理由はない。」(http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/20071225gr02.htm)なんて文章が出てくる。
ナベツネ親分が支那好きだからでしょうか。
その上、政治評論家だけでなく、エコノミストまでが、支那に大甘な評価を下す始末。(ミスター円と呼ばれる榊原英資氏等)
まともなことを伝えてくれるのは、チャンネル桜とか、青山繁晴さんくらいなんでしょうか…。
(ぼやきくっくり:ギョーザ中毒問題で捜査当局が注目する情報を青山がズバリ http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid437.html

>日本に国内世論制御を要求

これは内政干渉の域を超えて「言論統制」の域に達してますね。
本当にどうしようもない…。


最後にですが、こんなコピペを見つけました。↓

ニポンジン、なにされても怒らないアルネ♪

中国   「日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」
韓国   「独島を占拠しても怒らない」
ロシア  「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮  「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
米国   「よせ、それはもうおれがやってみた」
米露韓中北「一体どうすれば…(途方にくれる)」
中・韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、逆にビザ免除に動いてくれてるし‥」
北・露  「ふーむ…」
(ここでオーストラリアが登場)
豪州   「まいったまいった。捕鯨船ちょっと追い回したらジャップ大激怒」
米露韓中北「まじ?!その程度のことで?」
米国   「・・・あ、でも、牛肉に脊柱にいれたら、日本国民が激怒したな‥」
露韓中北 「それは、おまえ怒るよ」
中国   「野菜に毒(農薬?)盛ったら怒ったぞ?」
韓国   「生ゴミ餃子も怒った」
米国   「寄生虫の卵を食い物に入れて輸出しあってる奴はちょっと黙れ」
北朝鮮  「そういえば、万博が弁当持込不可にしたら、国民が激怒したと聞いたな‥首相まで出てくる騒ぎになったとか‥」
ロシア  「あいつら、食い物以外じゃ怒らねーんじゃねーの?」
米韓中北豪「あ!」
Posted by たか at 2008年02月09日 18:53
昨日、フグ丸ごと買って来て台所で素人調理してたうちの団塊馬鹿親の言い訳

市場で売ってたしみんな買ってたから大丈夫

肝傷つけなきゃ大丈夫

今まで大丈夫だったでしょ!(シネヨ・・団塊脳)
昔から皆(調理)やっとる

アンタは食べなきゃいい
お父さんとお母さんが食べるから!


団塊は馬鹿だと言うことは事実
Posted by テロ朝免許停止マダー at 2008年02月10日 01:11
>この放送はいったい何をやっていたのか、この連中は何をしたかったのか
一読者の声を聞きたい、との事なので、一言。

「中国側には痛手ですね」
(故意犯である事を)「あんまり考えたくない」
※今は故意犯である事がほぼ確定しましたね。

結論:日本人は浮かれた生活をしている。自給率が低い。全て日本人のせいアル。

私からの感想。いつものアサヒじゃん(笑

ちなみに私はアサヒ及び反日マスコミは潰れなくても結構だと思っています。
日本語を使って反日勢力側の思考・行動方針を教えてくれるのですから、「敵の思考を知る」のには調度良い。
こんな妄言を信じ込む「善良な」日本人は、少しづつですが減ってきているのでは無いでしょうか。
Posted by 誠犬 at 2008年02月10日 08:32
同じテレビ朝日でも、本日のテレビタックルとてもいい内容です。

タケシだからできるのでしょうか?

Posted by す at 2008年02月18日 21:32
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


日本人の心を読み誤った 「内通者」
Excerpt: 下記ニュースについて  北朝鮮側の要求に最大限配慮し、拉致問題の終息を図った田中均氏は、日本の外交官というより、基本的に、敵方と内通した存在だった。  帰国した拉致被害者 5 人を北に戻さなければ、「..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-02-09 15:41

原産地表示を強化せよ
Excerpt: 今回の毒ギョーザ事件により中国産食品への懸念がかってなく高まった。 中国産は買わない、食べないと言う人が多い。 しかし現在の制度では多くの加工食品や外食産業には原産地表示が義務づけられていない。これで..
Weblog: 独断偏見妄言録
Tracked: 2008-02-09 17:44

【転禍為福(「戦国策」燕策)】事件と事故の攪乱工作に惑わされるな。【毒入りギョーザ事件】
Excerpt: この機に乗じて、これまで軽くスルーされてきた、 中国産加工冷凍食品の残留農薬化学物質汚染問題 を矮小化してはならない。だれかが故意に意図してやらなきゃおきないような高濃度の農薬混入事件の大騒動によって..
Weblog: つれづれすくらっぷ
Tracked: 2008-02-09 23:13

ギョーザ報道
Excerpt: そして!! 【中国産・毒ギョーザ】 “日本政府は、国内の世論をコントロールする ...日本に国内世論制御を要求 中国高官、ギョーザ報道に懸念 中国国家品質監督検査検疫総局の王大寧・輸出入食品安全局長が..
Weblog: 悟空vsベジータ 映画  ドラゴンボール ニコニコ動画 YouTube 画像 無料画像 動画
Tracked: 2008-02-10 01:46

暫定税率廃止は亡国への一本道
Excerpt:  暫定税率維持派は、自民党・公明党・国民新党です。 暫定税率廃止派は、民主党・社民党・共産党です。 廃止派に売国政党がものの見事に揃い踏みしていますね。  ……という印象付けはとりあえず置いておいて、..
Weblog: 正義とは人の数だけ存在する相対的なものである@iza
Tracked: 2008-02-10 02:53

より良い教科書を採択するための「学習指導要領」の改訂を!
Excerpt: 新教育基本法に基づく「学習指導要領」の改訂を!  ――「愛国心」「公共の精神」「規範意識」等の指導重視へ ●新教育基本法の成立に伴...
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-02-10 07:44

人権擁護法案再提出は国家の危機?--古賀誠らが法務省官僚をどなりつける
Excerpt:  日本会議本部からの情報です。大田誠一調査会長や自民党本部に抗議・意見を送りましょう。  メールよりファックスを送ってください。 ...
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2008-02-10 18:51

中国製餃子事件を考える(其の二)−『民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる』
Excerpt: 民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる(2003/07)不明商品詳細を見る 中国製の餃子に健康を害するものが入っていた。この事件で誰もが思...
Weblog: 本からの贈り物
Tracked: 2008-02-10 21:42




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。