SINA free.gif
FTBbanner.jpg

2008年04月29日

「チベット大虐殺の真実」発売!

好天に恵まれた昭和の日、いい祭日をお過ごしでしょうか? 約1カ月ぶりのエントリーとなります。忙しくて時間が取れなかったのですが、この間、多くの方からのコメント、トラックバック、メールでの情報提供を感謝しています。

tibet表紙.jpg明日、4月30日に撃論ムック「チベット大虐殺の真実」が発売されるので簡単なご紹介を。この企画、急遽、出版を決め短時間で発行できたのは、多くの方のご協力があったからです。ご協力いただいたダライ・ラマ法王日本代表事務所やチベット支援団体の関係者、執筆者の方に心から感謝します。何を差し置いても協力するという姿勢で全員の方に臨んで頂けたのは、それだけチベットの事態が深刻に受け止められているからです。
また、それがチベット関係者や、仏教者、ジャーナリストなど知識人の方だけでなく、広く多くの国民に共有されたからこそ、4月26日の <4.26長野事変> があったのだと思います。その辺は、昨日深夜から連載が始まった日刊スポーツのコラム「北京五輪の透視図」をご覧になって下さい。
実は、聖火リレーの混乱について一番理解していない(?)と思われた長野市民が、一番ことの本質を実感できたのが4.26の成果かもしれません。

アルゼンチンの聖火リレーから露骨に表面に出てきた在外国支那人留学生は、すでにロンドンでも姿を現していました。長野で、そしてソウルで、その傍若無人さを世界に曝している留学生たちの姿こそ、今回のチベット問題、北京五輪問題の本質を現しています。
「東アジア黙示録」でも触れていますが(さすがにここは情報に目ざとく、私もオーストラリアメディアの報道を知っていましたが)、オーストラリアメディアは欧米メディアが多用する「China pro supporter」という言葉以外に、「Pro-China gang 'assaulted relay spectators'」というヘッドラインを掲げて報じました。このリンクではすでに記事本文前のリードになっていますが、最初は「親支那派のごろつき(Pro-China gang )」という言葉が見出しになっていました。

支那の工作員が3000人いるとオーストラリアに亡命した支那領事館職員が述べていましたが、日本がそれ以上の状況になっているのは、4.26の長野の真実が一切報道されていないことから明らかなのです。媚支那派首相が誕生したオーストラリアでさえ、メディアは日本メディアより客観的に聖火リレーを報じていました。つまり、それほど日本のメディア状況は深刻なのです。
これは、今まで何度も私がメディアで書いたり、言ったりしてきたことですが、「そんなまさか!西村は誇大妄想狂か!」と思っていた人も、やっと現実を目の当たりにしたことと思います。
「チベット大虐殺の真実」目次

◎巻頭カラー特集 PICTORIAL チベット蜂起、60日を追う

◎はじめに「世界を巡った、恥辱のリレー」 西村幸祐

◎総特集1 今、チベットで何が起きているか?
緊急座談会 チベット蜂起と日本の未来
ペマ・ギャルポ×青山繁晴×大高未貴×大樹玄承×西村幸祐
緊急記者会見全文掲載 ダライラマ法皇、語る。
チベットを通じて見えてきた 白日の下に晒された中華帝国主義の野望 石平
公然と進む共産党のダライ・ラマ直接支配・・・・・・・・・・・宮崎正弘
大国の狭間で翻弄されたチベットの抵抗運動・・・・・・・・・三浦小太郎
ペマ・ギャルポ氏講演録・チベットは決して屈しない・・・ペマ・ギャルポ
チベット問題で恥を晒した福田政権・・・・・・・・・・・・・・青木直人
想いよ届け、チベットへ TSNJ代表 久保隆氏インタビュー・・・・・
〈チベット探訪記〉私が見た真実のチベットの姿・・・・・・・・大高未貴
ブログで繋ぐフリーチベット フリーチベットブロガーズ管理人・容子マグレガー
国境なき記者団の真実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三浦小太郎
北京五輪のNOを突きつける民主化グループの声・・・・・・・・・張本真
〈緊急討論会〉チベット問題と北京オリンピック・・・・・取材 若杉大
ドキュメント「中国」の実態を告発する国民集会・・・・・・・取材 江藤剛
チベット侵略を擁護する反日マスコミ「悪の枢軸」・・・・・・・・中宮祟

