SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2008年02月26日

ニューヨークフィルの、恥ずべき2.26事件

080226NYP.jpgニューヨークフィルがついに平壌入りをする。米国のメディアでは批判的な論調が少ないが、恐らく世界的にもそうだろう。ロサンゼルスタイムズの2月24日のBarbara Demick記者の記事でも、ニューヨークフィル訪朝が北朝鮮との関係修復に一役買う外交使節団として捉えられている。
この記事にあるAPのテレビニュースでも、団員が冷戦時にモスクワに飛びチャイコフスキーコンクールで優勝したヴァン・クライバーンの例を挙げ、平和に貢献する演奏会になるとインタビューに答えている。

だが、本当にそうなのか? 昨年夏にニューヨークフィルに届いた北朝鮮からの招待状は、金正日独裁政権のプロパガンダに協力を要請する文書に過ぎないのではないか?
呆れたことに、このLAタイムズの記事で、ローリン・マゼールは「ガンタノモ捕虜収容所の虐待が伝えられる米国が、北朝鮮の20万人の強制収容所の人権問題を非難するべきではない」と言っている。
米国のリベラルにもこんなお花畑がいることに驚愕するが、マゼールはリベラルでなく日本の贋リベラルと同質である。ガンタナモ収容所と北朝鮮の強制収容所を比べること自体お門違いで、金正日の毒牙に掛かったとしか言えない恥ずべき発言だ。

ニューヨークフィルは第二次大戦後、フルトベングラーの常任指揮者者就任を拒否したことがある。トスカニーニの自らの後任にという推薦を、ナチスに協力したからからと言って拒否したのだ。この時点で大いなる勘違いをしたニューヨークフィルが、今度は60年後にまた大きな錯誤を犯したのだ。マゼールとNYフィルが平壌に飛び、しかも最初に北朝鮮国歌を演奏するということは、金正日独裁体制を支援することに他ならない。
フルトベングラーの指揮者就任を拒んだのなら、NYフィルは平壌入りを拒むべきだったのではないだろうか? しかも、フルベンを拒否する理由に正当性はないが、平壌で独裁政権のプロパガンダに加担することの方が遥かに悪質だ。
スポーツや音楽を、とにかく政治やプロパガンダの道具にしてはいけない。

HYOUGENSYA03.bmp※間もなく、遅れていた新しいラジオ番組の配信が始まります。ゲストはすぎやまこういちさんです。配信時に告知します。

※本日、発売の「WiLL」4月号に人権擁護法案反対の意見広告が掲載されています。なお、この広告は2月22日の産経新聞に掲載されましたが、今週発売の「週刊新潮」「週刊文春」にも掲載される予定です。

※2月16日に「表現者」3月号が発売になりました。連載中の「幻の黄金時代――オンリーイエスタディ'80」の他に、巻頭座談会「許されざる世界史からの逃走」(佐伯啓思、原洋之介、杉原志啓、東谷暁、西村幸祐、西部邁、富岡幸一郎)に参加しています。ぜひ、お読みになって下さい。

※「撃論ムック」で教育問題に関する読者投稿を募集しています。ぜひ、ご参加下さい。



posted by Kohyu Nishimura at 17:51 | Comment(3) | TrackBack(5)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
共産主義は思想ではなく、カルト。そう思えて仕方ないこの頃。ニューヨーカーのこのカルトの浸透は悲劇的とも言える。



Posted by す at 2008年02月26日 22:04
文中のロサンゼルスタイムスの記事はユーザ登録しないと読めないようですね。
ユーザ登録が不要なURLであれば、digg.comあたりに「ロリン・マゼールが独裁者のプロパガンダに荷担」みたいなタイトルで投稿できたと思います。
Posted by Inetgate at 2008年02月27日 23:15
 NYフィルの平壌公演は、ヒルやライス程度の下っ端だけの、発案だろうか。
 ブッシュやコキントウ・・・キッシンジャー等の意思は、動いてはいないのだろうか。
 日本政府は、此の動きの意味を、正確に掴んでいるのであろうか。心配だ。
Posted by 八目山人 at 2008年02月28日 00:45
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


外国人参政権の問題点とその解決策
Excerpt: 賛成論の根拠 1、外国人も、税金を納めているのだから 2、国際協調、国際友好のため 3、外国人参政権は、世界の趨勢 4、最高裁も認め...
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-02-27 08:09

Riceとライス(お米)†アメリカに翻弄される日本の姿
Excerpt: ・北朝鮮の劇的変化は期待せず NYフィル公演でライス米長官 ...
Weblog: もののふのこころ
Tracked: 2008-02-27 23:16

圧制者を慰安する指揮者ロリン・マゼール:平壌でニューヨーク・フィルが演奏会
Excerpt:  平壌でニューヨーク・フィルハーモニック(NYP)の演奏会が2月26日に行われた。会場には、金正日総書記は姿を見せず、これを画策したヒル国務次官補、それにマスコミ連中をがっかりさせた。昨年秋ごろ、NY..
Weblog: 陸奥月旦抄
Tracked: 2008-02-28 07:08

幸運だったニューヨーク・フィル
Excerpt:   2 月 26 日、ピョンヤンの演奏会場に金正日が姿を見せなかったのは、ニューヨーク・フィルにとって幸運だった。  もし、米国国歌演奏の後にでも、金正日が入場してドッカと腰を下ろし、適当に楽しんだと..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-02-28 11:11

ライス 「単独インタビュー」 の力不足
Excerpt:  来日中のライス米国務長官に対するNHK(年輩の解説委員)とフジテレビ(安藤優子氏)の「単独インタビュー」を見たが、どちらも、アメリカで言うところの「ソフトボール」 (やさしい球) 質問に終始し、沖縄..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-02-28 11:11




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。