◎漫画 目覚めよ日本!我々こそが救うのだ!瀕死のチベットを 畠奈津子

◎総特集2 チベットが、日本の未来を透視する
チベットの悲劇と日本人・・・・・・・・・・・・・・・西村幸祐
チベット問題FAQ・・・・・・・・・・・・・・・・・
チベット人権弾圧クロニクル・・・・・・・・・・・・・岩田温
日本=チベット化の跫音が聞こえる・・・・・・・・・・水間政憲
チベット侵略に加担する日本のODA・・・・・・・・・青木直人
チベットの戦いは共産主義に対する戦いだ・・・・・・・安東幹
シナチズムという民族浄化・・・・・・・・・・・・・・若杉大
日本の人権団体は黙ったままか・・・・・・・・・・・・野村旗守

◎column
テレ朝の法王記者会見報道からマスコミの病理が見えてきた・・・・中宮祟
「どうにも邪魔な生き仏」朝日歌壇のトンデモ川柳・・・・・・・・江藤剛
世界を駆けめぐる人権聖火・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安東幹
慧海の見た在りし日のチベット・・・・・・・・・・・・・・・但馬オサム
チベット問題参考ブログ&書籍


最初のカラーページです。
tibet口絵1.jpg

はじめに「世界を巡った、恥辱のリレー」西村幸祐
tibetはじめに.jpg





posted by Kohyu Nishimura at 17:42 | Comment(13) | TrackBack(35)
お読みになった方は各バナーをクリックして下さい。|blogranking.gif |にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ |








この記事へのコメント
西村先生!久しぶりの更新お疲れ様です。
楽しみな本をお作りになりましたね。本当は西村先生には編集の仕事などやめてもらって、もっともっと西村先生の文章を読みたいのですが、こういうものを編集できるのは、西村先生しかいないのではと思いつつ、身勝手な願望を抑えることにします。
早く読みたいので、アマゾンで予約注文しようとしたら品切れになっていました。発売前に品切れになるなんてことがあるのでしょうか?

日刊スポーツのコラムも読みました。感動しました。これからのご健筆を祈っています。
Posted by hide at 2008年04月30日 01:13
西村様 
鋭い視点での考察いつも感心し楽しみにしています。

私、今回の聖火リレーのゴール地点になった若里公園のすぐ近くに住んでいる者です。

西村様の仰る通り今回の聖火リレー騒動を目の当たりにした長野市民はこの騒動の何が問題なのか気づいたと思います。当日ゴールとなった公園では朝早くから中国人留学生がセレモニーステージ前を占拠し、ステージを背にして腕を組み、人の盾を作り、大声を張り上げ、五星紅旗を振っておりました。ステージに中国人留学生以外の人間が近づけないようにするためです。彼等の大きな旗や絶叫は日本人を威嚇し近づけなくするための道具であったと思います。

ステージでは聖火到着前に歓迎の式典が行われました。地元の小学生のマーチングバンドの演奏も行われました。孫や子供の晴れ舞台を見に来た小学生の家族は中国人留学生の「人の盾」の前に行けず、大きな旗で見えず、大声で聞こえずという状態でした。小学生たちは背を向けて、赤い旗を振り、絶叫している中国留学生の背中に向かって歓迎の演奏をしていました。マスコミはその前の広いスペースで余裕で仕事をしていました。「背を向けて赤い旗を振っている中国人に向かって歓迎の演奏をする小学生」なんて新聞のトップ記事になる写真だと思うのですが。そんな写真一枚も見てません。また、胸に020(福原愛選手の次?)と番号の入ったシャツを着た聖火ランナーであったと思われる男がステージに来ると留学生が大騒ぎになり中国のマスコミと思われる人の取材を受けていたのが印象的でした。

私の目の前にいた留学生の揃いのTシャツの胸には「大阪大学」と印刷されていました。日本の国立大学の中国人留学生が中国政府の指令で旗を振り、腕を組み、日本人にステージも見せないというのは一体どういうことなのでしょう。彼等一体日本に何しに来ているのでしょう。

29日の地元紙「信濃毎日新聞」には聖火リレー見物者の北京オリンピック成功を願う投書が掲載されていましたが、到底26日を経験した人間の投書とは思えませんでした。マスコミに明らかに圧力をかけている勢力がいることは間違いないでしょう。

はじめてこういうところに投稿しました。長野で起こったことを少しでも知ってもらいたいと思ったからです。聖火到着予定時間が近づいてからはステージのある区域への入場はできなくなったのでステージ前の状況を知っている日本人はマスコミと警備の人を除けばかなり少数だと思います。私が言わなければ誰も知らずに終わってしまいます。26日聖火リレーの式典ステージ前で起きていたことが少しでも伝わればと思い発信します。
Posted by 石堂丸 at 2008年04月30日 13:13
西村さま、労作お疲れさまでした。

エントリーの更新がないのは、きっと編集の方に邁進してらっしゃるから、と期待しておりました。いよいよ読める……と楽しみです。見開きの写真も素晴らしいですね。

ところで、やはりネット妨害のためと思われるのですが、私の方からも2度メールを出しましたが、西村さまのコメントを読むと多分届いていないのでは、と思われます。こちらの地元からの英文メールは支障ないのですが、日本からのメールをハックされたようです。

先の日曜に、もう一度メールソフトを入れ替えして、セキュアリティを最大級にしましたので(アドレスブック登録者のみ受領)今度は大丈夫かと思います。誠にお手数ですが、再送いただければ助かります。

『米流時評』の方でも、明日の記事でぜひ紹介したいと思います。次号の焦点は「胡錦濤来日」ですか?

長野の参戦ルポを読むと、日本はすでに属国に成り果てたのか?と暗澹としますが、若い方々がその後の集会にも参集し、先月の六本木デモを大巾に上回る盛り上がりだったようです。
西村さま以下、撃論ムックの編集諸氏には、日本のジャーナリズムのフロントラインとして、これからもますます頑張っていただきたく、さらなるご健闘を祈ります。
 F R E E T I B E T !
Posted by 米流時評 ysbee at 2008年04月30日 19:40
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

・・・って感じですね。待ちきれないですよ。
北海道は三日遅れて発売になるのが本当にじれったいです。
んで一冊ようやく上げた後なのに、西村先生にお願いがあるのです。
次の激論ムックですが「4.26」をテーマにしてほしいんですよ。
とにかくキレました。マヂでキレました。
日本マヂでヤバいです。あの日、長野で何が起こったのか
まったく報道されていない!信じられない!
支那人どもがどれほど無茶苦茶やったか、どんどん
ネットに上げられてますが、見てください。
Youtube、ニコ動に動画、ブログに書き込まれてます。
勝谷誠彦氏の「コラムの花道」も聴いてください。
これだけで一冊本ができると思います。
何を今更と笑われるかもしれないけど、政府・警察・
マスゴミ、すべてが腐りきってます。
これに風穴を開けられるのは西村先生と勝谷氏くらい
しかもう期待できない。
とにかく真実を伝えてほしい。
支那人に蹴られた痛みより、わが国の現状の方が
はるかに辛いっす。
Posted by 石村 at 2008年04月30日 20:36
youtubeにアップされた画像を、雑誌の付録としてつけることを考えるべきです。youtubeのurlを記すだけではおそらくだめです。情報弱者は、自分で調べることをしないからです。そして、映像は百の議論をも凌駕します。本当はマスコミの報道も一緒に紹介すれば一目瞭然なんですが、マスコミは著作権の問題で難癖をつけてくるでしょう。しかし、当日の画像の保持者からは、簡単に許可を得られるでしょう。マスコミの報道は、雑誌で伝えればいいです。まあ、今回の本には間に合わないでしょうが。
Posted by 名無し at 2008年05月01日 11:06
長野松明リレー報道で偏向報道がいわれてます。メディアの偏向報道を監視する会の活動はどうのような状況でしょうか?はなばなしく会が立ち上げられて具体的な活動がその後なされているのか不明です。お知らせください。

日本が普通の国になるには、マスコミ改革が不可欠です。チベット問題をもっとマスコミは取り上げるべきです。
Posted by 日本人 at 2008年05月01日 15:30
西村さんお疲れ様です
拾い情報の転載です




中国人留学生に対して、指令が出たぞ。
みんな、中国人が、長野業火リレーに関して
アップしている動画を速やかに、保存しておこう。
やつら、今後の日本での工作活動のために、顔を割られるのを恐れて、You tubu
の動画の削除に入ったぞ。

早急に中国側の長野・動画を今後の工作員割り出しのために、
各自保存しておこう。
以下、中国側の指令内容・・・・・・・

981 名前:エージェント・774[sage] 投稿日:2008/04/30(水) 22:46:13 ID:swOqEsLW
>>975  意訳した。こいつら、マジで最低だわ。

http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/e/8d81c9a7cf0ded06af819a902f242b48
http://www.xiaochuncnjp.com/bbs/viewthread.php?tid=504364&extra=page%3D1
――――――――――――――――――――――――――
緊急提起……26日の聖火リレーの現場写真をネットに上げるな!

多くの人が先日の韓国の事件について知っていると思う。
現在、韓国警察がリレー現場の写真やビデオを収集して、
中国人留学生の責任追及を進めている。

日本の当局はいまのところ類似の行動に出ていない。
しかし、当日の精細な写真などをネット上にアップするのはやめろ。
特に、日本側と対峙している写真をアップすることは、
同志たちを危険にさらすことにつながる。

多くの同志たちは、語学学校や大学・大学院に通っていたり、
就職活動や永住権取得の準備をしたりしていることだろう。
いずれにせよ、同志たちは長期間日本に滞在しているはずだ。

君たちの周囲には非常に多くの日本人がいる。
そして、
日本人が腹の底で中国に対して何を考えているかはわかったものではない。

彼らは当面のところ、諸君をだまして褒めたりおべんちゃらを言ったりするかもしれない。
だが、その背後で諸君をどう思っているのかは、誰がわかろうか?


ゆえに、強く提起する。
すぐに、顔がはっきりと写っている現場写真を削除せよ!
すでにアップしたものは、各自保存してから消せ!
ここは中国ではないことをよく意識せよ!

同志たちが今後、日本において順調に各自の活動を行うために。

謝謝。

(拡散希望)
Posted by hiro at 2008年05月02日 00:07
誰も言わないので。
pro-Chinaは「親中」ですよ。反対はanti-China。
Posted by みなみ at 2008年05月02日 09:37
博士の独り言

休止挨拶
「みなさまには、日々新たなご訪問をいただき、また絶大なる応援をいただき感謝します。

 なお、この度は、やむなき事情が重なり、無念ではありますが、ここで、一旦、活動をしばし休止させていただくことにしました。

 微力で且つ未熟ながらも、在るすべてを尽くし、懸命に活動を進めてまいりました。しかし、みなさま、有志から多大なご協力を得ながらも、個人の限界を超え、ここで兵糧が尽き、奮迅尽きた感がいたします。ここで力を十分に蓄え、また、PC等の十分な態勢と装備を整え、国思う活動を再開できればと思います。

 本編ブログにつきましては、手を尽くして存続を図りたく思います。ご訪問いただければ幸いです。以上、活動休止の報告を申し上げます。

 付記、5月25日の勉強会、および7月の対馬取材は敢行します。

平成20年5月2日

博士の独り言」
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1575.html
Posted by ナナシ at 2008年05月03日 01:44
皆様!
コメントやトラックバックの情報提供、ありがとうございます。
次のエントリーがアップロードされるまで、暫しお待ち下さい。

みなみ様
ご指摘の通りで、分かりにくい誤った翻訳で失礼しました。早速、訂正します。 

ナナシ様
「博士の独り言」の休止は本当に残念です。実は、しばらく休止せざるを得ない、という連絡をいただいていました。残念なことですが、博士なら、必ず近い将来体勢を整えてブログジャーナリズムの世界に復帰してくれると信じています。
「博士の独り言」がこの2年間築いてきた真っ向勝負の、生真面目な、正統的な言論活動は、多くのブロガーに影響を与えたと思います。博士が復活する日まで、多くのブロガーはそれぞれのスタンスでより活発な情報発信を継続するはずです。
Posted by 西村幸祐 at 2008年05月03日 02:24
「もう警察は信用できない!これからは入管の時代だ!
〜中国人テロリストを国に帰してあげよう。みんなにもできる通報マニュアル〜

1.初級編
基本的に留学生用のビザでの就労は認められないため資格外許可を取らないといけません。
結構手続が面倒くさいので許可を取ってない留学生が沢山います。
アルバイトをしている中国人を見かけたら通報しましょう。

2.中級編
なぜか中国人は中国人がいるところでしか食事をしません。よって中国人のたまり場は不法入国者だらけです。
中国人を見かけたら店名を示して通報しましょう。最近では牛丼屋さえも中国人に占拠されているようです。
中国人経営の中華料理店などに多いので、ついでに保健所にも通報すると幸せになれます。

3.上級編
駅では工場などが中国人労働者を送迎をしています。そこでは大量の不法入国者が群れを作っています。
中国人を送り迎えしているバスを見かけたら、企業名をメモに控えて通報しましょう。」
Posted by 名無し at 2008年05月03日 03:10

ほんと 中国はどうしようもない国ですね


中国の実態っ!!!

http://zoome.jp/799998/diary/28/
(((( ;゜Д゜)))(((( ;゜Д゜)))(((( ;゜Д゜)))うわああああ
ガクガクブルブル がくがくぶるぶる

これ見て寝れなくなったよ
Posted by @@@ at 2008年05月09日 03:54
@@@さん、

わあああああ!!!
変なのを見せないで下さい。URLが怪しそうですが、踏んでしまって大丈夫でしょうか?
ネットに詳しい方、教えて下さい。
Posted by hide at 2008年05月10日 02:03
コメントを書く。悪質な妨害を避けるためコメント欄は承認後、掲示いたします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL(複数のTBは削除する場合があります)


休みたいなら辞めれば良い!!
Excerpt: 近くのガソリンスタンドで行列が出来ていました。再議決によるガソリンの値上げも混乱は無いと仰った官房長官は自分でガソリン入れないから...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-04-29 19:34

『ダライ・ラマ平和を語る』 ルイーゼ・リンザー
Excerpt: ダライ・ラマ平和を語る(2000/04)ルイーゼ リンザー商品詳細を見る 著者のルイーゼ・リンザーは、ナチスに抵抗して死刑判決を受けたことのある...
Weblog: 本からの贈り物
Tracked: 2008-04-29 22:53

『思いやり』 ダライラマ14世テンジンギャツォ
Excerpt: 思いやり(2006/09)ダライラマ14世テンジンギャツォ商品詳細を見る  愛は、私たちがお母さんのおなかのなかにいたときから、私たちにとってと...
Weblog: 本からの贈り物
Tracked: 2008-04-29 22:53

国民本位の政治を!!!
Excerpt: 誰のための政治なのだろうか?自民党は、補選に大敗したと言うのに全く反省する気もないようである。 このまま、暫定税率が再可決されればガソリン代はリッター辺り160円台にも...
Weblog: がんばれ城内実(きうちみのる)
Tracked: 2008-04-29 23:31

中国人留学生はオウム真理教信者
Excerpt: 宮崎正弘さんは「中国瓦解」(阪急コミュニケーションズ)で、 「都合の悪いことは報道しないという手段も情報戦争の奥義のひとつだ。」 と書いておられますが、今起こっている中国のチベット虐殺に対して、抗..
Weblog: 真の自己を求めて
Tracked: 2008-04-29 23:41

「おかげ様で。」
Excerpt: 「おかげ様で。」とは、小林興起さんのブログ。 私(新三)が小林先生のブログに下記の通りコメントさせて頂いた。 後期高齢者医療制度も、小泉改革の時に決定されたものではないでし...
Weblog: がんばれ城内実(きうちみのる)
Tracked: 2008-04-30 00:51

「長野自治区」騒乱記−現地レポート?
Excerpt: 山本へるみ 港区議会議員 現地レポート? オリンピック聖火リレーが行われた26日、チベット弾圧抗議活動と現地治安状況視察のため、長野に...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-04-30 06:24

福田<珍班>首相よ、胡錦濤総書記の来日を即刻断れ
Excerpt:  <業火>リレーは、各国に多大の不幸を齎(もたら)しつつ、駆け巡り続ける。共産主義国ベトナムでさえも、一悶着あったようだ。そして、韓国では凄まじいシナ人留学生の暴虐振りが露呈し、駐韓シナ大使がしぶしぶ..
Weblog: 陸奥月旦抄
Tracked: 2008-04-30 07:29

長野決戦!欧米メディアの 4.26 Nagano 報道
Excerpt: ||| 日本はどこへ?五星紅旗に占領された長野 ||| すべての道は長野へ……走者、報道陣、中国人学生、チベット支援日本人…… 青服2名、機動隊3千名、上空に偵察ヘリの渦巻く長野の聖火リレー..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-04-30 19:47

ココは中国の信州省デスカ? 長野参戦レポート Vol.1
Excerpt:    ||| ココは中国の信州省デスカ? ||| 徹夜で長野へ、小雨の中をデモ、国境なき記者団メナール氏に遭遇 現地はスタート・ゴール地点とも「中可・排日」の異常な警備体制 昨日のエント..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-04-30 19:48

『長野に行ってきました』長野参戦!実感ルポ第2弾
Excerpt:    ||| 長野に行ってきました・ルポ前編 ||| umejumさんのブログ『一言いいたくなった時に』から抜粋転載 すごく面白かったです。『FTB フリーチベット・ブロガーズ』でも威勢の..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-04-30 19:49

『池田不作連れて中国へ帰れ!』長野参戦ルポ第2弾続編
Excerpt:    ||| 中国へ帰れ! 日本が穢れる ||| umejumさんのブログ『一言いいたくなった時に』から転載・続編 昨日から連載のumejumさんの長野参戦ルポ。いよいよ佳境に入ってきまし..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-04-30 19:50

「伝えてくれ、長野の真実」長野参戦ルポ第3弾
Excerpt:    ||| 伝えてくれ、4/26 長野の真実 ||| 4月26日長野。そこには言論の自由はなかった。中国人を除いて。 『アリ@freetibetさんの日記』4/26のエントリー「世界最低の国..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-04-30 19:52

福田総理会見
Excerpt: 福田総理の会見が終了した。参議院では採決が行われず、修正もないままみなし否決がと会見を行った。参議院で法案を修正してほしかったのだ...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-04-30 20:23

胡主席に直接、日本人の怒りをぶつけよう!
Excerpt: 胡中国国家主席が5月初旬に来日。ねらいは北京五輪開会式に皇太子殿下の招待を実現させたいとの思いであるとは、石 平氏(中国民主化運動の闘...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-01 06:39

5月3日は憲法記念日−国会は『憲法審査会』での改憲論議を急げ
Excerpt:  「アメリカがいま、北朝鮮の核問題や、共産中国の軍事的台頭に苦しまなければいけないのは、ルーズベルト民主党大統領がヤルタ協定によっ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-01 17:57

5月政局勃発か!?
Excerpt: 5月1日暫定税率が復活し、ガソリンスタンドが昨日の長蛇の列が嘘のように静まり返っている。暫定税率を復活させただけでは、当然不十分で...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-05-01 19:20

現代日本観察講  (4) ー 狼少年を報道出来ないメディア
Excerpt: 以下は、” 縄文塾通信  <5月ー1(307号)”、及び” いい本との出会い、そして人とのいい出逢い ”さんを経由して転載の情報です。 このような組織的な憲法違反、公務員職務規程(政治活動の禁止)逸脱..
Weblog: 何となくドライブ・バイ 覗き見
Tracked: 2008-05-02 02:20

北京五輪にNO!世界最大の抑圧・侵略・汚染国家「中国」の暴虐を許すな!
Excerpt: 「中国」の実態を告発する国民集会 4月10日(木)北京五輪にNO!世界最大の抑圧・侵略・汚染国家「中国」の暴虐を許すな! 豊島公会堂...
Weblog: 誠犬楼
Tracked: 2008-05-02 03:34

大原幽学に学ぶサブプライム問題の教訓
Excerpt:  世界経済は現在サブプライム問題で大いに揺らいでいる。その影響は日本にも及び、今後の日本経済に暗い影を投げかけている。そこでサブプ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-02 07:57

私のテレビ批評
Excerpt: [NHK]優れた点&nbsp; ネット上では良く反日のレッテルを貼られることもあるようだが全般的かつ公平に言って、公共放送機関としてそれなりの仕事をしていると思う。  特に国谷裕子さんの「クローズアッ..
Weblog: 無党派日本人の本音
Tracked: 2008-05-02 18:08

参院の存在意味をなくす衆院再議決
Excerpt:  一昨日、揮発油税の暫定税率復活のため、与党は衆院再議決に踏み切った。ここまで参議院で法案について決議することもなく、憲法上から「...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-02 20:20

消費税を10%に支持率は20%に!?
Excerpt: 福田内閣の支持率が、20%になった。これだけの悪政で未だに20%の支持があることが、日本国民は非常に暖かいと思うのは私だけだろうか。暖か...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-05-02 23:23

撃論ムック「チベット大虐殺の真実」緊急発売!
Excerpt:   ||| 撃論ムック「チベット大虐殺の真実」 ||| 緊急特集・保存版『撃論ムック/チベット大虐殺の真実』発売中! 必読!『FTB・フリーチベットブロガーズ』誕生の経緯も記事掲載 今日..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-05-02 23:52

胡錦濤訪日に抗議する!緊急国民大行進
Excerpt: 先日、長野の聖火リレーの視察に行ってまいりました。 沿道の赤旗に隠れて、いったい何があったのか、マスコミは報道をしていません。 バ...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-03 07:56

「トロイの赤い木馬」中国人留学生に封殺されるな!
Excerpt:    ||| 日本よ、中国に封殺されるな  ||| 中国チベット人狩り弾圧続く、他人事ではない中国人の日本列島浸潤 増殖する中国人留学生は、日本の主権を侵害するトロイの赤い木馬だ You..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-05-03 14:25

『WiLL (マンスリーウィル) 』 2008年 05月号
Excerpt: WiLL (マンスリーウィル) 2008年 05月号 [雑誌](2008/03/26)不明商品詳細を見る (最新号ではありません。) 長野の聖火リレーの様子をインターネッ...
Weblog: 本からの贈り物
Tracked: 2008-05-04 00:28

中国によるウイグル同化政策の実態−櫻井よしこ氏提言
Excerpt: 昨日の民間教育臨調主催の憲法公開フォーラムにおいて、櫻井よしこ氏より、中国のウイグル新疆自治区はチベットと同様に中国による中国同化...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-04 09:10

胡主席への抗議の怒りを
Excerpt: 胡中国国家主席が来日。わが国との問題はまったく解決する気持ちはなく、自らの問題を解決すべく来日。福田首相は胡主席の意向を唯々諾々と...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-05 12:05

中国との未来を考える!!
Excerpt: 今日は、こどもの日である。浜松ではこどもの日には子どものための凧揚げが行われるそうである。大空に舞い上がる凧のように伸び伸びと全て...
Weblog: 新三ログ
Tracked: 2008-05-05 12:07

中国武装警察のチベット人狩り、新たに僧侶数百名摘発
Excerpt:    ||| 中国武装警察のチベット人狩り  ||| 弾圧続くチベット:中共軍、包囲中の僧院から僧侶数百名を捕獲連行 聖火エベレスト登頂を前に、抗議運動逮捕者に無期懲役以下実刑判決 米国..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2008-05-05 17:25

パンダ外交と日本の終焉
Excerpt: パンダ外交と日本の終焉 日本会議神奈川 藤田 達男 ●パンダは現代の“金印”か 取材でマカオに滞在中、現地新聞『澳門日報』に「日再...
Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2008-05-05 23:09

ブラウンバック上院議員と「鉄条網五輪」パネル
Excerpt:   5 月 1 日午前 8 時半、サム・ブラウンバック上院議員の部屋を訪れた。議員は 8 時半ちょうど、片手にカバン、片手にコーヒー・カップというスタイルで出勤してきた。  その席で、「この後 11 ..
Weblog: 島田洋一 blog (Yoichi Shimada)
Tracked: 2008-05-06 00:43

「チベット大虐殺の真実」発売!
Excerpt: チベット大虐殺の真実 が発売されました! みんな買おう
Weblog: ステージ虱発
Tracked: 2008-11-06 17:40

フリーチベットを邪魔する阿呆は許さんよ
Excerpt: 308 :最低人類0号:2008/07/17(木) 19:05:08 ID:Q9LwS1Yj0 《チベットデモ事件の経緯》 ●抗議デモ 決行2〜3日前 ↓ チベット問題に関して、2ちゃんねるの突発of..
Weblog: ステージ虱発
Tracked: 2008-11-06 17:41




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。